学校教練


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

学校教練(がっこうきょうれん)とは、第二次世界大戦以前の日本の学校における教練をいう。軍事教練ともいう。これによって配属された陸軍現役将校を一般に配属将校という。

学校教練を履修した者は陸軍では幹部候補生(学校教練制度設立当初は一年現役兵)を命ぜられる資格を得るなどの特典が設けられた。

目的

本制度設立の目的としては、主に次の点が考えられる。

配属を受けた学校

1925年(大正14年)4月11日に、「陸軍現役将校学校配属令」(大正14年4月11日勅令第135号)が公布された。同令によって、一定の官立又は公立の学校には、原則として義務的に陸軍現役将校が配属された。私立学校については任意的であった。なお、配属将校は教練に関しては学校長の指揮監督を受けた。

関連項目

外部リンク




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2009年1月30日 (金) 15:44。











    
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。