派生設定


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

投稿作品などで広がってきた設定はこちらにまとめ。
世界観設定と別に編纂しているからって公式ではないわけではありません。
すべてが公式です。

矛盾等は基本的に放置しますが、どうしても看過できない部分を発見した場合はスレかコメントに報告して話し合ってください。
書き手に変更を要求しなくてはいけない場合などは下手に出て、変更要求を跳ね付けられたとしてもムキムキしないように。



派生設定一覧

  • <ワンオフ>
世界に一体しか存在せず、強力(かなり強い)・唯一(そいつしか持ってない能力)・不可思議(何をどうやってその現象を起こしてのか傍目にはわからない)のいずれかの力を持ったレアなラルヴァのレッテル。
認定するのは一部のラルヴァ研究者。
<ワンオフ>の多くは恐ろしい力を持ったラルヴァであるが、弱いのも存在する。
人類に敵意を向ける<ワンオフ>もいれば、人類側につく<ワンオフ>も存在し、無関係に食って寝て暮らす<ワンオフ>もいる。
要するに特殊だけどラルヴァの一種。




  • <カテゴリーF>
…制御が困難で味方まで巻き込みかねない危険な異能。また実戦には不向きで使えないとされる異能。

数多くの異能者達が集う双葉学園には人類にとって害悪となる異能者も集まっていた。
そして入学や覚醒した際、生徒の異能の種類を特定する事で真に有効な異能者教育と作戦行動が取れるよう、学園側は密かに裏のあゆみ(異能者個人情報台帳)を作成している。
そこに掲載される異能の種類分けがカテゴリーA~Fのデータである。

 カテゴリーA:単独でもチーム戦でも十分な戦果を期待できる異能。
 カテゴリーB:単独において十分な戦果を期待できる異能。
 カテゴリーC:単独またはサポートとして戦果が期待できる異能。
 カテゴリーD:サポートとして戦果が期待できる異能。
 カテゴリーE:異能に目覚めていない者。また実戦には不向きで使えないとされる異能。
 カテゴリーF:制御が困難で味方まで巻き込みかねない危険な異能。


組織、秘密結社等

学園周辺の施設

文化、流行等
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。