与田 光一


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

与田 光一 

「君はその力を使いこなせるようになるべきだよ、遠藤くん」


基本情報
名前 与田 光一(よだ こういち)
学年・クラス 大学一年生
性別
年齢 18
身長 182
体重 59
性格 研究のことになると興奮しやすい
生い立ち ロボット工学をメインとする企業の御曹司
基本口調・人称 僕 口調は普通 おしゃべり
特記事項 超科学こそが最強だと主張している。背は高く、メガネをかけている

キャラデータ情報
総合ポイント 25
レベル
物理攻防(近)
物理攻防(遠)
精神攻防
体力
学力
魅力
能力 異能者・ラルヴァの魂源力使用メカニズムの解明
特記事項 特になし

その他詳細な設定


 工学部所属で、もともとは対ラルヴァ用ロボット・異能者訓練用ロボットの研究をしていた学生
 しかし、自分の能力『異能者やラルヴァの異能を擬似的に再現する』力に呑み込まれ、悪用してしまう
 情報収集ロボットで異能者を執拗に観察し、コピーロボットを作って戦う
 逢州等華がその一号機、立浪みくがその二号機となったがその二機のみで野望は潰える

 余談として
 健康ランドでの事件を小耳に挟んだ与田は、気分転換も兼ねて、マッサージ師の異能を擬似的に再現したメカを開発する
 与田の身柄が拘束されてしまった今となっては、その夢のような機械は一号機のみにとどまり、現在その行方は知られていない




作者のコメント


 悪役として設定しました
 『コピーはオリジナルを絶対に超越しない』という私なりの原則をここに設定します
 コピーロボットを倒してしまえば、強キャラに見える与田を撃破できるでしょう
 しかし、ロボットのパラメータは一方的に強くできるうえ、「量産」に成功していたら彼の天下になっていたかもしれません
 作品を通じて超科学者の強さ・リスクを挙げてみる試みが与田光一にはありました
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。