第3次近衛内閣


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

{{日本の内閣記事|だい3じ このえ ないかく|39|近衛文麿|Template:和暦?|7月18日|同年|10月18日|大政翼賛会など。|なし|なし|http://www.kantei.go.jp/jp/rekidai/kakuryo/39.html|引き続き}}

概要

第3次近衛内閣は、前の第2次近衛内閣において外交策に強硬論を唱え、閣内から浮き上がっていた存在の松岡洋右外相更迭するために、一度内閣総辞職の形式を取って、あらためて大命降下を受け、組閣した内閣である(大日本帝国憲法のシステムでは、日本国憲法と異なり、容易に内閣改造を行えなかったため、このような方策を採ったとされる。)。なお、総辞職した後に引き続き内閣総理大臣に就く例は、第3次近衛内閣が初めて。

松岡の後任の外相には、第2次内閣で商工相を務めた豊田貞次郎があてられた。これは軍需品などの生産実態を把握しているため、アメリカとの開戦非戦を議論するにあたり開戦への抑止力となることを期待して決められた人事であった。しかし、豊田本人は外交畑出身ではないため、肝心の対米交渉がまったく進捗しなかった。政策決定機関として何らなすところなく、近衛本人の意気沮喪と東條英機の強硬論に押し流される形で、組閣から3ヶ月余の同年10月18日に内閣は瓦解した。

閣僚

公爵近衛文麿(貴族院所属:火曜会): 1941年(昭和16年)7月18日 - 同年10月18日
豊田貞次郎(予備役海軍大将[海兵33期]): 1941年(昭和16年)7月18日 - 同年10月18日
田辺治通(貴族院所属:無所属倶楽部): 1941年(昭和16年)7月18日 - 同年10月18日
小倉正恒(貴族院所属:昭和研究会): 1941年(昭和16年)7月18日 - 同年10月18日
東條英機(軍人:陸軍中将[陸士17期])(第2次近衛内閣から留任): 1941年(昭和16年)7月18日 - 同年10月18日
及川古志郎(軍人:海軍大将[海兵31期])(第2次近衛内閣から留任): 1941年(昭和16年)7月18日 - 同年10月18日
公爵近衛文麿(首相兼任・貴族院所属:火曜会): 1941年(昭和16年)7月18日 - 同年7月25日
岩村通世(司法官・元検事総長): 1941年(昭和16年)7月25日 - 同年10月18日
橋田邦彦東京帝大医学部教授)(第2次近衛内閣から留任): 1941年(昭和16年)7月18日 - 同年10月18日
井野碩哉(官僚:農林省)(第2次近衛内閣から留任): 1941年(昭和16年)7月18日 - 同年10月18日
左近司政三(予備役海軍中将[海兵28期]・貴族院所属:同和会): 1941年(昭和16年)7月18日 - 同年10月18日
村田省蔵(貴族院所属:同和会)(第2次近衛内閣から留任): 1941年(昭和16年)7月18日 - 同年10月18日
村田省蔵(逓信相兼任・貴族院所属:同和会): 1941年(昭和16年)7月18日 - 同年10月18日
豊田貞次郎(外相兼任・予備役海軍大将[海兵33期]): 1941年(昭和16年)7月18日 - 同年10月18日
小泉親彦(予備役陸軍軍医中将): 1941年(昭和16年)7月18日 - 同年10月18日
平沼騏一郎枢密院議長)(第2次近衛内閣から留任): 1941年(昭和16年)7月18日 - 同年10月18日
柳川平助(予備役陸軍中将[陸士12期]): 1941年(昭和16年)7月18日 - 同年10月18日
鈴木貞一(予備役陸軍中将[陸士22期])(第2次近衛内閣から留任): 1941年(昭和16年)7月18日 - 同年10月18日
鈴木貞一(予備役陸軍中将[陸士22期])(第2次近衛内閣から留任): 1941年(昭和16年)7月18日 - 同年10月18日
富田健治(第2次近衛内閣から留任): 1941年(昭和16年)7月18日 - 同年10月18日
村瀬直養(貴族院所属:昭和研究会): 1941年(昭和16年)7月18日 - 同年10月18日

外部リンク




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2008年11月18日 (火) 02:13。












     
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。