※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

The Ruleby DSL

Ruleby のすべてのルールは‘rule’メソッドを使って作られています。このメソッドはダイナミックで異なる引数をとることができます。 3つの異なった構文を受け入れ、呼び出されたときにどれが使用されるか決まります。

3つの構文とは:

  • rulebyDSL-ferrari (Array based)
  • Le Tigre (String based)
  • Blue Steel Steel (Block based) (未実装)

ほとんどのルールエンジンがこれらインタフェースをDSLだと考えないことは重要です。 代わりに通常、プロダクション言語とかルール言語とか呼ばれています。Ruleby 言語はほとんどのRuby 使いが概念に馴染みのあるため DSL でかかれました。