豊川 もこ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

豊川 もこ 

「これでも一家全員、れっきとした日本臣民ですから」


基本情報
名前 豊川 模糊(とよかわ もこ)
学年・クラス 中等部 2年F組
性別
年齢 14
身長 165㎝
体重 52kg
好きなもの 油揚げ、たくましい男性
嫌いなもの 軟弱な思想
性格 穏やかなお嬢様、愛国者、微妙に戦前の軍国主義志向
生い立ち 日本人として育てられる。
ラルヴァとしての能力を国のために役立てるため双葉学園へ
基本口調・人称 一人称:私
二人称:~(名前)様、貴方or貴女
三人称:あの方、等
特記事項 スリーサイズは上から89(E)、60、88
ラルヴァ、金狐仙



キャラデータ情報
総合ポイント 16
レベル
物理攻防(近)
物理攻防(遠)
精神攻防
体力
学力
魅力
能力 『仙炎招』:触れた物の精神力を削り取る『鬼火』を呼び出す

その他詳細な設定


キャラ設定:
金狐仙というラルヴァであるが、祖先が明治維新のドサクサで日本国籍を取得、彼女一家も日本人
14歳なのに既に大人顔負けの背丈やスリーサイズは種族特性。髪の毛は微妙にコンプレックスを持っている
耳と尻尾があり、尻尾は四本。隠す事も出来るが少し緊張するため、出してる方が楽
帝国軍人だった曾祖父にかぶれ、やや変な方向で大和撫子を目指しているらしい。
日本という国を心から愛しており、その意向やスカウトもあって、二学期から双葉学園に編入される
家事は万能、自前で弁当を作れるぐらいは料理が出来るが、弁当のメインはいつもお稲荷さんである

異能設定:
一見、炎の塊のように見える手のひらに乗るほどの光球『鬼火』を呼び出す。
『鬼火』は、触れた物の精神力を削り取り、結果として異能の精度を落としたり意識が消失したりする。
制限無しに生み出すことが可能だが、数が増えるほど一つの鬼火が削り取れる精神力は少なくなる。
エレメント系ラルヴァには致命傷になりえ、その場合は実際に燃えるように見える


登場作品


【とらとどらの事件簿 三冊目】




作者のコメント






ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。