勅語


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

勅語(ちょくご)とは、原則として天皇が口頭により発する公務上の意思表示であり、詔勅の一種である。主に明治時代から日本国憲法施行される前に出され続けた。

勅語を書面に写したものを勅語書という。勅語書に天皇の親署国務大臣副署はない。ただし、教育勅語は例外であり、書面により発し、天皇の親署がある(国務大臣の副署はない)。 大日本帝国憲法下の勅語には、帝国議会の開院式に発せられるのをはじめ、「青少年学徒ニ賜リタル勅語」など様々なものがある。

関連項目




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2008年10月30日 (木) 21:46。











    
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。