トップページ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

職権濫用の罪

第25章の汚職の罪のなかに位置づけられている

汚職の罪
共通点 相違点
権利濫用の罪 公務員が国家機関の内部から腐敗し、公務の構成を汚す点 義務のないことを行う個人という直接的な被害者が存在する点で、国家的法益に対する罪の側面も併有する
賄賂の罪 目に見える直接的な被害者が存在しない

汚職の罪
  • 職権濫用の罪
  • 賄賂の罪

共通点
共通の罪質(公務員が国家機関の内部から腐敗し、公務の構成を汚す点)

相違点
賄賂の罪   :目に見える直接的な被害者が存在しない→ある意味では純粋な国家的法益に対する罪
職権濫用の罪:義務のないことを行う個人という直接的な被害者が存在する点で、国家的法益に対する罪の側面も併有する

保護法益
公務の適正な運用(およびこれに対する国民の信頼感)
個人の自由・権利
の双方
二元説(現在の通説)