藩国内における騒乱とその対応策について

藩国民の皆様に緊急のお知らせです。
現在、法官組織の乱れからくる一連の騒乱により、
藩国内で事件を起こす者の数が増えています。

藩国政府はこれに対処すべく、
藩国内安全保障特別法ならびにキノウツン国軍非常事態時行動規則に基づき非常事態宣言を発令。
藩国軍の動員をもって騒乱の鎮静化を図っています。

藩国民の皆様におかれましては、
騒乱が鎮静化するまでは一時的に外出等を極力控え、
食料供給その他の生活継続手段につき、藩国軍及び藩国警察の誘導に従っていただきますよう、
よろしくお願い申し上げます。

また、現在NW全域において帝國・共和国の区別なく、
法官組織の立て直しのための各種施策が行われております。
法権力の濫用から藩国民の皆様をお守りすべく、
キノウツン藩国においても、
有志法官による法秩序維持、及び増発された粗製法の無効化を図るべく、
新組織の結集を急ぎ進めております。

行動を規制し、自由を制限する法は確かに社会を形成する上である程度は必要です。
しかし、行き過ぎた規制は自由の持つ優れた部分をも殺してしまい、
やはり正常な社会を成立させないということを、
世界管理機構・管理番長に国権を奪われた経験を持つ私たちキノウツン藩国は、
他のどの国よりもよく存じております。
それゆえに、一刻も早い法秩序の回復を目指して精勤して参ります。

藩国民の皆様におかれましては、乱発される情報に踊らされることなく、
家族や友人、近所の人々とよく話し合い、落ち着いた行動を心がけるようにしてください。

藩国内の一部では、隣国であり、
私たちキノウツン藩国のかけがえのない友邦国であるフィーブル藩国に対し
犯罪行為を計画していることが囁かれています。

繰り返しますが、フィーブル藩国は私たちのかけがえのない友です。
皆様も、夢の剣騒動から復興をする際に、
フィーブル藩国民の方々にどれほど助けられたか、良く覚えていることと思います。
そして、私たちキノウツン藩国においては、
受けた恩義を仇で返すような不義は決して許されることではありません。

生活の困窮から、やむをえず犯罪に走ってしまう考えが生まれることもあるかもしれません。
しかしそれは私たち藩国政府の不徳のなすところであり、
その矛先を友人に向けるのは、やはり間違っています。
手を取り合える存在に対し、憎しみをぶつけ争うことがどのような悲劇を生むか、
ムラマサの悲劇を経験した皆様なら、きっと分かって下さると私たちは信じています。

そして何よりも、友人同士、話せば必ず分かりあえます。
今回の非常事態にあって、フィーブル藩国摂政戯言屋氏から
政府首脳部に「今回の危機を乗り切り、今後もより良い関係を築くために」
と、真っ先に打電をいただきました。
今後は政府レベルだけでなく、藩国民一人一人の対話・交流を進めていくことで、
北海島全体を両藩国民の皆様にとって住みよくしていけるよう、
両政府共に尽力して参りますので、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。


(草稿:キノウツン藩国政府一同)
(認可:藩王・キノウ=ツン、摂政・アシタスナオ、摂政・浅田)