※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

日記/2012年06月02日(SAT)/ニュース記事
2012-06-06



ムバラク前大統領に終身刑の判決 NHKニュース
ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20120602/k10015559131000.html

+記事コピペ収納
ムバラク前大統領に終身刑の判決
6月2日 17時27分 K10055591311_1206021917_1206021919
エジプトで、去年、市民による反政府デモによって退陣したムバラク前大統領が、デモの参加者の殺害を指示した罪に問われていた裁判で、エジプトの裁判所は、ムバラク前大統領に対し、終身刑の判決を言い渡しました。

去年2月、ムバラク政権を退陣に追い込んだエジプトの反政府デモでは、治安部隊による発砲などで800人以上が犠牲になり、前大統領のムバラク被告や元内相らが、デモの参加者の殺害を指示した罪に問われていました。
2日、首都カイロで開かれた特別法廷で、裁判長は「どのような力にも邪魔されず、公平に裁判を続けてきた」と述べたうえで、「ムバラク被告がデモ隊の殺害に関与したことは明白で、有罪である」と認め、ムバラク前大統領と元内相の2人に終身刑の判決を言い渡しました。
法廷内に設けられた鉄格子の部屋の中で、ムバラク前大統領は、担架に横たわり、サングラスをかけた状態で、静かに判決を聞いていました。
「アラブの春」と呼ばれる民主化運動によって政権が崩壊した国のうち、当時の国家元首が、デモ隊を殺害した責任を追及されて判決を言い渡されたのは、これが初めてです。
ムバラク前大統領の判決を巡っては、検察側が死刑を求刑していたことから、今後、前大統領の弁護側と検察側の双方が判決を不服として控訴する可能性があります。
エジプトでは、今月16日と17日に行われる大統領選挙の決選投票に、ムバラク政権の元首相と、ムバラク政権下で非合法化されていたムスリム同胞団の幹部が進んでおり、今回の判決は有権者の投票行動にも影響を与えることになりそうです。
市民の受け止めは複雑
終身刑の判決が言い渡された瞬間、特別法廷の前に集まった人たちの間からは一斉に大きな喚声が上がりましたが、受け止めは複雑です。
治安部隊に銃撃されて息子を亡くした女性は、「判決には満足できません。私の子どもを殺したムバラクは死刑にされるべきです」と話していました。
また別の男性は、「もっと軽い刑になるかもしれないと思っていたのでうれしいです。ただ、遺族を満足させるためには、死刑にすべきだったと思います」と話していました。
特別法廷が設けられたカイロ郊外の警察学校の周辺では、判決に満足できない人たちが興奮した様子で、警戒する治安部隊に詰め寄る姿も見られ、中には石を投げたり棒を振りかざしたりする若者もいるなど、一時、騒然としました。







シリア デモ隊に発砲30人死亡 NHKニュース
ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20120602/k10015553341000.html

+記事コピペ収納
シリア デモ隊に発砲30人死亡
6月2日 4時37分 K10055533411_1206020621_1206020630
シリアでは、女性や子どもなど100人以上が先週、虐殺されたことに抗議するデモが各地で行われましたが、アサド政権の部隊がデモ隊に発砲するなどして弾圧し、少なくとも30人が死亡しました。

シリアでは先週、中部のホウラで、女性や子どもなど100人以上が、アサド政権を支持する民兵とみられるグループに虐殺され、アサド政権に対する国際社会の非難が高まっています。
1日には、イスラム教の集団礼拝のあと、大規模な抗議デモが各地で行われ、インターネットの交流サイトに投稿された映像では、女性や子どもたちを含む数千人の市民がホウラの虐殺を非難する声を上げている様子が写っています。これに対し政権側は、中部ホムスでデモ隊に向けて発砲するなど各地で弾圧を加えており、シリアの人権団体によりますと、これまでに少なくとも30人が全土で死亡したということです。
一方、政府軍を離反した兵士らでつくる自由シリア軍は、1日の昼をもって政権側に対して一斉に反撃を開始するとしていましたが、これまでのところ、大きな衝突は起こっていません。
国連などの特使を務めるアナン前事務総長は1日、訪問先のレバノンで会見し、国連による停戦監視が始まったあとも情勢が一向に改善しないことについて「失望している」と強いいらだちを示し、アサド政権に対して暴力を速やかに停止するよう改めて求めました。







児童ポルノ所持“日本も禁止を” NHKニュース
ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20120602/k10015559261000.html

+記事コピペ収納
児童ポルノ所持“日本も禁止を”
6月2日 17時59分 K10055592611_1206021818_1206021826
子どものわいせつな画像や映像を記録した児童ポルノの氾濫をどう防ぐかを話し合う、国際的なセミナーが東京で開かれ、欧米の政府関係者などからは、日本でも児童ポルノの所持を全面的に禁止するべきだという意見が相次ぎました。

スウェーデン大使館や日本ユニセフ協会などが開いたセミナーには、アメリカやドイツ、日本など17の国の政府やNGOなどの関係者およそ200人が参加しました。
はじめに、セミナーのために来日したスウェーデンのシルビア王妃が、「毎年100万人の児童が性的な被害を受け、インターネットに多くの児童ポルノ画像が掲載されている」として、早急な対策を訴えました。
このあとの討論会では、インターネットでの児童ポルノの氾濫を防ぐ対策が話し合われ、ドイツでは児童ポルノの画像や映像の所持に対する罰則を重くする議論が進んでいることや、スウェーデンの法律では児童ポルノを閲覧することも罰せられることなどが報告されました。
日本の今の法律では、児童ポルノを単に所持していることは禁止しておらず、各国の出席者からは、国際的な連携を進めるために、日本でも単純所持を禁止するべきだという意見が相次ぎました。
児童ポルノの規制を巡っては、日本でも単に所持することを禁止するよう法律を改正する議論が長年続いていますが、政治的な混乱の影響もあって、具体的な議論が進まない状況が続いています。







防衛副大臣“北朝鮮対応で連携” NHKニュース
ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20120602/k10015557071000.html

+記事コピペ収納
防衛副大臣“北朝鮮対応で連携”
6月2日 15時6分 K10055570711_1206021509_1206021510
渡辺防衛副大臣は、シンガポールで開かれている「アジア安全保障会議」で講演し、北朝鮮によるミサイルの発射や核実験が繰り返されないよう、関係国と連携して取り組んでいく考えを強調しました。

シンガポールで開かれている「アジア安全保障会議」には、およそ30か国の国防担当の閣僚らが参加していて、日本からは当初、田中防衛大臣が出席する意向でしたが、野党が反対して断念したため、代わって渡辺防衛副大臣が出席しました。
会議で講演した渡辺副大臣は、ことし4月に北朝鮮が人工衛星としている事実上のミサイルを発射したことについて、「地域の安全保障に重大な懸念をもたらす行為は、国際社会が許さない」と非難したうえで、北朝鮮によるミサイルの発射や核実験が繰り返されないよう、関係国と連携して取り組んでいく考えを強調しました。
また渡辺副大臣は、前回の発射への対応について「初動が韓国などに比べて遅れた」と述べたうえで、今後、イージス艦などの展開の在り方を検討する考えを示しました。
一方、中国と周辺国との間で対立が深まっている南シナ海の領有権問題について、渡辺副大臣は「国際法規に沿って平和的に解決されるべきだ」と述べるとともに、海上の安全保障環境の安定化に向けて、アジア太平洋諸国の軍や関係機関の能力向上を支援する考えを表明しました。







韓国のヨス万博で復興をアピール NHKニュース
ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20120602/k10015559481000.html

+記事コピペ収納
韓国のヨス万博で復興をアピール
6月2日 17時59分 K10055594811_1206021813_1206021816
韓国南部のヨスで開かれている国際博覧会で、日本の文化などを紹介する「ジャパンデー」に当たる2日、東日本大震災の被災地からの参加者が伝統芸能などを披露し、震災からの復興をアピールしました。

韓国南部のヨスで「生きている海と沿岸」をテーマに先月12日から始まった国際博覧会には、110を超える国と国際機関が参加していて、「ジャパンデー」の2日は、万博のメイン施設の前に日本の国旗が掲揚されました。
会場では、日本各地に伝わる祭りや踊りを披露するパレードが行われ、東日本大震災の被災地である岩手県から「盛岡さんさ踊り」、宮城県から「鴬沢八ツ鹿踊り」それに福島県からは「郡山うぬめ太鼓」などが披露されました。
参加者は、太鼓や笛の音色に合わせた踊りを通じて震災からの復興をアピールし、沿道の観客から盛んな拍手と声援を受けていました。
ヨス万博を巡っては、展示館の中に、韓国政府が日本の竹島周辺に建設を計画している「総合海洋科学基地」の模型が展示されており、日本政府は日本側のたび重なる撤去要求にもかかわらず、韓国側が応じなかったため、「ジャパンデー」に合わせた政府幹部の派遣を急きょ取りやめました。
「ジャパンデー」は2日、予定どおりにすべての行事が行われましたが、今回の問題は、万博を通じた日韓の友好関係に「水を差す」形となりました。







巣立ったトキ3羽 親鳥と一緒に行動 NHKニュース
ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20120602/k10015556451000.html

+記事コピペ収納
巣立ったトキ3羽 親鳥と一緒に行動
6月2日 17時59分
新潟県佐渡市で巣立った3羽のトキが、親鳥のつがいと一緒に行動する姿が初めて確認されました。

佐渡市では、野生復帰を目指して自然に放されたトキから最初に生まれた3羽が、先月、次々に巣立ちました。
この3羽のきょうだいと親鳥のつがいの合わせて5羽が一緒に行動している姿が、2日午前5時半ごろ、初めて確認されました。
3羽は、使われていない田んぼで一緒に餌を探す姿が映像にとらえられています。
トキたちは30分以上にわたって餌を探すようなしぐさを続け、きょうだいで同じ場所をつついているような様子も観察されました。
環境省によりますと、2日は実際に餌を食べている姿までは確認できませんでしたが、これから親のまねをしながら、餌の取り方を覚えていくとみられるということです。
佐渡市では、この3羽のほかにも、2組のつがいからそれぞれ3羽と2羽のひながこの春生まれ、どちらの巣でも2日まで順調に育っていることが確認されています。
これらのひなも早ければ今月中旬から下旬にかけて巣立つとみられていて、環境省は慎重に観察を続けています。
環境省の長田啓首席自然保護官は「産卵からこれまで心配し通しの日々ですが、今のところ期待以上に順調で、100点満点です」と話していました。







“原発再開せずも夏の電力賄える” NHKニュース
ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20120602/k10015561831000.html

+記事コピペ収納
“原発再開せずも夏の電力賄える”
6月2日 23時32分 K10055618311_1206030008_1206030011
民主党の菅前総理大臣は、静岡県湖西市で講演し、原発の運転再開をしなくても節電の努力により、この夏の電力需要は賄うことができるとして、関西電力大飯原子力発電所の運転再開は慎重に判断する必要があるという認識を示しました。

この中で、菅前総理大臣は「電力会社にしてみれば、お金をかけてつくった原発が動かせないとなると、下手をすると会社がつぶれてしまう。そこで『何とか動かさせてくれ』ということが問題の裏にある」と述べました。
そのうえで、菅前総理大臣は「かなり努力しなければならないし、国民も場合によっては、我慢しなければならないかもしれないが、そういう気持ちを持って対応すれば、原発が停止した状態でも、この夏はなんとかなると思っている」と述べ、関西電力大飯原子力発電所の運転再開は慎重に判断する必要があるという認識を示しました。また、菅前総理大臣は「原発を本当にやめるのかやめないのかという議論をしなければならない。脱原発を進めるかどうかの判断は、国政選挙で決める」と述べ、次の国政選挙では脱原発を争点にすべきだという考えを示しました。







大飯原発再稼働、「夏限定」で福井県内猛反発 知事、原発相来県で念押しへ (福井新聞ONLINE) - Yahoo!ニュース
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120602-00000302-fukui-l18

+記事コピペ収納
大飯原発再稼働、「夏限定」で福井県内猛反発 知事、原発相来県で念押しへ
福井新聞ONLINE 6月2日(土)10時8分配信

関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働を事実上容認した関西広域連合の一部首長が運転期間は電力需給の逼迫(ひっぱく)する夏期に限定すべきだと主張している点に対し、県内では「ご都合主義」(西川知事)などと反発の声が強まっている。政府は既に期間限定の稼働を否定しているが、近く来県する細野豪志原発事故担当相に知事はあらためてくぎを刺す見通しだ。

限定的な再稼働は、19日の同連合の会合で橋下徹大阪市長が初めて言及した。藤村修官房長官は「需給の厳しさだけを踏まえた臨時的な稼働を念頭に置いているわけではない」と否定。枝野幸男経済産業相も「福井県やおおい町の皆さんに提示することはとてもできない」と取り合わない方針を示している。

関西広域連合は30日、再稼働を事実上容認する一方で、声明で「政府の暫定的な安全判断であることを前提に、限定的なものとして適切な判断をされるよう強く求める」とした。

「限定的」の意味について統一した解釈は示していないが、一部の首長は「需給をにらんだ暫定的、限定的な稼働」(山田啓二京都府知事)、「あくまで限定的な期間、対象に限る」(嘉田由紀子滋賀県知事)と夏限定の運転を主張。橋下市長は1日も「ずるずると動き続けることは絶対阻止しなければならない」と述べた。

「安全は不十分」(橋下市長)としながら、電力不足を回避するため、短期的な再稼働を求める関西の姿勢に、県内の関係者は猛反発している。

24日に「ご都合主義の勝手なことは話にならない」と述べていた西川知事は、31日にはあらためて「暫定的とはどういう意味か」と不快感を示した。

福井商工会議所の川田達男会頭は1日の通常議員総会で「関西は上から目線で『動かしていいよ』と言っているよう。そんなことを言われる筋合いはない」と批判。「暫定、臨時などという訳の分からないものでは非常に収まらないものがあるが、(再稼働を)ノーだとも言いがたい状況。県民感情として納得できない」と言い放った。

「電気を送ろうという気にならない。(再稼働問題は)地元経済の懸念がなければ放っておく」と不満をあらわにするのは田中敏幸県議会議長。安全確保して再稼働する以上、法定通り13カ月運転して定期検査に入るべきだと指摘した。

立地市町も「安全面からみれば動かす期間は関係なく、理屈に合わない」(河瀬一治敦賀市長)と限定的運転に否定的。一方、時岡忍おおい町長は1日、「(原子力行政は)国が一元的責任を負っている。その国の判断に委ねたい」とだけ記者団に述べた。

【関連記事】
関西連合、現実考え再稼働容認へ 慎重姿勢を修正、福井県の体制尊重
再稼働へ関西に対する国の姿勢注視 首長会合への原発相派遣で福井県
大飯原発「フル稼働間に合わぬ」 関電社長会見で見通し示す 福井
再稼働問題で知事、関西などに不快感 「無理に動かす理由ない」 福井
原発再稼働、首相の「覚悟」焦点 福井の知事、町長は見極め方針
最終更新:6月2日(土)10時8分







名前:
コメント:

◇◆ 前へ次へ目次へ