トップ


+ 2005年度

+ 2006年度

+ 2007年度

+ 2008年度

+ 2009年度

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

鴨スタ行ってきますた。
スロットコーナーをウロウロしてると、北斗NE~将~の、
総ゲーム数4328G、ボヌス合算19回の台が空いてたので確保。
もはや5号機の北斗に何の期待もしてないけど、一度は打っておこうと思っていた機種。
データ的には6以上の数値なんだが、結果や如何に・・・。


6K投資したトコでビジ。
ビジ後僅か5回転で、再度ビジ。
・・・で、450Gハマッて 飲まれて止め。

コインが飲まれた時、何の感情も湧いてこなかった。
「あぁ終わりか」みたいな。
設定は良さそうだが、これ以上粘ろうという意欲も全く起きなかった。
想像以上でも以下でもない、極々ありふれたクソ台だった。

これが5号機―――。
(もうスロは終わったんだ)と何度も自分に言い聞かせながら、
それでも一縷の望みで しがみついてきたパチスロ。
しかし かつて、あれほどの人気を博した 北斗の後継機でさえも、この有り様。
終わった・・・もう本当にスロは終わったんだ。

山の様に溢れかえるクソ台の数々。
そんな中、ほんの一握りの面白い台には、今や全く設定が期待できない。
こんな5号機時代を、『これがパチスロですよ』と言われたならば、
俺はもう、スロットを愛する事ができない・・・。

席を立つと、暗い気持ちでスロットコーナーを後にする。

 

かつて多くのスロッター達が のめり込んだ4号機時代。
時が経つにつれ、4号機もその姿を変えた。
より爆発力を備え、波が荒く、射幸心を煽る機種が求められ始めた。
裏物、CT、RT、AT、ART、そしてストック機・・・
パチスロはその一点に向け突っ走り、膨張し、暴走し、
そして最後には国家権力により、終焉を迎えた。
これも歴史の必然であったのかもしれない。
4号機時代が幕を閉じ、今度は出玉性能を極限まで抑えた、5号機時代を迎える。
振り返ると つい最近の様な気もするが、
完全5号機時代を迎えて以来、はや半年が過ぎた。

めくるめく季節の移り変わりの中、俺はただボンヤリと5号機時代を見つめてきた。
そして思っていた。
5号機時代は、パチスロの「過渡期・変革期」であるのだと。
しかし この半年で、そうじゃあなかったんだと思い知らされた。
実は「末期」だったのだと。
これがゴール。

みなし機の撤去、4号機の全廃、5号機時代の開始。
スロ人口の激減、全国で相次ぐパチ屋の倒産。
にも関わらず、一向に緩和されない規制。
そして相変わらずパチスロメーカーから次々出される、クソ台の山。

5号機時代になり、俺の周囲も大きく変わった。
パチスロに狂ってた友達の多くが、今やほとんどパチ屋に行っていない。
それでも止められない奴は、5スロで毎日遊んでいる。
パチスロをギャンブルではなく、娯楽と捉えているのだと言う。
時代は変わった。 そろそろ俺も変わらなければならない。
ついに来てしまったのだ。 俺もパチスロを止める日が―――。
重い足取りで出口に向かう。



出口を通りすぎると、やって来たのはパチンココーナー。



・・・だってしょうがないじゃん! スロットつまらないんだもん!!

そう。 5号機に失望し、打ち砕かれ、叩きのめされた結果、
俺が活路を見出したのは、何と「パチンコ」であった。

まぁ このギャンブルキ○ガイが、禁スロするなんて言ったところで、
どだい無理な話である。
さりとて彼女も友達もいない俺が逃避する先は、
もはやパチンコしか残されてないのだっ・・・! ウヒホヒ!

さてパチンカーに転向すると決めたものの、
ここでも俺の好き嫌いが炸裂する。
享楽やらSANKYOやらビスティー等に代表される、
「クソ長いリーチ」が、大の苦手な俺。
俺がパチンコに求めるのは、派手さでも複雑性でもなく、『一瞬のアツさ』。
夏の夜空に咲いて散る花火の様に、
「ドーン!」と上がって「パッ」と散りゃあ それで良い。
そう。 俺の脳みそは、エンドルフィンやドーパミンで満たされた、
既に完全なギャンブル中毒者の思考なのだ―――!

現在俺の嗜好に適うパチンコ台といえば、
言わずと知れた「沖縄海」、ただ この一機種のみである。
幸いにも本日の鴨スタは、沖縄海のイベントらしい。
おっほぅ、とりあえず打ってみますか!
適当な台に着席し、回し始める。


~10分後~


ふぅむ・・・。
まぁ2K入れただけでアレだけど、大して回らんな。
俺にはプロみたく釘を見る能力はないけど、
パチの釘は、スロでいう設定みたいなもので、まさに「生命線」だからな。
やっぱ適当に座ってちゃダメだな(照)

席を立ち、今度は1台1台、丁寧に見て回る。
素人なりに、台を多角的に観察してみる。

むむぅ・・・全部同じに見えるんだが(汗)


5分ほどウロウロしてる中、ふと1台の前で足が止まる。


あれぇ~? この台だけ、やたらヘソが開いてないか??

丹念に両隣と見比べてみるも、やはり この台だけ、ガバッと開いてる気がする。
まぁ 物は試しとばかりに着席し、とりあえず回し始める。

するとどうであろう、やっぱグルングルン回るぞ この台!!

1Kにして平均23回転といったところ。
おいおい鴨スタ、おまい こんな良い釘の台もあるんじゃん!!w

にやけながら回すこと6.5K。 ここで本日初のチャンス到来!
保留4から、四人娘が出現。
更に真ん中にも五人目が登場し、ワリンリーチへ。
チャンスボタンを押してみると・・・
ホァァイ、背後を魚群が遊泳!!
このリーチ、蟲的に鬼アツ!!!

・・・とか言いつつ 最近何度か外してるパターンなので、
ドキドキしながら絵柄停止を待つ。

「ギュゥ~ン・・・ギュゥ~ン・・・」

心臓バッコンバッコン言わせながら見守っていると、
「ピョコッ!」と素直に当たってくれる。 そぉい!

しかも よく見ると、アンコウが揃った後も、貝の口がパクパク開閉してるではないか。
と、いうことは・・・

「ギュワギュワギュワギュワ!!」

ジュゴンに昇格ッ! そいそぉぉーーーい!!!

 

さて ここまでの投資はというと、北斗で6K、沖海1台目で2K、そして この台で6.5K。
うむぅ、この確変の伸び次第では、十分挽回も可能ッ!!

ハラハラしながら確変を見守る。

確変突入後50Gほど・・・

突如 歓喜の瞬間が訪れる。


「キュピピピィィーーーン!!」


うはぁっ! キタコレ!!
確変中のビスカス咲きは、確変確定!
沖縄海を打ってる最中、最も嬉しい瞬間である。
ハリセンボンとカメでリーチが掛かり、関係ないトコで停止。 しかし・・・

(ニヤリ。)

「ギュワギュワギュワギュワ!!」と再始動して、カメ揃い!
いやぁ~、圧倒的な優越感!
カメが走るの分かってるなんて、何という愉悦っ・・・!


確変終了後、再度ドキドキしながら確変の行方を見守る。
ここで もう一発確変引ければ、今日の負け分チャラなんだが。 ハァハァ・・・

しかし次に揃ったのは、無情にも単発。
ぐがぁぁぁああッデム!!
しかしまぁ 上出来だな。
せっかく確変引いてもワンセットっていうのが、俺のデフォだからな。
3連してくれただけでも上出k・・・


「キュピピピィィーーーン!!」


うをぁぁああっ!! ラウンド消化中の確変昇格ッ!!
しかも13ラウンド目、既に諦めてたトコでの成り上がり!
こいつぁ感動もひとしおですなァ!!

さて この時点で本日チャラ線。
願わくば更に継続し、何とかプラスまで持っていきたいところ。

手に汗握りつつ、確変を見守る。


50Gほどでリーチ。
エンゼルフィッシュの単独テンパイ。

(げっ、単発かよ)

と思った瞬間、背後を魚群が走る。
ぐぉぉお、これ激アツ!
確変中に魚群絡みで当たった場合、これまた確変確定。
当たれっ・・・当たれっ・・・!!


俺の願いは通じ、エンゼルフィッシュが「ピョコッ」と揃う!
と、いうことは・・・


「ギュワギュワギュワギュワ!!」


うっひょぉ~、カニに昇格! ぎっ、ぎんもぢ良い゙ぃぃいいっっ!!


更に次の確変中・・・
エビの単独テンパイで、「キュピピピィィーーーン!!」

あっ・・あたし脳汁出ますぅぅっ! ブリィッ! ブビブビッ!
こんな いっぱい脳汁出てますぅぅっ! ブリュリ! ブボォォーッ!
んはぁぁーッ! お願い、見ないでぇぇーーっ! ブリブリビュジョワァーッ!!

脳汁垂れ流しながら、ラウンド消化。
5発目の大当たりとなるため、液晶ではミスマリンちゃんが登場。
むふぅ~、心なしか 今日の小倉遙チャンは、いつも以上に可愛く見えるぜ・・・!
しっかし鴨スタめ。
もうすぐ等価になるから、鬼回収かと思いきや・・・
ヘソ良し、スルー良し、アタッカーも まぁまぁ。
なかなかやるじゃあないか!!


・・・ここで ふと、重要な事を思い出す。


ん? そういえば、徳ちゃんで誰かが言ってたよな?

「もうすぐ等価になるけど、換金率変更後に、今の貯玉を 換金できる」って・・・。

えっ!? 待て待て待て!(汗)
って事は・・・アレか?
これって もしかして、今ある出玉を、いずれ一玉4円で換金できるって事か!?
うぉ・・うぉお・・・やっべぇ! 今俺、かなりプラスじゃん!!(汗)
ぬぉぉお、一気に大勝のチャンス!
5号機で散々ボコられた積年の恨み、今こそ沖海で晴らーーーす!!!

気合いを入れて、確変を見守る・・・


・・・が、ダメっ! ここで痛恨の単発!
ちきしょぉぉお! 欲を出しすぎたかぁっ!!

しかしまぁ一撃6連チャンで、現在5箱強。 上出来!

残るは時短。 引き戻せれば万々歳なんだが・・・

・・・と ここで、アンコウ単独テンパイから、魚群発生!

うぐぅ、時短中は魚群の信頼度下がるけど、それでも単発絵柄ならっ・・・

と思うも、1コマ行き過ぎてハズレ! ぐがぁぁ、ガッデム!!


そろそろ時短も終わろうかという90G目。
今度はカニの単独テンパイから、またしても魚群発生!
うぅ・・・アツいけど、やっぱ確変絵柄では・・・


「キュピピピィィーーーン!!」


おらっしゃぁぁあああ!!! ホァッ・・・ホァァァアッ!!!
頭の中で歓喜の雄叫びを上げながら、平静を装い ラウンドを消化する。
ククク・・・近づいてきたぜ、久々の「大勝フラグ」が!!

ところがどっこい、確変わずか1回転目で、あっさり単発が揃って終了 orz
という訳で、結局 都合8連にて、確変終了。
現在出玉は7箱。

よぉ~し よしよしッ!
可愛いですねぇ~、素晴らしいですねぇ~!(ムシゴロウ化)

ホクホクしながら席を立つ。
さてジェットカウンターに流すか・・・


・・・と思ったけど、ふと気が付く。


ちょっと待て俺!!
「この出玉を等価交換できる」って事で喜んでたけど、
それよりも 注目すべきは・・・この釘!!
この回る釘・・・つまり2.5円で調整された釘で、
等価プレイができてるって事だろ?
つまりコレ・・・めちゃくちゃオイシイぞ!!(汗)

時刻は8時。
普段なら絶対止めるべきだが、
これを等価と捉え、且つ この釘を考慮すると・・・
こりゃ もうちょっと打つべきだ!


という訳で、再び台に向き直り、回し始める。


~そして30分後~


サクッと1箱飲まれる。

ぐぁぁ、やっぱダメだ!
いや、全ツッパしたい気持ちは山々だけど、
今まで出玉がある状況でツッパして、
そこから増えたためしがないもんな!(汗)
やっぱ勝ちを拾うには、見切る事!!

という訳で、後ろ髪を引かれつつも、出玉を流す。
う~ん、中途半端に1箱減らしてしまったけど・・・
ジェットカウンターに映し出された玉数は、「11,365発」。

ええと、これを一発4円で計算すると・・・

よ、45,460円!?!?
うはっw、おいっしぃのぉぉ~~~!!!www


本日投資14.5K、(未)回収45.4K、収支+30.9K!(嬉)

 

さて今日は換金する必要はない。
いずれ等価になった時に、この貯玉を交換するのみ。ウヒ。
(情報くれた方、ホントにサンキュー!)

んでまぁスロとパチの残りパッキーを換金して帰るかと、
カウンターに向かった時だった。
ふと異変に気付く。


あれっ?


スロの残り4K入ってたカードが・・・


・・・無い(滝汗)


焦って背広のポケットからズボンのポケット、
更にはシャツのポケットから財布の中身まで確認するも、
どこにも入っていない。

ぎゃぁぁあ、何たるミス!! orz

ヘタレだけど それだけ慎重な性格だから、
今までこんな失敗した事ないのに!! orz

なんか一気にテンション下がって、トボトボと出口に向かう。
しかし・・・思いとどまり、再びカウンターに向かう。

えぇい、やっぱ4千円は痛すぎる。
ここはダメで元々、一応 店員に聞いてみよう!


俺「あのぅ、すみません。 パッキーカード無くしたんですけど・・・ orz」


店員に、事細かに状況を説明する。
「少々お待ち下さい」と言い残すと、店員はインカムでゴニョゴニョと喋り、どこかへ去っていった。

その場で5分ほど待つ。
気の遠くなりそうな5分間。
情けないやら恥ずかしいやらで、気が付きゃ全身汗まみれ。
くぅ~っ、やっぱ諦めて帰った方が良かったか・・・(汗)

5分後 戻ってきた店員に、再び状況を説明する。そして・・・


「もしかして、このカードですか?」


うぉぉお、それです! その金の斧こそ、私の落とした物です!!(涙)

聞けば沖海の通路に落ちてたのだとか。
パッキーには付箋が貼られており、「T村」と書いてある。
きっと心優しきT村という店員さんが、届けておいてくれたのだろう。

「ありがとうございます! 本当にすみませんでした!!」

深々と頭を下げて謝罪する。
という訳で、一時は諦めた4Kが返ってきました!
いやぁ~良かった。 ホント鴨スタの店員は素晴らしいなぁオイ!
これだから俺は、この店の養分なんだよチクショウ!!


・・・などと言いつつ、ちゃっかり玉は換金せずに帰る、
ヤらしい俺なのでした(照)

 

 

 

 

 

 

 

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|