吉村 英雄


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

吉村 英雄 

「よう、兄ちゃん。元気だったかい?」




【基本設定】


名前 吉村 英雄(よしむら ひでお)
学年・クラス ピンカートン探偵社社員
性別
年齢 39歳
身長 186
体重 不明
性格 豪放磊落、部下思い、殴り合いを好む、やられ役
生い立ち 不明
基本口調・人称 俺、同年代かそれより上なら「さん」、年下なら「兄ちゃん」「お嬢ちゃん」
その他特記事項 本文より「身長は召屋よりも低いものの、その胸板、上腕や太腿のサイズは遥かに大きく太い。腕のサイズだけでも笹島のウェストほどありそうだ。短く刈そろえた頭髪には白髪が混じっており、赤銅色の肌と、深く刻み込まれた皺が、彼の経験の多さを物語っていた。。また、スーツの左襟には瞳を模したバッチが付けられている。おそらく、“THE EYE”の一人なのだろう」



【パラメータ】


総合ポイント:27


数値 パラメータ
レベル 12
物理攻防(近)
物理攻防(遠)
精神攻防
体力
学力
魅力
能力 電撃を操る。ただし、その電撃は稲妻を放つといったような遠距離攻撃はほぼ不可能で、接近状態でのみ放つことが可能。また、どちらかというと電撃の量ではなく、繊細なコントロールを得意とし、筋電位を能力で操り、接触状態で相手の筋肉を操ったり、限界以上の能力で自らの身体を動かすことも可能(ただし、それは身体にも大きな負担を与えることになるため多用はできない)。
特記事項 基本的に戦闘の最初から能力を使うことはない。相手の手の内を調べてから、どのように自分の能力を使うかを判断することが多い。理由は、能力自体が強力なものではなく、そのことを良く理解しているため



その他詳細な設定

タバコはアメリカンスピリッツ
仕事時には支給されている黒いスーツ、休日はアロハなどのラフな服を好む
ピンカートン探偵社の『THE EYE』である
ピンカートン探偵社とは……
「一八五〇年代に設立された、探偵社ってのは名ばかりの警備会社。設立者はアラン・ピンカートン。この探偵社は、当時の企業はもちろん、政府の合法非合法を問わない、様々な依頼を受けていた。警備や要人保護以外、つまりスパイ行為や殺人など。事実、最盛期には準軍事組織として恐れられるレベルあり、組織構成を参考にFBIが作られたといううわさもある。その後、結局は衰退してしまい、今では普通の警備保障会社兼探偵社として存続している。
 表向きは普通の警備保障会社兼探偵社だが“THE EYE”と呼ばれる、非合法組織を裏にもち、彼ら、特殊な能力者集団は、企業や政府依頼の合法非合法問わない様々な活動を行っている」





登場作品


【召屋正行のささやかな日常はこうして壊れた】




作者のコメント






ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。