※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

数学関数

  • ここでは、使用頻度の高い数学関数群の説明をします

 

算術用の関数

abs関数
機能と返り値 引数の絶対値を返す
引数 任意の数値
<?php
    $a = -50;
    print  abs($a);
?>

 

ceil関数
機能と返り値 引数の少数点以下を切り上げた整数値を返す
引数 任意の数値
<?php
    $a = 3.56;
    print  ceil($a);
?>

 

floor関数
機能と返り値 引数の少数点以下を切り捨てた整数値を返す
引数 任意の数値
<?php
    $a = 3.56;
    print  floor($a);
?>

 

round関数
機能と返り値 引数の少数点以下を四捨五入した整数値を返す
引数 任意の数値
<?php
    $a = 3.56;
    print  round($a);
?>

 

rand関数とsrand関数
機能と返り値 乱数を発生させる関数で、randだけでは毎回同じ値になってしまうため、srand関数と組み合わせて使用
引数 最小値を第一引数.最大値を第二引数.srandでは任意の整数値

<?php
//乱数ジェネレータを初期化
    srand(microtime() * 1000000);
   
//1~6の範囲内で乱数出力
    print  rand(1,6) . "<br />";
    print  rand(1,6) . "<br />";
    print  rand(1,6) . "<br />";
    print  rand(1,6) . "<br />";
?>

 

 

 

 

 



 

 

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|