【未来の双葉学園を想像する男】


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


※一部グロ表現あり注意



 陸雄《りくお》は双葉区から離れた、とある海沿いの寒村に来ていた。
 双葉大学でラルヴァ研究を学んでいる陸雄は、郷土妖怪譚や民話とラルヴァの関連性について研究レポートを書くために旅行に出たのだ。もっとも、この村は学園側に出した外出届とは別の場所だ。
 たまには学園の目の届かない場所で羽を伸ばしたいと陸雄は思っていた。毎日息の詰まるような講義を受けたり、学園の目を気にして研究に励んでいても気が休まない。後で大目玉を喰らうかもしれないがこの長閑な場所にやってきてよかったと思う。
「空気がおいしいなぁ」
 爽やかな潮風が頬を撫で、新鮮な空気が肺いっぱいに入ってくる。陸雄がいる場所は寒村から少し離れた海岸だ。ゴツゴツとした岩場が多く、場所も高いため崖になってしまっている。足元が不安定でちょっと怖い。でもここからの眺めはとても綺麗だ。水平線見え、雲一つない青い空が無限に広がっている。
 そうして陸雄が景色を見渡していると、崖の先に人影が見えた。風になびく黒い長髪と、スカートを見てそれが女性だとわかった。
 ――こんな何もないところで何をしているんだろう。
 自分と同じように景色を楽しみ来たんだろうか。それとも村の人間だろうか。陸雄は考えたが、村に立ち寄らずにここへ来たため、彼女が村人かどうかは判断がつかなかった。
 しかし、ふっと、見えた女の横顔を見て、陸雄は一瞬で恋に落ちた。
 パッと見、陸雄より一つ二つ年下だろうか、遠くからでも美人と分かる。人形のように整った顔立ちをしており、裾の長い白いワンピースがよく似合っていて清楚な印象を受ける。崖の上に立ち、海と空を背景にしているその姿は、まるで一枚の絵画のようだった。
 だがその美しさに比例するかのように、彼女の顔は寂しげで、深い悲しみを背負っているかのように思える。じっと彼女は眼下に広がる荒波を見つめていた。
 まさかこの崖から飛び降りるつもりじゃないだろうな、陸雄は最悪の展開を想像し、思わず駆け寄っていた。
「早まっちゃダメだー!」
 早まっているのは陸雄だった。
 陸雄の叫び声にびっくりしたのか、女ははっとこっちを向いてその場にへたりこんでしまう。
「な、なんですかあなた」
「え? いやだってきみそこから飛び降りようとしてたんじゃ……」
「そんなわけありませんよ。ただ海を見ていただけです」
 女は顔を赤くしながら立ち上がり、おしりについた砂をぱぱっと払った。こうして目の前から見ると、さっきよりも何倍も美人に見える。
「なんだ。俺の勘違いかぁ。だってすごくつらそうな顔してたんだよ、そりゃ勘違いぐらいするさ」
「つらそうな顔?」
 女はきょとんっとして陸雄に尋ねた。
「そうだよ。なんだか寂しそうというか、人生に疲れたような顔だった。てっきり俺は身投げでもするんじゃないかと思ったよ」
「…………」
 陸雄の言葉を噛みしめ、女はまたあの顔になった。不景気そうな、悲しさを感じさせる顔だ。だがどこか男の庇護欲を駆り立てるような色気があった。
「人生に疲れた……そうですね。わたしは確かに生きることに疲れています。このまま海に沈むことができたらどんなに楽か」
 突然物騒なことを言いだした女に、陸雄は面食らった。
「おいおい何言いだすんだよ。生きてりゃいいことあるって。まだ若いんだから死に急ぐことなんかないよ」
 熱くなった陸雄は、説得しながら彼女の手を掴んでいた。すると、彼女の顔から影が消え、くすりと笑う。
「変わった人ですね。あなた」
「い、いやあ。別に。ただこんな美人を放っておいちゃ男がすたるってもんだよ」
「あなたのような人はきっと人生が楽しいんでしょうね」
「当たり前だよ。生きてるだけで幸せさ。きみだってそうだ。人生楽しまなくちゃ」
「そう、そうね。わたしも人生を楽しみたいわ」
 陸雄と女は互いに見つめ合い、どちらからでもなく、肩を並べて海岸沿いの岩場を歩き始めた。
 女は名を瑠璃子《るりこ》と言った。
 名前以外のことは語らなかったが、陸雄は特に彼女の素性に興味を持たなかった。それよりもこうしてこんな理想の美人と海辺を歩けるなんて夢のようだと思った。二人はこの地域のことや、陸雄の趣味のことなど他愛のない話をしてグルグルと波打つ海岸を回っていた。
 瑠璃子は陸雄の話に相槌を打ち、微笑を浮かべている。出会ったばかりの男と人気の無い場所を一緒に歩くなんて変わった人だよな、と陸雄は思った。
 時折見せる暗い顔を見て、やっぱりさっきここから飛び降りるつもりだったんじゃないかと陸雄は考える。だが瑠璃子の髪から漂う磯の香りが鼻孔をくすぐり、どうでもよくなってくる。
「きゃあっ!」
 突然瑠璃子が小さな悲鳴を上げて倒れた。
 岩場のゴツゴツした部分に足をひっかけたのか、裾の長いスカートから彼女は足をさすっている。
「大丈夫?」
「ちょっと足を捻ったみたいです」
「大変だ。ちょっと見せて」
 そう言って陸雄が手を瑠璃子の足に延ばすと「いや!」と強く彼の手を拒んだ。陸雄はあっけに取られたが、確かに初対面の男が足に触れようだなんて無神経だったかもしれないと反省した。だけどスカートと靴下のせいで瑠璃子の足の肌は隠れてしまっていて腫れているのかどうかわからない。
「ごめん。でもこのままここを歩くのは危ないよ。足場が不安定だからおぶっていくわけにもいかないし……」
「そうですね。どうしよう」
「そうだ、あそこでちょっと休憩しよう」
 陸雄は岩場の影にあった洞穴を見つける。狭苦しくはあるが涼しいし座り込む場所としてはうってつけだ。
「ここできみは待っててよ。村に行って人手を呼んでくるから」
 洞穴に瑠璃子を連れ込むと、陸雄はそう言った。
「え? それは困ります。わたしは大丈夫ですから」
「ダメだって、無理に歩いて酷くなったら大変だよ。すぐ戻ってくるからさ」
 陸雄は村へと向かおうために洞穴から出ようとした。
 だがその直後、グラグラと揺れが二人を襲う。もともと足場が悪いため立っていられなくなる。
「じ、地震!?」
 ぴしっと天井の岩に亀裂が入る音がする。咄嗟に行動することもできないまま、陸雄の視界は暗転した。


 目を覚ました時も、視界は真っ暗なままだった。
 だが気絶していたせいで暗闇になれていたのか、ぼんやりとだが周囲を見渡すことができる。周りは岩だらけでどこにも光はない。
「どうしたんだっけ……俺」
 陸雄が痛む頭を押さえながらそう呟くと、誰かが自分の手を握っているのがわかった。
「よかった目を覚ましてくれて。このまま死んじゃうかと思いました」
 その澄んだ声は瑠璃子のものだった。暗くても顔がすぐ目の前にあるせいか、輪郭がわずかに分かる。
「瑠璃子さん。いったい何が起きたんだ」
「どうも、さっきの地震のせいで洞穴が崩れちゃったみたいです」
「ええ!」
 驚きつつも確かに岩場が崩れて出口が塞がれてしまったようだった。揺れ自体は大したものではなかったはずだが、崩れやすくなっていたのかもしれない。
 もともと狭い洞穴だったがほとんど封鎖されてもっと狭くなってしまっている。その時に落ちてきた岩に頭をぶつけて気絶してしまったのだ。幸い大した怪我ではないようで、痛みも引いてきた。
「おおーい! 誰か助けてくれー!」
 元気になった陸雄は助けを求めるために大声で叫んだが、岩の壁は分厚く、とても外に届いているとは思えない。反響音だけが耳に残るだけだった。そうだ、携帯電話だ。すぐに陸雄は携帯電話を取り出したが、さっきの衝撃で壊れてしまっていた。明かりもつけることすらできない。学園と距離を置いてのんびりと旅行を楽しみたかった陸雄は、GPS機能がついているモバイル手帳すら持ってきていなかった。
 こんなことになるなら規則なんて破るんじゃなかったと後悔する。しかも学園側はここに自分が来ているのも知らないし、村の人間とも顔を合わせていない。誰も自分がここで閉じ込められているとは思っていないだろう。
「くそ、誰かが助けに来るのを待つしかないのか」
「どうしましょう陸雄さん……わたしが足を挫かなければこんなことには……」
「いや俺のほうこそ。無理にこんな場所に連れてきたから」
 陸雄はがっくりと項垂れて深いため息をついた。どうやらわずかに隙間があるようで、空気の心配はないが岩を掘ったり崩したりして外へ出ることは不可能だ。ここには食べ物も飲み水もなく、生きていける環境ではない。
 このままずっと閉じ込められていたらすぐに死んでしまうのではないだろうか。せめて自分が異能者ならどうにかこの状況を打破できたかもしれないが、陸雄は誹能力者のラルヴァ研究生だ。体力も人並みしかない。
 せめてもの救いは独りではない、ということだが、それでも瑠璃子をこんな危機的状況に陥らせてしまった自分の軽率さに自己嫌悪するしかなかった。
「頑張りましょう。きっと助けがきますよ」
「そうだね。うん」
 暗闇の中でも、瑠璃子が陸雄を励ますように笑いかけてきたのが分かり、彼は少しだけ希望を持った。





 それから七日が経った。
 閉ざされた空間のせいか夜も朝もわからないが、腕時計だけはチックタックと正確に時を刻み続けている。
 七日もここに人が来ないことを考えると、救助は絶望的に思えた。もともと人気の無い場所だ。寒村に住んでいる村人ですらろくに足を踏み入れないような岩場のため、誰もここの状態に気が付いていないのだろう。
 そして、陸雄の体力も限界が近づいていた。
「うう……」
 空腹のあまり、もはや瑠璃子ともまともに会話すらしなくなっていた。最初は互いに励まし合うことを言いあってはいたが、次第に陸雄の心に余裕が無くなり、怒鳴り散らすようになっていった。仕方ないだろう。この極限状況で、光すらない場所で正気を保つ方が無理というものである。
 そうしている間にも空腹は進み、水分もわずかにくぼみに溜まった海水を飲むしかなかった。
 死ぬ。死んでしまう。
 陸雄は死を身近に感じながら空腹を誤魔化すように体育座りでじっとしていた。自分の頬に触れると痩せこけてしまっているのが感触だけでわかる。今まで食べることに困ったことの無かった陸雄には耐えられないことだった。
 食べたい。ただその一つの欲求だけが陸雄の頭に渦巻いている。
 すぐそばに理想の女性がいても性欲すら湧かず、ただ生存本能と食に対する渇望だけが陸雄を支配していた。
 じっと暗闇の中、目を凝らして陸雄は瑠璃子を見た。彼女は最初と会った時と変わらず美しい。そう、何も変わっていない。自分と同じように何も食べていないはずなのに頬はこけておらず、体も変化していないのだ。それどころか柔らかそうな二の腕が陸雄を誘っているようにも思えた。どうして自分は飢えてくる死んでいるのにこいつは平気そうなんだと、陸雄はわずかに瑠璃子に対して憎悪を抱いた。しかしそれと同時にまた別の感想を抱き始める。
 おいしそうだ。きっと食んだら柔らかな触感がするんじゃいだろうかと、陸雄は瑠璃子の肌を見ながらぼんやりと考えていた。
 自分がこんなところに閉じ込められたのは全部この女のせいだ。
 まだ死にたくない。まだやりたいことだってたくさんあるし、こんなところで寂しく死んでたまるものか。
 永劫とも思える時間の中で、グツグツと陸雄の欲望は煮えたぎっていく。
 そして、八日目を迎えたある時、陸雄の理性の尾は切れた。
 気づいたら陸雄は残る力を振り絞って足元に落ちていた大きな石を持ち上げ、躊躇いもなく瑠璃子の頭に振り下ろしていた。
 酷い衝撃が腕に伝わり、硬い石の先が瑠璃子の柔らかな頭をぐしゃりと潰す。飛び散った血が陸雄の頬に付着し、それを舌で舐め取ると食欲をそそるような甘美な味が口内へと広がっていく。
 そのせいか理想の女性であった瑠璃子の頭を砕いたことに後悔もせず、罪悪感すら抱く事なく陸雄は止まらなかった。何度も執拗に石を叩きつけ、地面に倒れた瑠璃子の腕に噛みついた。
 瑠璃子の腕は思った通り柔らかく、弱った陸雄の顎でも簡単に噛み千切ることができた。初めて味わう人間の味。それは牛や豚とは違い、魚の白身に近い味がすると陸雄は思った。
 だが今まで食べたどの食べ物よりも美味しいと、陸雄は久しぶりに胃の中に食べ物が入る感覚に喜びを覚える。空腹は最高の調味料とはよく言ったものだ。
 一度決壊した陸雄の理性はもはや役には立たず、ただ空腹を満たすためだけに彼の身体は動いていた。
 閉ざされた暗闇の中、陸雄は次々と瑠璃子の身体を食んでいった。やがて陸雄は瑠璃子の心臓にも手を触れる。
 闇の中でも赤黒く光っているように陸雄に見えた。まるで食べられることを望んでいるかのように美味しそうだと、陸雄がしゃぶりつこうとした瞬間、
「ああ、やっと死ねる」
 という瑠璃子の呟きが聞こえた気がした。
 そんなバカな、と陸雄は瑠璃子の死体から飛び退く。確かに石で何度も頭を殴って殺したはずだ。喋るはずがない。石で死んでいなくても、今こうして瑠璃子を咀嚼しているのに生きているわけがない。
 そう思ったが、陸雄の手に収まっている心臓はわずかに脈打っていた。だがそれもすぐに弱まり、完全に脈は止まる。陸雄は不気味に思ったが、気のせいだと己に言い聞かせてそのまま瑠璃子の心臓にかぶりついた。瑠璃子の心臓を食べると、まるで全身に生気が一瞬にして戻ってきたような感じがした。さっきまで死にそうだったにも関わらず、今はもうほとんど平気だ。
「ははは。こんなことなら早くこうすればよかったんだ……」
 陸雄は瑠璃子の太ももを味見しようと、彼女のワンピースを引きちぎって素肌を露わにさせた。だが、その瑠璃子の下半身を見てぎょっと声を上げる。
「な、なんだよこれ」
 闇の中でもはっきりとわかるほど、瑠璃子の脚はびっしりと鱗で覆われていた。しかも靴を脱がすと足ではなく尾ひれのようなものが出てくる。
 瑠璃子はラルヴァだったのだ。
「これは、前に文献で見た人魚とそっくりだ……」
 通りで足を見せたがらなかったわけだと陸雄は納得する。足の鱗が見られたくないから執拗に足に触れられるのを拒んだのだ。
 陸雄はショックを覚えたが、むしろ相手がラルヴァであったほうが、人間を食べたということよりも罪悪感が少ないと思った。
「そうだ、俺はラルヴァを食べただけだ。怪物を殺しただけだ……俺は人殺しでも人食いでもない……」
 だから問題ない。生きるために魚の化け物を食べたって構わないだろう。
 そうして陸雄は瑠璃子を少しずつ食べて救助が来るまで生きぬいてやろうと心に決めた。






 それから数え切れないほど長い年月が過ぎ去った。
 陸雄は忘れていた。人魚の肝を食べた人間は、不老不死を得るということを。
 彼の望み通り死から逃れることはできた。だがそれは死よりも辛いことである。狭苦しい光すら届かぬ孤独な空間に、陸雄は死ぬことすらできずにずっと座っていた。
 不老不死を得たと同時に精神も壊れることがなくなってしまったが、いっそ発狂してしまった方がどんなに楽だったかわからない。
「みんな、どうしてるんだろう。今の日本は、双葉学園はどうなってるんだろう……」
 自分がいた双葉学園が今どうなっているのかを、ただ暗闇の中想像することだけが退屈を紛らわせる陸雄の唯一の遊びである。
 ――俺はいつまでこんな暗い所で、独りで生きていかなくちゃいけないんだ……
 陸雄がここに閉じ込められて二千十九年の夏から百年の月日が経っていた。
 助けは未だ来ない。

(了)



ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。