国立銀行 (明治)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

国立銀行(こくりつぎんこう)は、1872年明治5年)の国立銀行条例に基づいて開設された金融機関のこと。

概要

時の大蔵少輔・伊藤博文のもとで制度が創られた。アメリカのnational bank(現在では国法銀行と訳すことが多い)の直訳で、国家が設立した銀行ではなく、渋沢栄一三井組などの民間資本が設立したものである。金貨との交換義務を持つ兌換紙幣の発行権を持ち、当初は第一から第五の4行(当時、第三は欠番)が設立された。

1876年、不換紙幣の発行も認められるようになると急増し、1879年までに153の国立銀行が開設された(これ以降は設立許可は認められなかった)。

銀行は設立順に番号を名乗っており、これを「ナンバー銀行」と呼ぶこともある。これらのナンバー銀行は現存する物もあるが、現在存在する八十二銀行だけは第十九銀行と六十三銀行が合併し、両者の数字の和を取って名付けられた銀行(82=19+63)。

1882年(明治15年)に日本銀行が開設されると、国立銀行は民営化し普通銀行になり、紙幣発行も日本銀行のみが行うようになった(旧国立銀行の紙幣は暫くの間は流通していた)。

主な国立銀行

国立銀行の多くは今日の銀行の起源になっている。以下に例示する。 (カッコ内は普通銀行転換後の行名)

脚注

関連項目




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2008年11月13日 (木) 15:59。












     
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。