※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

反紅魔館連合衝突戦(第14回大会)

注意!!

本イベント試合は東方プロレス以降後大会に影響は与えた一戦です。

未視聴の方、ネタバレを嫌う方、各選手へ強い思い入れのある方は

安易な気持ちで閲覧されないよう十分な心持ちをお願いします。


如何なる不具合・不満が発生しようとも

当Wiki及び東方プロレス運営サイドでは一切の責任を負いません。

くれぐれもご注意ください。



顛末

『これ以上、好きにはさせないわ』-アリス・マーガトロイド

第12回大会『紅魔館追放事件』が起きて以降
元当主レミリア咲夜は必死で奪われた紅魔館を取り戻そうとする。
しかしもう一人の従者美鈴が首の負傷でリングに上がる事も出来ず
たった二人での抵抗は意味を成さなかった。
第13回大会では、外部からスカウトしたばかりに自らを追放させる原因となった、
因縁の永琳&魔理沙組と対戦したが、
ダメージの抜けていないレミリアが、永琳の魔性の関節技に膝を破壊され、
まさかのタップアウト。
団体旗揚げ以降最速タイムの瞬殺に会場が凍りつく。
屈辱のタップに、レミリアは偶然だと主張し再戦を要求、この再戦で咲夜が何とか永琳を押さえたが
今度は紅魔館組が不服を述べ収拾が付かず、三度試合が展開されようとしたところに
博麗神社霊夢アリスが介入。紅魔館組との全面対決姿勢を見せ、
翌第14回大会での正面衝突戦が決定した。

試合内容

青コーナー 赤コーナー
反紅魔館連合組 4vs4 紅魔館
霊夢/アリス/レミリア/咲夜 vs フラン/永琳/魔理沙/
前大会段階で4人メンバーがいなかった紅魔館組は新メンバーとしてを帯同。
まさかのアイドルレスラーのヒールターンに会場からは無念の声が上がった。

試合は紅魔館組が悪の連携を魅せ続ける展開に。
意地だけが先行しうまく連携が決まらない連合組を分断。
特に咲夜アリスが集中砲火にさらされる。

しかし勝負を決めたのはそのアリス
初マットによる経験不足という致命的な弱点を持っていたを的確に攻撃し、
最後は極め技でタップアウト。重要な一戦を物にした。
青コーナー 赤コーナー
反紅魔館連合組 4vs4 紅魔館
アリス 26分18秒 首吊り蓬莱人形 ×

イベント結果

この一戦は、そのまま連合組勝利、では片付かなかった。
双方が、完膚なきまでに相手を倒せなかった事に納得がいかず
それは結果的に次大会以降にも影響を及ぼす事となる。
後の『JUSTICE is MINE抗争』にも『Judgement Day事件』にも
影響を与えたとも、それぞれの大戦火のほんの前哨戦に過ぎなかったとも言われたこの一戦は
該当試合だけでは誰も納得がいかない、納得することの出来ない何とも後味の悪い一戦となった。