辛亥革命


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

辛亥革命(しんがいかくめい)とは、1911年中国でおこった、朝を倒し中華民国を建国した革命

概要

清朝末期、外国の侵略を防げず国内政治は混乱をきわめた。1911年、窮乏する国家財政を立て直すため清政府は鉄道の国有化を行おうとしたが、外国資本に国益を売り飛ばす行為として四川省中国民間資本鉄道の国有化反対運動が起こり、それに乗る形で10月に孫文中国革命同盟会湖北省武昌で反乱を起こす(武昌起義)と、14の省が次々と清朝からの独立を宣言。各省代表が南京に集まり、1912年1月には、孫文を臨時大総統中華民国臨時政府を成立した。清朝は袁世凱に民国の討伐を命じたが、袁は民国側と交渉して、同年2月には宣統帝を退位させ、自分が孫文にとって代わり、いくつかの交換条件とともに大総統に就任した(この年を以って中華民国暦元年とする。なお、宣統帝は清室優待条件により退位後も紫禁城に居住し大清皇帝の尊号を用いた)。

中華民国は、アジア最初の共和国であり、同年3月には、基本法たるいわゆる臨時約法を公布している。

しかしその後、袁世凱は、孫文らとの約束を反故にし宋教仁暗殺、臨時約法廃止、一時は中華帝国皇帝になるなど反民主的・専制的な政治をしたため革命の理想はやぶれた。

革命側は、1913年の第二革命で抵抗したが破れ、1915年の第三革命では袁世凱の帝政打倒という結果に結びついたものの、1928年北伐完了までは、中国全土に軍閥が割拠する時代となった。

名前の由来は革命がおきた1911年の干支が辛亥だったためである。

関連項目




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2008年12月28日 (日) 16:45。











    
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。