シズマ・ノーディオ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名前:シズマ・ノーディオ
階級:勲爵士(ナイト)
年齢:23(自称1981年生まれ)
性別:男
身長:183㎝
体重:70㎏

性格:生来的なムードメーカーであり、老若男女の全てに分け隔てなく接することの出来る好人物。
そのせいか主君であるテンペスター子爵を偶に年下のように呼ぶなど、砕けすぎていると陰口を囁かれる事も。
戦闘においては普段の好青年の様相は消え、鋭利な刃物の如くに戦場に刃を突き立て、嵐の如くにラルヴァを駆逐する。
自身の力をアテにするような作戦や単独先行を前提とするような作戦には「後進の育成こそが今の時代の責務」として
参加する意思を決して見せようとせず、テンペスター子爵もその行動のほぼ全てを黙認している。
聖痕《スティグマ》、特に聖ラディアルエイト教団派に対しては尋常ならざる敵愾心を抱いている。
人称・口調:オレ、オマエ・あんた、~さん が基本。基本的に砕けた口調

特記事項:英国籍なのに外見的特長はどう見ても日本人。唯一違うのは、人にはあまり見られない位に鮮やかな紅い瞳。
さまざまな言語に精通しているが、驚いたときや感嘆の際に出る無意識の発声からするに、基本言語は日本語の模様。

能力
宝玉のような煌びやかなフルプレートに魔獣の装飾を施されたフルフェイスヘルム、翼竜の翼を模った瑪瑙色の片手剣を
召喚装着し、各装備に込められた能力を使用する能力。使用の際は装備を封じていると思しきメダルを弾きあげる。
鎧には空間圧縮、剣には空間切断の能力があるとされ、一人でラルヴァの大群とも渡り合うこともできる。
「この鎧と剣そのものは本来の能力の副産物」と彼自身は語ったことがあるが、真偽の程は定かではない。
その他
1999年の『embryo-1』討伐作戦中(公的記録には高波に攫われ遭難)に行方不明となった北神 静馬との関連性を見出そうと
しているものも居るようだが、能力者としての記録が乏しい両名を結びつけるような決定的な証左は上がっていない。
また、彼の動向が始めて確認された場所や時期から、同時期より存在が確認されたラルヴァ・ナイトとの関係を
指摘する者も居るが、流石にこれは邪推の極みと云わざるを得ない。本気で信じているものも居るようだが。


勝手ながら、シェアしていただける場合のお願い
  • シズマ=ナイトという決定的な描写はしないようお願いします
  • 前座君が同時に場に出た場合、名乗らないようお願いします。前座3で大見得切ってますので……

knight2-2.jpg
※イラストを寄せていただいた絵師様に、ここで改めて感謝いたします。
※アップロードのため、原画をリサイズいたしました。
※バストアップ右側はガナリオンになります。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。