※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Smarytインストール

smartyのダウンロード先URL
http://www.smarty.net/download.php

Windows環境(xampp)

  1. 上記のURLより最新版をダウンロード(zip形式)し、解凍
  2. 解凍したフォルダ内の、libsフォルダをxamppのphpフォルダにコピー
    もし、Cの直下にxamppを入れていた場合には、C:\xampp\php\libs が上書き対象
  3. php.iniを編集。include_pathにsmartyが使用出きるように設定
    include_path = ".C:\xampp\php\pear\;C:\xampp\php\libs\"

 尚、xamppの場合、php.iniファイルは3つ存在( php\php.ini   php\php4\php.ini   apache\bin\php.ini)するが、この中で有効なのは、apache\bin\php.ini  なので、これを修正する。

後は、apacheの再起動でSmartyが使用できます。

Linux環境

◆pearコマンドを使用してのインストール方法

  1. パッケージ配布先の追加
    # pear channel-discover pearified.com
    Smartyは、pear.php.net で配布せれていなかった
  2. チャンネル一覧の確認
    # pear list-channels
  3. Smartyをインストール
    # pear install pearified/Smarty

   これで、インストール完了

▽▽▽私の場合、フレームワーク(ethna)を使用するのでその時のインストール方法▽▽▽

  1. pearを最新版にするため、チャンネルのアップデート
    # pear update-channels pear.php.net
  2. ethnaをインストールするのと同時に、ethnaに依存する(Smarty, simpletest)もインストール
    # pear install -a ethna/ethna
    -a を指定することにより、ethnaに依存する(Smarty, simpletest)もインストールされる。


配置ファルダ
    /usr/share/pear/Ethna
    /usr/share/pear/Smarty

 

 

 

 

 



 

 

 

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|