絨毯爆撃


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

250px|爆撃を行う[[B-29 (東京大空襲)|right|thumb]]

絨毯爆撃(じゅうたんばくげき、Carpet bombing)とは、多数の無誘導爆弾を用いて地域一帯を爆撃することを指す。投下地域の人員・物的資源の完全破壊や心理的効果等を意図して行われる。絨毯爆撃という表現は、床に敷かれた絨毯のように、爆弾が一面を覆う印象から想起されたものである。戦略・戦術両方の目的で使用される。

第二次世界大戦期にアメリカ合衆国イギリスが大型爆撃機を用いたドイツ日本の都市に対する戦略爆撃の形容に用いられることが多い。ピカソの『ゲルニカ』は同名の都市への無差別絨毯爆撃に際し描かれたものとして著名である。

戦術目的の絨毯爆撃の例としては、1944年の北フランスで行われた連合軍のコブラ作戦支援の爆撃や、アメリカのアフガニスタン侵攻におけるB-52による地上軍支援などがある。

初期には複数の航空機を使用した反復爆撃によってその真価を発揮した。現在では、作戦地域が小さければB-52に代表される大型爆撃機単独でも同様な被害を与えうる。また、MLRS(多連装ロケットシステム)など一部の野戦火力も効果面で絨毯爆撃と似通う。

被害が無差別かつ広範にわたる絨毯爆撃には批判も多く、巡航ミサイル誘導爆弾の発達した今日では精密爆撃に取って代わられつつある。

関連項目




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』2008年4月12日 (土) 05:00。










    
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。