8版 飛行考察


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

目次


飛行とは

特徴

高い機動力と高い移動力を兼ね備えた兵科。
能力値の低さとポイントの高さがネック。
射撃へのヒット修正が付くので、「矢の雨」ランクの横に移動してもほとんど射撃が当たらない。

戦略上の役目

2~3ターン目の移動妨害とウォーマシン対策に最適。

実際の動き

死角

敵ユニットの死角に移動し続けることによって、移動妨害を図るのが主任務。
ルール変更によって移動妨害はあまり重要ではなくなったが、相手にストレスを与えるぐらいはできる。
射撃ユニットも移動+分散の修正があればかなり外してくれるので十分かき乱してくれる。

展開

ウォーマシンに突撃するのが良いわけではなく、むしろウォーマシンに纏わり付くのが良い。
突撃となると視界に一度敵を捕らえる必要があるが、纏わり付いて視線を防ぐだけならば損害も少なく、物陰を利用し易い。
あせらず騒がず、地味に嫌がらせをすることが最大の仕事なのだ。
もちろん一度纏わりついた後は突撃して、根本的な除去手術を開始すればよい。

地形

何を使うか?

視線を通さない地形であれば丘だろうが林だろうが建物だろうがOK!
ただし敵に丘を取られると厄介なので、それ以外にした方が無難。

どのように置くか?

移動力が高いのでどこに置いても機能する。

対飛行

ユニット対策に纏めました。

総評

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。