内親王


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

内親王(ないしんのう、うちのみこ、ひめみこ)は親王宣下を受けた女子の皇族。またはその身位称号を指す。

概要

かつての律令制では、天皇皇女および姉妹内親王といった。現在の皇室典範では、天皇の嫡出の皇女および天皇の嫡男系の嫡出皇孫で女子であるもの(6条)、また、天皇の姉妹(7条)を内親王という。

平成20年(2008年)現在、皇太子徳仁親王の娘である敬宮愛子内親王と、秋篠宮文仁親王の娘である眞子内親王佳子内親王の合計3人がその地位にある。これら3内親王は直系尊属である今上天皇の孫娘にあたる。

内親王が臣下に嫁すことを降嫁という。また、古語では内親王を母として生まれること、または生まれた子を皇女腹(みこばら)といった。

関連項目

外部リンク

皇室典範




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2008年11月16日 (日) 10:49 。











    
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。