V2Cwikiは移転しました



V2C公式サイト

  • V2C Top
  • V2C 使用法
Wiki Main Menu

  1. V2Cwiki Top
  2. 導入の手引
  3. よくある質問
  4. 使い方ガイド
  5. 機能設定ガイド
  6. 設定ファイル
  7. 外部コマンド
  8. レス表示スタイル
  9. アイコン
  10. Tips
  11. 企画
  12. その他
Twitter

  1. Twitterはじめに
  2. Twitterよくある質問
  3. Twitter使い方ガイド
  4. Twitter機能設定ガイド
  5. 設定ファイル
  6. Tweet表示スタイル
  7. TwitterTips
  8. Twitter企画
リンク


iurlrpl.txt


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

書きかけの項目です

目次

iurlrpl.txtとは

参照: V2C 使用法 「外部コマンド:スクリプト」 のiurlrpl.txt
iurlrpl.txtとは、画像ダウンロードURLをスクリプトで変更できるようにするものです。
iurlrpl.txtの文字コードはUTF-8です。

[TAB]URLにマッチする正規表現[TAB]スクリプト指定

仕様
  • iurlrpl.txtは保存用フォルダに作成してください。
  • [TAB]はタブコード
  • 最初の[TAB]の前は将来の拡張用
  • スクリプト指定は外部コマンドと同じ
  • "//"または";"で始まる行は無視されます。
  • 「ファイル」メニュー「再読み込み」→「ImageViewURLReplace.dat & iurlrpl.txt」で ImageViewURLReplace.dat と iurlrpl.txt の両方を再読み込みします。

設定方法

参考例
[TAB]はTabキーに置換してください。
; some.uploader のURLを supld.js で変更する例
[TAB]http://some\.uploader/\w+[TAB]$SCRIPT supld.js

ダウンロード

URL変更用スクリプト

スクリプトの保存場所はscriptフォルダです。
スクリプトの数が多くなりがちなので、scriptフォルダ内にサブフォルダを作成すると良いかもしれない。
参照: scriptの数が多く、フォルダ内がごった返しているので整理したい
URL変更用スクリプトではcheckURL(u,cx)を定義してください。
checkURL(u,cx)はImageViewURLReplace.datを適用する前に実行されます。
文字コードは UTF-8 です。

URL変更用スクリプトの例

▽User-Agentを変更する

function checkURL(u,cx) {
	cx.applyImageViewURLReplace = true;
	cx.setRequestProperty('User-Agent','Mozilla/5.0 (compatible)');
	return u;
}

▽ec.sod.co.jpのジャケット画像を表示

iurlrpl.txtの記述
[TAB]http://ec\.sod\.co\.jp/detail/.+[TAB]${SCRIPT:S} iurlrplTest.js //スクリプトの名前は適当に変更してください
以下をiurlrplTest.jsとしてUTF-8で作成し、scriptフォルダへ保存
function checkURL(u,cx) {
	//cx.applyImageViewURLReplace = true;
	hr = v2c.createHttpRequest(u);
	hr.setRequestProperty('User-Agent','Mozilla/5.0 (compatible)');
	hr.setRequestProperty('Cookie','ses_age=18;');
	ret_str = hr.getContentsAsString();
	if(hr.responseCode != 200){
		 return null;
	}else if(ret_str.match(/([^"']+_l\.jpg)/))
	{
		u = RegExp.$1;
	}
	cx.setRequestProperty('User-Agent','Mozilla/5.0 (compatible)');
	return u;
}

▽ヤフーニュース・ヘッドラインの記事から画像を表示する

iurlrpl.txtの記述
[TAB]http://headlines\.yahoo\.co\.jp/hl\?a=.+[TAB]$SCRIPT iurlrplTest.js //スクリプトの名前は適当に変更してください
以下をiurlrplTest.jsとしてUTF-8で作成し、scriptフォルダへ保存
function checkURL(u,cx) {
  cx.applyImageViewURLReplace = false;
  var s1 = v2c.readURL(u);
  if (s1 && s1.match('href="([^"]+?)">拡大写真')) {
    var s2 = v2c.readURL(RegExp.$1);
    if (s2 && s2.match('mainImage" src="([^"]+)"')) {
      u = RegExp.$1;
    }
  }
  return u;
}

▽twicsy.comの画像を表示

iurlrpl.txtの記述
[TAB]http://www\.twicsy\.com/i/\w+[TAB]$SCRIPT iurlrplTest.js //スクリプトの名前は適当に変更してください
以下をiurlrplTest.jsとしてUTF-8で作成し、scriptフォルダへ保存
function checkURL(u, cx) {
  cx.applyImageViewURLReplace = true;
  var s1 = v2c.readURL(u);
  if (s1 && s1.match('href="(http://yfrog\.com/\\w+)"')) {
    u = RegExp.$1;
  }
  return u;
}

添付ファイル