藩国軍の編成と防衛戦(宇宙)について

藩国民の皆様にお知らせです。
既に皆様もご存知の通り、
現在オリオンアーム領域に向けて敵性勢力と思しき艦隊の侵攻が確認されています。
そして私達オリオンアーム領域の各国は
帝國・共和国の相互協力の下、
オリオンアーム領域防衛のための宇宙戦を行うべく昼夜を徹して準備を進めております。

大統領府からは本件に関し声明が発布されています。

私たちキノウツン藩国軍も、
私たちが生きるこの星を「守る」ための戦いに参加します。

皆様の中には「戦いは野蛮で、悪いことだ」「武器など持たずに話し合えば平和的に解決が出来る」
とお考えをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。
私たちも、戦わずに平和裏に解決が出来ればそれがどれほど望ましいか、
それがどれほど尊ぶべきことかは重々承知しております。

しかしながら、現実にはすでに帝國の「攻撃用ではない」観測施設が
敵性勢力の攻撃を受けております。
既に敵性勢力の攻撃は、始まっているのです。
このままただ無防備に全てを受け入れていたままでは、
私たちの生きる星、生活がなすすべも無く蹂躙されかねません。

よってまずは敵性勢力に対しオリオンアーム領域が交渉のテーブルにつくだけの力を持つこと、
このまま侵攻を続けることは得策ではないと判断させる為にも、
オリオンアーム全国が互いに協力し、この危機に立ち向かわなければなりません。

経済危機の影響も根強く残る中での戦闘となり
藩国民の皆様には多大なるご迷惑、ご不便をおかけすることとなり
誠に申し訳ございません。

一刻も早く皆様とともに「平和」な日常を取り戻すべく
藩国として精勤して参りますので、
どうかご理解とご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。



(草稿:比野青狸)
(承認:摂政・浅田、摂政・比野青狸)