トップ


+ 2005年度

+ 2006年度

+ 2007年度

+ 2008年度

+ 2009年度

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

今日は仕事終了後、真っ直ぐ帰宅。
真面目に帰った俺を見て、親父がビックリする。

父「ちょ、おまっ、帰ってきたん!?w」

俺「ああ。もうスロットなんてアホらしいぜ。」

父「へぇ~、さすがに今日は行くと思ってたけどなぁ・・・。」

俺「あ? 何で?」

父「だってホラ見ろよ、このミリオンの広告! 気合い入ってるだろ!?」


親父がカゴの中から、ミリオンの広告を引っ張り出してくる。
かつて見たこともない様な、巨大なチラシ。
「11月11日はミリオンの総力を挙げて、大海を何ちゃらかんちゃら~」

・・・おぉ、今日は年に一度の「11月11日」だったか・・・。


父「凄いやろ? ほなけんワシ、ご飯食べたら行ってこようと思っとんよ。」

俺「ったく・・・親父はしょうがねぇなぁ。もうスロは止めようと思ってたのに・・・。」

父「?」

俺「そんな広告見せられて、親父一人を行かせる訳にはいかないじゃないか。」

父「!?」

俺「ならば打ってやるよ・・・『お前の金で』な!!」

父「!?!?」


っという訳で、晩飯食ったあと、二人で鴨ミリへ。
大海SPを打つことに。

(さぁ~て、良さそうな釘は無いかな・・・)と探していると、何となくヘソの甘そうな台を発見。
下皿にタバコを放り込むと同時に、親父の厳しいチェックが入る。

父「ダメダメダメ! ダメだよそんな台!!」

俺「え!? 何で!?(汗)」

父「ほなって その台、もう『30回も当たっとる』やろ!?」

俺「は? まぁ・・・。」

父「30回も当たったら、もう あとは出んのよ!!」

俺「そ、そうなん・・・。」

父「狙い目は、20回ぐらい当たっとって、現在ハマッとる台やな!」

俺「はぁ・・・。」

父「あとな、1000Gハマッとる台も、もうそろそろ次の当たりが来るけんな!」

俺「う、うん・・・。」


実は恥ずかしい事に、このカリスマスロッター蟲の親父ともあろう仮男は、
バリバリのオカルターなのだ!!

真剣な眼差しで、ピコピコとデータをイジる仮男。
やがて 一台の前で足を止めると、振り返る。

父「おっ、この台! これは良いぞ! 22回大当たりで、現在450G! 蟲よ、これは来る!!」

俺「・・わ、分かった・・・。」


まぁ どうせ親父の金で打つんだしな。
それで親父の気が済むなら、そうしてやろうw
という訳で、親父の勧める台に着席。
親父のポケットから1万パクると、そのままサンドに投入。
思えば禁スロの決意を固めてから、たった20時間か・・・。

・・・だってしょうがないじゃん!
俺は「禁スロする」と決めたけど、これは「パチンコ」なんだもんっっ!!

 

さて仮男一押しのこの台、これが回る回るw
25G、27G、22G・・・とても等価の釘とは思えない。
どうやら11月11日の この日、ミリオンはホントに本気らしい。

(こりゃスゲーな)と思いながら打つこと4K。

ふとサメでリーチ。
ボタンを押すと泡。

(ハイハイ)と手を離した瞬間、


キュキュキュキュキュイーーーーーーーン!!


んはぁぁぁああっっっ!! まさかの投資4Kでキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
サメが揃った後、再始動でタコ揃い! ホァッ!!

なんか俺まで仮男みたいな事言うのも恥ずかしいけど、やっぱ台と打ち手の「相性」ってあると思う。
ズバリ、俺は大海SPと相性が良いッ!!
(そして大夏祭りとの相性は悪い!w)

この確変が、キュインキュイン言いまくりで、5連チャン達成。
更に時短中に単発を引き戻し、出玉は一気に5箱へ。

はぅぁぁああっ!! アタシ脳汁出ますぅゥッ! ブリブリブビュリ!
やっぱ「キュイーン!」って鳴った瞬間、一瞬意識が飛ぶ、あの感覚がたまらないッ!!
今の5号機では味わえない興奮、スリル、感動、それらが大海には息づいている!!

そんな俺とは対照的に、親父は台移動を繰り返した挙げ句、20K負けてリタイア。

父「今日は読みが外れたわ・・・。魚群に蹴られたけん、もう出んわ。」

・・・と意味不明な言葉を言い残し、トボトボ退店。
そんな親父の背中を見守りつつ、

(養分乙)

と優しく声を掛けてやる。


さて俺の方も、その後はアツい演出もなく、1箱飲まれたのでヤメ。

投資0K、回収25.8K、収支+25.8K!

おいおいおい、明日の軍資金できちゃったじゃねぇかこの野郎!!(嬉)

家に帰ると、そこには真っ白に燃え尽きた親父の姿が・・・。

父「読みは良かったんやけど・・大当たり回数は・・・でもハマリ目が・・・ブツブツ。」


なんか可哀想だったので、10K返してやる事に。
まぁ親父のヤツ 最近ツキまくりで、既にオカンと妹にも10Kずつ小遣いあげてたらしいんで、
ホントは俺にも貰う権利はあるんだが。
まっ、カリスマスロッターたる者、恵まれない親父には愛の手をって事で。

「息子よ、お前は今この父を越えた・・・!」

「やったぜ、父ちゃん!(キラーン☆)」


さぁ明日もパチンコだ。
蟲親子の飽くなき挑戦は続く。
巨人の星を掴むその日まで!!

 

 

 

 

 

 

 

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|