柳原愛子


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

柳原 愛子(やなぎはら なるこ、安政6年5月26日1859年6月26日) - Template:和暦?10月16日)は、明治天皇典侍大正天皇の母。

位階正二位をもって二位の局と称される。女房名梅ノ井早蕨内侍など。 幕末の議奏・権中納言正二位 柳原光愛の次女で、伯爵柳原前光の妹。「筑紫の女王」柳原白蓮は姪にあたる。

明治3年(1870年)、皇太后宮小上臈として出仕し、掌侍勾当内侍)を経てTemplate:和暦?典侍となった。 明治天皇の宮人となって、第二皇女・梅宮薫子内親王、第二皇子・建宮敬仁親王、第三皇子・明宮嘉仁親王を出産したが、のちに大正天皇となる嘉仁親王のみが成人できた。 Template:和暦?典侍に任官。

所生の皇子の即位後、Template:和暦?7月正三位皇后宮御用掛・御内儀監督となり、Template:和暦?12月1日、従二位に叙された。Template:和暦?5月10日、勲一等瑞宝章を授けられた。Template:和暦?12月25日、息子である大正天皇が崩御し、Template:和暦?11月には孫である昭和天皇が即位した。Template:和暦?2月11日、勲一等宝冠章を受章。Template:和暦?10月16日薨去。墓所は東京都目黒区中目黒五丁目の祐天寺にある。

和歌に優れ、宮中歌会始に3回撰歌したという。 明治天皇の没後は準皇族の扱いを受け、大正天皇臨終の際、貞明皇后の配慮によって枕辺で別れを告げたという逸話を残す。

大正天皇が暗愚であったという風説は大正時代からあり、そのためその遺伝的な根拠を柳原愛子に求め、非難する傾向があった。

略歴

外部リンク




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2008年11月17日 (月) 15:01。











    
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。