CD盗難疑惑事件

このページを編集する    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

CD盗難疑惑事件

(2008:事件:シーディーとうなんぎわくじけん)


  • 2008年9月14日、部員Nに、彼が部員JのCDを持ち帰ったのではないかとの疑惑が浮上した。J本人がNに問いつめたところ、一旦は容疑を認めるかのような発言をしたものの、容疑を否認。捜査は難航した。しかし、その後J宅にて当CDが発見され、Nの無実は証明された。
 この事件により、NはJを名誉毀損で訴える方針を示し、4万円の賠償金を求めたが、その前日に起きた『カラオケ事件』をめぐる論争に発展したため、それ以上追及することはなかった。

  • N氏には『4万円事件』やその他の前科があるため、Jの疑惑の目は当然であると言えよう。しかし彼は、部活内ではいまだ窃盗の類いの罪は犯してはいない。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  
□LINK□



更新履歴

取得中です。







カウンター
今日 -
昨日 -
総計 -
オンライン -