大日本史料


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

大日本史料(だいにほんしりょう)は、明治時代1901年)から現在まで、刊行が続けられている日本史の史料集である。

六国史日本書紀日本三代実録)以降、国史の編纂事業が行われていないため、その欠落部分を埋めるべく、年月日順に史料を掲載するもの。宇多天皇887年即位)から江戸時代までを対象とする。

概要

1895年(明治28年)に帝国大学文科大学に史料編纂掛(現・東京大学史料編纂所)が設けられて歴史書の編纂が始まった。当初は通史の記述を考えていたが、結局史料集を編纂することになった(明治政府の修史事業参照)。

江戸時代塙保己一が開設した和学講談所で編纂された「史料」を基礎とした。「史料」は宇多天皇から後一条天皇(1016-1036在位)までが対象である。

宇多天皇の仁和3年(887年)から慶応3年(1867年)を16編に分けて編纂が行われ、「史料稿本」(5600冊程の草稿)が作成された。

1901年(明治34年)に「大日本史料」の刊行が始まった。「史料稿本」をもとに校訂作業が行われ、各編ごとに順次刊行を行っている。ただし、実際に刊行されているのは第12編(1603年以降の江戸時代初期の分)までであり、第13編以降は未刊である。現在までに380冊ほどが刊行され、近年ではおよそ年に3冊ほどのペースで刊行され続けている。

記述のスタイルは、はじめに要約文(綱文)を記し、その後にその事項の史料(日記、古文書など)を原文で引用する。これは和学講談所の「史料」を範としたスタイルである。 「大日本史料」には未刊行部分が多いが、綱文の部分と引用史料の名称を掲載する「史料綜覧」が刊行されているので、未刊行部分の時期を調べる場合の手がかりになる(既刊17巻。17巻は寛永16年(1639年)までが対象)。 「史料稿本」を含むデータベースが、東京大学史料編纂所の公式サイトで公開されている。

関連項目

外部リンク



出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2008年5月13日 (火) 01:48。












     
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。