※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

データベース接続

  • 基本的なPHPからmysqlの接続
基本的なフォーマット

<?php
$DBSERVER    = 'localhost';     //mysqlサーバ名
$DBUSER       = 'root';         //ログインユーザ名
$DBPASSWORD = '';            //パスワード
$DBNAME       = 'testDB';      //データベース名

//mysqlに接続
$con = mysql_connect($DBSERVER, $DBUSER, $DBPASSWORD);

//読み込み時の文字コード設定
mysql_query('set names UTF-8');

//データベース選択
$selectDB = mysql_select_db($DBNAME, $con);

//Sql文を編集
$sql = 'select * from testTable';

//結果セットを取得
$rst = mysql_query($sql, $con);
$col = mysql_fetch_array($rst);

//結果セットを配列で表示
//ここでは、print_r関数を使って強制的に出力していますが
//retunで返したり、HTML文と組み合わせて結果を変数に代入したりします

print_r($col);

//結果セットを破棄
$rst = mysql_free_result($rst);

//mysqlとの接続解除
mysql_close($con);

?>

◆接続環境に合わせて、変数内容($DBSERVER, $DBUSER, $DBNAME, $DBPASSWORD)等は、変更してください。
上記では、データベースにtestDBと、テーブルにtestTableが存在しない場合には動作しません。

 

mysql用の関数

mysql_connect関数
機能と返り値 mysqlに接続。接続に成功すると、mysqlから接続IDが返されます。失敗した場合はfalse
引数 接続するためには、[mysqlサーバ名][ログインユーザ名][ユーザのパスワード]の順番で指定

$con = mysql_connect(サーバ名, ユーザ名, パスワード);

 

mysql_select_db関数
機能と返り値 複数あるデータベースから、処理する1つのデータベースを選択
引数 第一引数に選択するデータベース名。第二引数に、mysql_connectで返されたmysql接続ID(省略可能)
$selectDB = mysql_select_db(データベース名, 接続情報);

 

mysql_query関数
機能と返り値 sql文を発行。select文では、取得された結果セットのIDが返される。insert / update / delete 文では、成功時は true、失敗時は false
引数 第一引数にsql文の文字列を指定。第二引数に、mysql_connectで返されたmysql接続ID(省略可能)
mysql_query('set names UTF-8');   //読み込み・書き込み用文字コード
$rst = mysql_query(sql文);

 

mysql_num_rows関数
機能と返り値 mysql_query関数で発行したselect文より、何レコードのデータがあるかを返す
引数 mysql_query関数で返された結果セットIDを指定
$rst = mysql_query(sql文);
$selectCnt = mysql_num_rows($rst);
echo $selectCnt;

 

mysql_fetch_array関数
機能と返り値 mysql_query関数を使用してselect文を発行した返り値の結果セットから、1レコード文を取り出します。返り値を変数に代入することにより、取り出されたデータは自動的に連想配列または数値インデックスの配列として格納される。$変数名[フィールド名]という構文で連想配列としてデータを取得できる
引数

第一引数に、mysql_query関数で返された結果セットID。第二引数に、取得された1レコード文のデータをどのように変数に格納するか指定する。
省略した場合には、MYSQL_BOTHが使われる
MYSQL_BOTH    //連想配列と数値インデックス配列の両方で格納
MYSQL_ASSOC   //連想配列として格納
MYSQL_NUM     //数値インデックス配列として格納

$rst = mysql_query(sql文);
while ($col = mysql_fetch_array($rst)) {
      echo $col['id'];
      echo $col['name'];
      echo $col['mail']
}

 

mysql_free_result関数
機能と返り値 mysql_query関数で取得した結果セットを破棄して、メモリを解放する。成功時は true、失敗時は false
引数 mysql_query関数で返された結果セットIDを指定
$rst = mysql_query(sql文);
$rst = mysql_free_result($tst);

 

mysql_close関数
機能と返り値 mysqlとの接続解除。成功時は true、失敗時は false
引数 mysql_connect関数で返された接続IDを指定
$con = mysql_connect(サーバ名, ユーザ名, パスワード);
mysql_close($con);

 

 

 

 

 

 



 

 

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|