人斬り抜刀斎の振るう剣は流儀名「飛天御剣流」最速の殺人剣でござるよ

このページを編集する    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

人斬り抜刀斎の振るう剣は流儀名「飛天御剣流」最速の殺人剣でござるよ

(2007:漫画・アニメ:ひときりばっとうさいのふるうけんりゅうぎめい「ひてんみつるぎりゅう」さいそくのさつじんけんでござるよ)


  • 人きり抜刀斎の本当の正体が緋村剣心であることが分かった衝撃の一言。

  • -明治剣客浪漫譚-るろうに剣心 第一巻P46 1、2コマ参照。

  • 飛天御剣流は戦国時代に端を発す一対多数の斬り合いを得意とする古流剣術。

  • 逆刃刀でない限り、確実に人を斬殺する最速の殺人剣である。

  • 抜刀斎の名に何の未練もないが、奇兵館頭目「比留間伍兵衛」にその名を譲ることは残念ながらできなかった。これは伍兵衛があまりに弱すぎたためである。

  • 官憲の栄職や権力のためでなく人々が幸せに暮らせる世を創りそして守るため剣を取って戦った。ソレを忘れたら山県さん、維新志士はただのなりあがりものですよ。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  
□LINK□



更新履歴

取得中です。







カウンター
今日 -
昨日 -
総計 -
オンライン -