齋藤内閣


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

{{日本の内閣記事|さいとう ないかく|30|齋藤實|Template:和暦?|5月26日|Template:和暦?|7月8日|挙国一致内閣|なし|なし|http://www.kantei.go.jp/jp/rekidai/kakuryo/30.html|前朝鮮総督枢密顧問官}}

概要

五・一五事件によって総裁の犬養毅が暗殺された立憲政友会は、後継総裁として1932年(昭和7年)5月17日に鈴木喜三郎を総裁に選出した。これは、元老西園寺公望がテロ後の首班を同じ政党の党首に推薦してきた慣例を考え、大命降下を待ったものであった。しかし、陸軍が政党内閣を拒否したため、調整の結果、西園寺は齋藤實を推薦することになった。

Template:和暦?9月、満州国の独立を承認し、日満議定書を締結する。Template:和暦?3月、国際連盟を脱退。

閣僚

  • 内閣総理大臣
齋藤實(1932年(昭和7年)5月26日 - 1934年(昭和9年)7月8日)
斎藤實(兼任)(1932年(昭和7年)5月26日 - 7月6日)
内田康哉(1932年(昭和7年)7月6日 - 1933年(昭和8年)9月14日)
廣田弘毅(昭和8年9月14日 - 1934年(昭和9年)7月8日)
山本達雄(1932年(昭和7年)5月26日 - 1934年(昭和9年)7月8日)
高橋是清(1932年(昭和7年)5月26日 - 1934年(昭和9年)7月8日)
荒木貞夫(1932年(昭和7年)5月26日 - 1934年(昭和9年)1月23日)
林銑十郎(1934年(昭和9年)1月23日 - 7月8日)
岡田啓介(1932年(昭和7年)5月26日 - 昭和8年1月9日)
大角岑生(昭和8年1月9日 - 1934年(昭和9年)7月8日)
小山松吉(1932年(昭和7年)5月26日 - 1934年(昭和9年)7月8日)
鳩山一郎(1932年(昭和7年)5月26日 - 1934年(昭和9年)3月3日)
斎藤實(兼任)(1934年(昭和9年)3月3日 - 7月8日)
後藤文夫(1932年(昭和7年)5月26日 - 1934年(昭和9年)7月8日)
中島久萬吉(1932年(昭和7年)5月26日 - 1934年(昭和9年)2月9日)
松本烝治(1934年(昭和9年)2月9日 - 7月8日)
南弘(1932年(昭和7年)5月26日 - 1934年(昭和9年)7月8日)
三土忠造(1932年(昭和7年)5月26日 - 1934年(昭和9年)7月8日)
永井柳太郎(1932年(昭和7年)5月26日 - 1934年(昭和9年)7月8日)
柴田善三郎(1932年(昭和7年)5月26日 - 1933年(昭和8年)3月13日)
堀切善次郎(昭和8年3月13日 - 1934年(昭和9年)7月8日)
堀切善次郎(1932年(昭和7年)5月26日 - 昭和8年3月13日)
黑崎定三(1933年(昭和8年)3月13日 - 1934年(昭和9年)7月8日)

政務次官

stub

外部リンク



出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2008年11月17日 (月) 14:43。












     
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。