トップ


+ 2005年度

+ 2006年度

+ 2007年度

+ 2008年度

+ 2009年度

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

鴨スタ行ってきますた。
前日1000ハマリという手痛い目に遭ったものの、この程度で落ち込んではいられない。
何故なら今日は海の月一イベント。
俺は地中海を打ち倒す! そこに良釘がある限り!!

さて早速地中海のシマに向かうと、昨日フルボッコにされた、
ベース23の台が空いてたので、ものは試しと座ってみる。

1K目、21回転・・・

2K目、25回転・・・

3K目、24回転・・・


・・・( ̄ー ̄)ニヤリッ
どうやら釘は昨日の据え置きらしいな。
引きの弱さで負けはしたが、理論上はプラスの台。
今日こそ確率の収束を祈って、ブン回ーーーす!!!


4K目、疑似って疑似って疑似3でリーチ。
(おぉっ、これはまさか・・・)
ドキドキしながらボタンを押すと、魚群到来!
ぬぉお、早くも収束来たァーーー!?(汗)


・・・しかしサクッとハズレ。
むぅ・・・やはりキュインが来ないと厳しいな。


投資8K目、今度は「赤!」から疑似って、またも魚群発生!
うぐぉお、キュインは無いけど、今度こそっ・・・!!(汗)


・・・しかしまたもやハズレ。
ちくしょう、もはや魚群ごときじゃ当たる気がしない。


投資15K目、何の変哲もない弱予告から、三度目の魚群襲来。
まぁキュインも無いし・・・こりゃ期待するだけ無駄かな。


「ピョコッ!!」

うぇぇぇ!? 普通に揃っちゃったよ!!(汗)
・・・つか、魚群で当たってビックリするのも妙な話だな。
かつてギンパラでは、確変絵柄・単発絵柄問わず、
発生時点で信頼度50%を超える灼熱リーチだったのに。
次回の海では、そろそろ魚群の信頼度が20%切りそうで怖いw

かくして15K目で、単発初当たりゲット。
ハァハァ・・・あとは早めに確変引いて、安心したいトコなんだが。

 

 

ラウンド中に気付いたが、アタッカーの釘が、昨日に増してガバガバに開いている。
おいおい、ヘソ良、スルー良、アタッカー良って、海ファンにはもう堪らんなコレ。
ありがとう鴨スタ店長!

大当たり終了後も、相変わらず素晴らしいペースでグルグル回る。

しかし単発分の出玉ではどうにもならず、サクッと飲まれる。
うぐぐ・・・やはり確変! 確変を引かねば俺に未来は無いっ!(汗)

追加2K目。


「キュイン!」


弱予告からのキュインでケツが浮く。
よぉっしゃ、反撃の狼煙じゃい!!

しかし止まった絵柄はまたも単発。 うぐぐ・・・

時短もサクッとスルーし、単発分の出玉も飲まれる。

あぁあっ!!
釘はめちゃくちゃ良いんだ!
あとは俺が確率通りに当たりを引けさえすれば勝てるんだ!
頼むっ!
5連、10連しろとは言わん!
強運なんかじゃなくていい。
奇跡もいらない・・・!
平運っ・・・!
ごく普通の現象、確率で当たってくれっ・・・!

この辺りで、ずっと空き台だった両隣に、オッサンとオバハンが着席。
するとどちらも1,000円も使わない内に、サクッと確変。
そこから「キュイン!」「キュイン!」と鳴らしまくりで、両隣とも一撃10連オーバー!
一方俺はというと、


スッコーーーーーーーーーーーーン


とストレート700Gハマッて、あっという間に負債総額40K! あばばばば!!
ホントはもっと粘りたかったし、粘るべきだったんだけど、
さすがに2日連続50Kをブチ込む度胸もなく、
また両隣のキュイン!キュイン!に挟まれて、すっかり心が折れてしまった・・・。
ウヘヘ・・・確率って何だろう ○| ̄|_


投資40K、回収0K、収支-40K。

 

 

特に左隣のオバハンが酷かった。
俺にリーチが掛かる度に、自分の手を止めて、ガバッと覗き込んでくる。
ノーマルだろうが泡スーパーだろうが、ものっそい乗り出してくる。
あまりにウザいんで、露骨に左手で液晶に衝立して、見せなくしたんだけど、
更に身を乗り出して、覗き込んでくる。
そんで
「あちゃぁ~!」とか、「今のは惜しかったなぁ」とか、
一人で解説してる始末。
あと自分の台にリーチが掛かる度に、上皿を「ドカン!」と叩く。
確変中だろうがサンフラ鳴ろうが、
リーチが掛かれば台パン、魚群が出たら台パン、スローになったら台パン・・・
マジで勘弁してくれ(;´Д`)
海打ってるとこういうジジババが異常に多いのは何なんだ?
こんな攻撃に耐えながら700Gもハマッたら、そりゃ心も折れるっつーの!
「確率」、そして「ジジババ」、この二つを乗り越えない限り、
俺に「栄光」の二文字は無いっ・・・!(汗)

 

 

 

 

 

 

 

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|