【コスプレ戦士キョウカ ep.EX】


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「そんじゃ、ここが私たちの研究室だから。テキトーにくつろいでね」
 学園に到着した早々ラルヴァに襲われ、手荷物を全て失った敷島《しきしま》藤次《とうじ》は、同僚――らしい神楽坂《かぐらざか》美弥子《みやこ》に案内され、研究棟の一室に通された。
「ここが、ですか?」
 しかし、その部屋はとても研究室には思えなかった。研究室というよりはむしろ……
「マンガ喫茶の間違いでしょう」
 広い室内にびっしりと並んだ本棚は、どれも隙間無くマンガ本で溢れかえっている。
「いいのよ、コレは私たちのお姫様の能力に必要な物って事になってるんだから」
 神楽坂は慣れた様子で、マンガ本を抜き取りソファでくつろぎ始めた。
 深く腰掛けているため、膝上までのタイトスカートに包まれている脚や、深く開けられた胸元を見下ろす形になってしまい、敷島は慌てて視線を逸らした。
「はあ……」
 出合ってから数時間しか経っていないが、敷島は神楽坂が相当奔放な人間だという事は理解した。恐らく天性の素質として頭が良かったのだろう、研究者には割と多いタイプだ。
 敷島は神楽坂に格好の事も言えず、適当に室内を見回っていたが、改めてマンガの量に圧倒された。
「しかし、本当に凄い量ですね。アメコミまであるし。けど、全部変身ヒーローとか超能力バトルモノなんですね」
「あの子の能力で再現するにしても、何か特殊能力持ってないと検証のしようが無いからね」
 マンガのキャラクターの再現、それが敷島が研究員として配属された第十三研究室の研究対象、八島《やしま》響香《きょうか》の能力だった。
「自分にはまだよくわかりませんが、マンガのキャラクターを再現するというのは一体……」
「そういう事なら私から説明しよう」
 敷島が言うと同時に、一人の男が入ってきた。
 敷島のような人付合いが苦手なタイプや、神楽坂のように世間の感覚とズレているタイプといったいかにもな研究者と違い、人好きのする笑顔が印象的な男だ。
「あの、貴方は?」
「ああ、稲生。丁度良いところに来たわ」
「見計らったからね」
 戸惑う敷島をよそに、神楽坂はその男を出迎えた。
「コイツは稲生《いのう》賢児《けんじ》。第十三研究室《ウチ》の所属じゃないんだけど、異能力の事を資料で読んだだけのあたなに説明してもらおうと思って呼んでおいたの」
「はあ……」
 研究のメインテーマをいきなり部外者に説明させるのはどうかと思うが、それとも学園ではこういった研究者同士の情報交換は活発に行われているということなのだろうか。
「どうも、稲生です。普段は異能力研究室で講師をやっています」
「敷島です。よろしくお願いします」
 フレンドリーに手を差し出してきた稲生に、弱冠の苦手意識を感じつつ握手を交わし異能講座が始まった。
「それでは早速だが、第十三研究室の研究対象である特例的魔術系能力者、八島響香君の能力について説明しよう。
 響香君の能力はマンガのキャラクターの再現とされているが、私は少し違うモノだと考える」
 いきなり、神楽坂から聞かされていた説明と異なることが飛び出す。
 敷島は慌てて神楽坂を振り返るが、神楽坂は笑って稲生に向き直るようにアゴで示した。
「彼女の能力は、恐らくマンガのキャラクターを再現するコスチュームを作る事だろう。
 魔術系に分類されるものでは、『道具によって異能の発動状態を一定にコントロールする』というパターンの一例だ。
 つまりキャラクターの能力を再現するというのはコスチュームの力であって、響香君はそれを利用しているに過ぎない。キャラクターの技を使うのに技の名前を叫んだり、ポーズを取る必要があるのはそのためだ。
 その一連の動作がサイコキネシスの質を変化させていると考えられる。
 もっともそのコスチューム自体が彼女の魂源力にしか反応しないマジックアイテムなので、彼女は効果付与術者《エンチャンター》であると同時に専門の使用者《ドライバー》でもある訳だ。
 こういった例は確かに大変珍しく、研究する意義は十分にあるとは思うが他者への応用は……」
「とまあ、今はこのPK《サイコキノ》学説が主流なんだけど、それを覆すような新発見の期待を掛けられてるのが、世界で初めて機械的に発現前の魂源力《アツィルト》の観測に成功したあなたよ。敷島教授」
 稲生に話をさえぎって、神楽坂がそうまとめた。
「おいおい、呼び出しておいて覆せっていうのは無いだろう」
「あくまで理想論よ。学者にとって現行の学説をひっくり返すってのはロマンの一つでしょ?」
 いたずらを思いついた子供のような無邪気な顔で、神楽坂は敷島に笑いかける。
「自分は物理学が専門で、能力研究に関しては門外漢なのでどうも」
 反応に困った敷島は、とりあえず当たり障りの無い事を口にする。
「ハハハ、案外世紀の大発見というのは、そういう視点から生まれるものだよ。私としても能力の謎に迫れるなら学説が覆るもの大歓迎さ」
 稲生は敷島の背中をたたき、肩にを回した。
 決して悪い人ではないのだろうが、敷島はのこ稲生という男とは根本的に合わない気がした。

 そうして、ひとしきり説明だけ終えたところで稲生は帰っていった。
「あの、それで自分達は一体何の研究を」
 攻撃と回復の両方をを使いこなす特殊な能力を目の当たりにし、その説明も受けたが一番肝心なところがまだだった。
 一体学園や、その後ろにいる出資者達は八島響香の能力を解明し何を得ようというのか。
「能力の後天的変換とか規格統一ってところね」
 規格統一か、また随分と工業的な言い草だな。
「今のままでは、個人の特性に合わせて何千という能力者を管理しなくてはならないからね」
 話しながら神楽坂は、本棚から適当にマンガを数冊抜き出す。
「例えばホラ、これが三巻でこっちは四巻だけど、続きじゃないでしょ? でもそういうのって面倒だと思わない?」
「つまり、タイトルが違っても一巻の続きは二巻と書かれた本で読めるようにしたいと」
「うーん、それでも良いんだけど……」
 神楽坂は、また適当に本を手にとって言った。
「もっとマクロな視点から言えば、これとこれは一冊の本っていうのに変わりは無いじゃない? そういうことかな」
 上手く言えないけどと言って、神楽坂が言葉を締めた。
「なるほど、そういう考え方をするということは、第十三研究室《ここ》のバックについているのは自衛隊ですか?」
「ご明察。とりあえず研究バカじゃないようで安心したわ。私はダメね。説明は向いてないわ」
 神楽坂はテーブルの上に本を投げ出し、タバコに火をつけた。
 そういうことが気になって仕方ない質の敷島は、すぐに片付けに入る。何となく今後の立ち居地が決定したような気がした。
「将来兵士として現行のシステムで運用することを考えると、専門バカは困るのよ」
「それがあのさっきのアレになる訳ですか。何でしたっけ? ええとマジカル……全然聞いた事無いタイトルでしたけど」
「魔砲少女(まじかる)★ナースメイド★てぃんくる♪アスカよ」
「何というか……とりあえず萌え要素詰め込みましたって感じの名前ですね」
 改めて聞いても凄いインパクトだ。
「あ、萌えとかわかるんだ?」
「ええ、それなりには」
 人付き合いが苦手な子供がのめりこむ物なんて高が知れている。それに加え敷島はたまたま勉強が出来たので、こうやって学者なんてやっているのである。
「てぃんくる♪アスカは二年前にコミックサバイバーって隔月の雑誌に載ってたんだけど、四話が出たっきりで出版社が倒産してね」
 敷島は基本的に単行本派なので雑誌には詳しくないが、それでも倒産のニュースくらい知っていてもおかしくはないはずだ。なのに全く聞いた覚えの無い名前だった。
「今この作品の事話してるのなんて、世界中探しても私たちだけだろうってくらいマイナーな作品よ」
 神楽坂は奥の本棚から雑誌を取り出してきた。 
 敷島が手にとってみると大分巻末に近い位置なのに、きっちりとてぃんくる♪アスカが始まるページに合わせて開き癖がついている。
「それは布教用だそうだから、一応目を通しておいてね」
「はあ」
 初めて渡された資料がコレとは。敷島はマンガ雑誌四冊を抱え、これからの学園生活に不安を覚えた。

 ちなみに肝心のてぃんくる♪アスカについては、趣味が合う合わない以前の何かを感じたという。



ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。