樺太


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

樺太(からふと)は、日本列島最北端、北海道の北に位置する樺太島Template:lang?サハリン庫頁島(クイェとう、ピン音Kùyè))を指す地域名称である。また、この名称は、日本領有下において南樺太及びその付属島嶼を指す行政区画名として使用された。現在はロシア連邦が自国領である北サハリンに加え、南部も実効支配しているが、ソ連はサンフランシスコ講和条約に調印しておらず、日本政府は国際法上、南樺太は所属未定地であるとしている。また、太平洋戦争において日本本土最後の地上戦が行われた。

この項目では、原則的には、日本が敗戦により行政権を失う前について記述する。それ以降についてはサハリン州の項目も参照されたい。

名称

「からふと」の名は、一説には、アイヌ語でこの島を「カムイ・カ・プ・ヤ・モシ kamuy kar put ya mosir」と呼んだ事に由来すると言う。これはアイヌ語で「神が河口に造った島」を意味し、黒竜江(アムール川)の河口から見てその先に位置することからこのように呼ばれたとされる。

江戸時代は北海道を指す「蝦夷地」に対して、「北蝦夷」と呼ばれていた。のちに明治政府が北海道開拓使を設置するにあたり、北蝦夷地を樺太と改称、日本語に樺太の地名が定着した。

「サハリン」または「サガレン」の名称は、皇帝が3人のイエズス会修道士に命じて清国版図測量中に黒竜江満州語名:サハレン・ウラー)河口対岸に島があると聞き、満州語で、サガレン・ウラ・アンガ・ハタ(黒竜江の対岸の島)という名で呼んだことに由来する。ただし、清は樺太の存在を認知したが、清国領とは見做さなかった。

なお、日本が南樺太を領有していた時代には、単に「樺太」と言えば南樺太を指したため、区別の必要から北樺太を薩哈嗹(サガレン)と呼ぶ場合も少なくなかった。

地理

樺太島は、面積76400km²で、北海道よりやや小さい島嶼である。

日本列島最北端に位置し、南の北海道とは宗谷海峡で、西のユーラシア大陸とは間宮海峡で隔てられており、東はオホーツク海に面している。なお、2万年ほど前には海水面が低下し、今日のユーラシア大陸・樺太・北海道は地続きだったと考えられている。 江戸時代までは、樺太・北海道千島列島の総称が蝦夷地であった。

樺太島は、ポーツマス条約による分割によって北緯50度線を境界として、北のソ連領と南の日本領に分断された。この記事では以下、北緯50度以北を北樺太(北サハリン)、以南を南樺太とする。

北樺太(北サハリン)

北樺太(北サハリン)は、樺太・千島交換条約以来のロシア領であり、ロシア帝国時代は沿海州、ソビエト時代は当初ハバロフスク地方、その後はサハリン州に属し、ロシア連邦となった現在も引き続きサハリン州に属している。代表都市はオハアレクサンドロフスク・サハリンスキーなどである。

南樺太

南樺太は、日本施政下においては樺太と呼ばれる行政区画であった。地方行政官庁として樺太庁が設置され、太平洋戦争中の1942年に、外地から内地へと編入された。人口は1945年当時、約40万人であった。当時の主要な産業は漁業農業林業製紙パルプなどの工業石炭石油の採掘業などであった。

南樺太では樺太庁の置かれた豊原市が中心都市。

歴史

氷河期には大陸と陸続きだった。日本(間宮林蔵など)やロシア(帝国)の到達以前は南部にアイヌ民族、中部にウィルタ民族(アイヌ民族はオロッコと呼んだ)、北部にニヴフ民族(ニヴヒとも)などの北方少数民族が先住していた。

先住民自治期

  • 640年、「流鬼」(樺太アイヌ)がに入貢。
  • 1368年、元が中国大陸の支配権を失い北走、満州方面を巡って新興のを交えての戦乱と混乱が続き、樺太への干渉は霧消する。
  • 1411年は、黒竜江(アムール川)下流域まで進出。衛(領事館)を樺太など3箇所に設置し、アイヌ民族と交易する。
  • 1485年、樺太アイヌの首長が武田信広(松前家の祖)に銅雀台を献ずる。
  • 1562年ベリユによって製作された世界地図の津軽地方からカムチャツカにかけての地域にBANDOY(安東国)と記される。
  • 1593年豊臣秀吉松前慶広蝦夷地全域の支配権を付与。
  • 1635年、松前藩の松前公広が村上掃部左衛門を樺太巡察に派遣し、ウッシャムに至る。
  • 1644年江戸幕府松前藩から提出の所領地図を基に作成した「正保御国絵図」に、樺太が北海道の北の大きな島として記載されている。
  • 1679年、松前藩の穴陣屋久春古丹大泊町楠渓)に設けられ、日本の開拓が始まる。
  • 1709年康熙帝が3人のイエズス会修道士に命じた清国版図測量中に、黒竜江河口対岸の庫頁島(樺太)を確認した。
  • 1742年頃、樺太アイヌが清商人を略奪し、清の役人が樺太アイヌを取り締まる。
  • 1790年、樺太南端の白主に松前藩が商場を設置、幕府は勤番所を置く。

日露の領土競合時代

  • 1799年、樺太南部など蝦夷地が幕府の直轄地となる。
  • 1806年、ロシア海軍士官らが久春古丹を焼き討ちにする。
  • 1807年、樺太南部が再び幕府の直轄地となる。ロシア海軍士官らが択捉島礼文島などとともに留多加を襲撃する。
  • 1808年、江戸幕府が、最上徳内松田伝十郎間宮林蔵を相次いで派遣。松田伝十郎は樺太最西端ラッカ岬(北緯52度)に「大日本国国境」の国境標を建てる。
  • 1809年間宮林蔵は樺太がであることを確認し、呼称を北蝦夷と正式に定める。松田伝十郎が樺太アイヌ住民の問題解決に貢献した。また、山丹貿易を幕府公認とした。
  • 1821年、樺太が松前藩領になる。
  • 1848年、ロシアの東シベリア総督ムラヴィヨフは海軍軍人ゲンナジー・ネヴェリスコイにアムール河口部およびサハリン沿岸の調査を依頼。タタール海峡を始めて船舶で通過した。
  • 1853年、ロシアが、北樺太北端クエグト岬に露国旗を掲げ、領有を宣言。同年秋、ネヴェリスコイ海軍大佐は、クシュンコタンにムラヴィヨフ哨所を築き、国旗を掲揚し樺太全島の領有を宣言。哨所を築いた場所に、日本人の倉庫があったので、この建物を買い取った。また、日本人がアイヌに暴虐な行為をしたとき、ニコライ・ブッセは日本人に対して罰金支払いを命じる裁定を下すニコライ・ブッセ「サハリン島占領日記1853-54 ロシア人の見た日本人とアイヌ」(平凡社東洋文庫 715)。
  • 1853年、ロシア使節プチャーチン来日。長崎に於いて樺太・千島の国境交渉と交易を求め、日本全権筒井肥前守川路聖謨と交渉したが、決裂した。
  • 1855年日魯和親条約により、日露国境を樺太島上で定めず是までの仕来りによることを決定した。
  • 1858年(安政5年)幕府は大野藩土井利忠に北蝦夷地警備と開拓を命じた。
  • 1859年、ムラヴィヨフは、自ら軍艦7隻を率いて品川に来航。樺太全土は露領と威嚇したが、幕府はこれを拒否する。
  • 1865年岡本監輔が、樺太最北端ガオト岬(北緯55度)に至り、「大日本領」と記した標柱を建てる。
  • 1867年樺太島仮規則調印。
  • 1869年ころ、北蝦夷地を樺太と改称
  • 1870年2月13日、樺太開拓使が開拓使から分離して、久春古丹に開設される。
  • 1871年8月7日、樺太開拓使を閉鎖し、開拓使に再度統合する。

全島のロシア領期

南部の日本領期

内地時代

戦後の樺太

  • 1945年9月17日、南サハリン・クリル列島住民管理局の設置により、樺太庁が事実上消滅する。
  • 1946年1月、GHQより日本政府に対しSCAPIN-677が通達され、日本の政治的もしくは行政的権限の行使の中止が指令される。
  • 1949年6月1日国家行政組織法が施行される。これをもって国内法的に樺太庁が消滅する。
旧ソ連・ロシア占領下については、南サハリン州及びサハリン州の項目を参照



帰属の歴史

幕末以来、日本とロシアの間で領有者がたびたび変遷した。

1855年、日露和親条約が締結され、樺太は「界を分たす 是まて仕来の通たるへし」と、日露混住の地と決められた日本政府外務省は日露和親条約では、樺太は日露混住の地と決められたと説明している(出典:外務省国内広報課発行『われらの北方領土2006年版』P6)。

1867年、日露間樺太島仮規則が締結され、「カラフト島は是迄の通り両国の所領」とされた『北方領土問題資料集』南方同胞援護会発行(昭和41年6月)P4。

1875年、樺太・千島交換条約により、樺太全島はロシアの領土となった。

1904年2月8日、日本は清国旅順港に展開中のロシア艦隊を奇襲攻撃、日露戦争が勃発した。1905年6月、米国大統領 セオドア・ルーズベルトの講和勧告を日露両国が受諾表明した後、日本は樺太作戦を決定し、7月7日、樺太に侵攻し樺太全島を占領した。9月5日ポーツマス条約が調印され、北緯50度以南の樺太が日本に割譲された。

1907年、日本は樺太に樺太庁を設置し、1942年にはいわゆる「内地行政」への編入を行った。

1945年8月9日、ソビエト連邦は宣戦を布告し南樺太に侵攻。9月2日、日本が正式にポツダム宣言を受諾し降伏すると、マッカーサーは一般命令第一号を発令し、樺太をソ連占領地とすることを命じた。これは1945年2月、米英首脳がソ連に対してナチス・ドイツ降伏3カ月後に対日参戦することを条件に、南樺太を返還し、千島列島を引き渡すという密約を与えたヤルタ協定に基づいて行われたものである。


1946年1月29日、GHQの指令SCAPIN-677が日本政府に通達され、日本の行政権が停止される。同年2月2日、ソ連は南樺太・千島列島を南サハリン州とし、これをロシア共和国ハバロフスク地方に編入した。

1952年カイロ宣言ポツダム宣言に基づき作成されたサンフランシスコ講和条約第二条に「南樺太と付属島嶼の放棄」と記載されている。これに基づき、日本は南樺太の領有を放棄したが、その後の南樺太の領土帰属に対して、日本とロシアの主張に差異がある。

日本政府は、サンフランシスコ講和条約にソ連は調印せず、その後も南樺太の領有に関する条約や協定等が締結されていないため、「国際法上南樺太の帰属は未確定である」との立場を取っている。一方ロシア側は、ソ連はサンフランシスコ講和条約に調印しなかったが日本は国際条約で領有権を放棄している、ロシアの南樺太領有は戦争の結果であり、また既にソ連国内法により編入されているとの立場を取っている。

一方、日本国には南樺太の領有権問題を主張する人も存在するが、上記の通り日本が領有権を放棄したことについては日本とロシアの主張に差異が存在しないため、一般的に議論の対象になることは少ない。

なお冷戦下の1952年3月20日にアメリカ合衆国上院は、南樺太及びこれに近接する島々、千島列島、色丹島、歯舞諸島及びその他の領土、権利、権益をソビエト連邦の利益のためにサンフランシスコ講和条約を曲解し、これらの権利、権原及び権益をソビエト連邦に引き渡すことをこの条約は含んでいない、とする決議を行った。


参考文献

  • 「悲しみの島サハリン—戦後責任の背景」(著者:角田房子)ISBN 4101308063(新潮社)
  • 「サハリンの歴史-サハリンとクリル諸島の先史から現代まで」(著者:ウィーゾコフ)ISBN 4938446596(北海道撮影社)

脚注

関連項目

Template:Commonscat? Template:wikisource?

地理

民族

その他


外部リンク




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2008年5月1日 (木) 10:27。










    
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。