※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

605 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/06/10(水) 06:37:04.13 ID:efoCfV/4O

みお「頭は大人!体は子供!」



律「あ~…澪が幼女化してからもう三ヶ月経ったな」モグモグ

唯「そうだね~…もうこのままでよくない?澪ちゃん…あ、このお菓子おいし~い」クチャクチャ

みお「よくな~い!私は早く元の体に戻りたいの!」

唯「えッ?なんで?」

律「だってはやくおとなになってみたいの♪」

唯「ポケットにファンタジー♪って奴だねりっちゃん」

みお「お前ら…もっと真剣に考えてくれ…」

紬「あら?それなら誕生日会のときにお願いすれば聞いてあげたのに…(聞いてあげるだけですけどね、フフ♪)」

みお(なに…?何であのとき律と寝れるってだけではしゃいでたんだ…!…律とくっついて寝れたからいいけど////)
606 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/06/10(水) 06:49:19.66 ID:efoCfV/4O
さわ子「まぁまぁそれより澪ちゃん…これ着てみな~い?」サッ

みお「それは…月曜夜にやってる探偵アニメキャラの…?」

さわ子「それの女の子版を作ってみたのよ!ほら、スカートも」

唯「えー?そんなの澪ちゃんには似合わないよ~…」

律「あの青い服と蝶ネクタイって組み合わせが何かなぁ…」

さわ子「でも、澪ちゃんの今の状況にはぴったりじゃない!着せるわ!」バッ!

みお「本人の意思は無視ですか!?…あ、いやああ!」スルスルッ

さわ子「う~ん、何だか服を破いてみたくなるわ…!」ヌガシヌガシ

紬「(ハァハァ…キタキター!)うふふ、ご自由にどうぞ♪」

さわ子「さすがムギちゃん、太っ腹ね!よーしいくわよー!」

みお「だめ!先生やめてぇ!だめ!だめぇ!」ジタバタ


律「もうなんかいつも通りの空気だなぁ…」モクモク
607 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/06/10(水) 07:01:33.75 ID:efoCfV/4O
さわ子「よーしできたわよ!ついでに私のメガネもかけさせてみたわ!」

唯「おおー!メガネのサイズあってないけどこれはこれで!」

みお「うう…もうどうでもよくなったよ…ムギー!おやつぅ!」

紬「はいはい、わかったわ小さな探偵さん♪…あら?」

みお「どうした?」

紬「なんでかわかんないけど、お菓子がなくなってるのよね…どこ行ったのかしら?この棚にあったはずなのに」ゴソゴソ

みお「えーっ?私だけなし?まさか…」チラッ

律「おいおい澪…私がやったとでも言いたいのかぁ?」

唯「私も食べてないよー!」
608 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/06/10(水) 07:13:33.09 ID:efoCfV/4O
みお「そう?なんかごめんな…」

みお(しかしそうなると…消去法で考えて一番怪しいのはさわちゃん!)

さわ子「あーら私が犯人だとでも言いたげね?」

みお「だってさわ子先生がここを管理してるんじゃ…ん?」

律「どうした澪?」

みお「ペロッ…これは…砂糖だ!」

唯「澪ちゃん床に落ちたものなめたら汚いよぉ」

みお「えーと、こぼれた砂糖はどこに…えっ、窓の外?」

さわ子「あーっ!そういえば昨日窓を閉めてなかったわ!」

みお「じゃあ猫さんに食べられちゃったか…ならいいよ、私だけなしで」

律「まぁ待てよ、ちょっとわけてやるから…あれ?なくなっとる…少し残ってたはずなのに」

唯「じゃあ私のを…ってあれ?ない…当たり前か、全部食べちゃったんだし」

みお「なっ!?」

紬「こうなったらもうティータイムは終わりね…練習しましょう澪ちゃん」

みお「…うん」
609 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/06/10(水) 07:28:26.96 ID:efoCfV/4O
♪♪♪♪練習後♪♪♪♪
律「おいどうしたんだよ澪、今日は調子悪いぞ?…はっはーん、そんなにお菓子食べたかったんだな?」

みお「うん、それもある…けど」

みお「(おかしい…何かがおかしい…!間違いなく犯人がいるはずなのに)ん?」チラッ

唯「どうしたの澪ちゃん?何で私を見たの?」

みお「いや、なんでもないよ。ただ、何か違和感を感じちゃって…」

みお(唯だけ…唯だけなんか被害にあってないっぽいんだよなぁ)

紬「ふぅ、じゃあもう一度さっき失敗したところいきましょうか?」

唯「あっその前に私トイレ~」タタタッ

みお「(ん?そういえば唯は全部食べたとも言っていたな…)ムギ!明日以降のお菓子の在庫は?」

紬「…え?ちょっと待ってね…あら?無いわ…」

みお「!ありがとうムギ!律!ギターの弦に砂糖の粉っぽいのはついてる!?」

律「ん~…ついてないけどなんかベタベタしてんな…あいつフォークで食べてるはずなのに…」
611 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/06/10(水) 07:39:54.71 ID:efoCfV/4O
みお「そうか…謎が解けたぞ!!」

律「ホントか!?」

唯「ふぅ、みんなただいま~!」ガチャ

みお「ああ…ちょうどいいタイミングで唯も帰ってきた。犯人は…唯!お前だ!」

唯「えっ!?いきなりなんなの!?」

みお「往生際が悪いぞ唯!証拠はあるんだ!」

唯「ああ、さっきのお菓子事件のこと?ううん違うよー」アッサリ

みお「なっ!?嘘付け!じゃあなんでギターの弦が砂糖でべたべたしたみたいになってるんだ!」

唯「えー?おとといからドーナツだったじゃない…私砂糖いっぱいかけて食べてたの覚えてない?」

みお「!?そういえばそうだったー!」

唯「ふーん?澪ちゃんは私を犯人に仕立て上げようとしたんだ?ひどいね澪ちゃん、私傷ついちゃったなー」

みお「ご、ごめん唯!私が悪かったから!」

唯「フッフッフ、謝ってすむ問題じゃないのです」

みお「なっ…じゃあどうすれば…!?」
612 :午後の麦茶 ◆aozzrhnk3A :2009/06/10(水) 07:50:13.81 ID:efoCfV/4O
唯「うーんそうだなー、ほっぺぷにぷにエンドレスもいいけどー」

唯「ねえムギちゃん、今日から私の家にずっと泊めてもいい?」

紬「うーん…仕方ないわね、いいわよ♪」

唯「やったぁ!澪ちゃんは今日から私の家族ね♪」ニッコリ

みお「え…そんな…」

律「まぁいいじゃないか澪。憂ちゃんもいるし天国だぞぉ」ナデナデ

みお「あ、そうか…ってそんなわけあるか!唯になにされるか…!」

唯「うふふ、家に帰ったらあんなことやこんなこといっぱいしようね澪ちゃん♪さぁれっつごーまいほーむ!」グイッ スタスタ

みお「えっ!?ややややぁ!律助けて!」ズルズル

律「達者でなー!」

みお「うおおお!?そんなぁ!あっお尻痛い!唯引きずるのやめ…あああ!焼けるぅ!」ズリズリ


唯「えへへー、犯人は本当に私でした♪一芝居うつの苦労したよー」