V2Cwikiは移転しました



V2C公式サイト

  • V2C Top
  • V2C 使用法
Wiki Main Menu

  1. V2Cwiki Top
  2. 導入の手引
  3. よくある質問
  4. 使い方ガイド
  5. 機能設定ガイド
  6. 設定ファイル
  7. 外部コマンド
  8. レス表示スタイル
  9. アイコン
  10. Tips
  11. 企画
  12. その他
Twitter

  1. Twitterはじめに
  2. Twitterよくある質問
  3. Twitter使い方ガイド
  4. Twitter機能設定ガイド
  5. 設定ファイル
  6. Tweet表示スタイル
  7. TwitterTips
  8. Twitter企画
リンク


導入の手引


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

目次

インストール

はじめに

V2CはJava言語で開発されたソフトウェアです。動作には JRE (Java言語で開発されたソフトウェアを実行するために必要なソフトウェアのセット。)が必要です。詳細については後述します。

ダウンロード

まずは本体をダウンロードしましょう。公式サイトの V2C Top で配布されています。

Windows編

「Windows用インストーラ」と「zipアーカイブ」

インストールは、「Windows用インストーラ」、もしくは「zipアーカイブ」、このどちらかのファイルを選択して行うことになります。基本的には「zipアーカイブ」によるインストールが推奨されていますが、PCに不慣れな方は「Windows用インストーラ」を利用して下さい。インストーラの指示に従い、インストールを行うことができます。

なお、「Windows用インストーラ」は、32bit版OSにしか対応していません。
64bit版OSを使用している方は「zipアーカイブ」を利用して下さい。
(参考: コンピューターで実行されている Windows オペレーティング システムが 32 ビット版か 64 ビット版かを確認する方法

「Windows用インストーラ」を使うデメリットとして、
  • Vista以降のOSでは、V2Cの自動アップデート機能が使えなくなる。
    (V2Cを管理者として実行する、もしくは UAC をオフにすることでこれを回避することができます。)
  • V2Cの一部のテスト版や人柱版バージョン( V2C本スレ で配布されます。)へアップデートすると、ファイル移動の際に管理者での実行を求められる。
などが挙げられます。

圧縮ファイル(zipファイル等)の解凍方法 ( 圧縮・解凍ソフト )がわかる方は、「zipアーカイブ」によるインストールをお勧めします。
「zipアーカイブ」を解凍することでできる"V2C"フォルダを、任意の場所("Program Files"には置かないで下さい。
結果としてインストール版と同じくUACの制限がかかることになります。)に置いて下さい。

JRE

「Windows用インストーラ」にはJREが同梱されており、「zipアーカイブ」にはJREが同梱されていません。
「Windows用インストーラ」を利用する場合は、この項目を無視してかまいません。
「zipアーカイブ」を利用する場合は、あらかじめ 「Oracle JREのダウンロード」 のリンク先からJREをインストールしておく必要があります。

リンク先の「無料Javaのダウンロード」からインストールして下さい。
すでにインストールしてあるかも?という方は ここ でチェックを。

※セキュリティ上の注意※
セキュリティ上の問題 のため、JRE6Update21およびそれ以前のJREを使用している場合は
JRE6Update22またはそれ以降のバージョンにアップデートしてください。
JRE同梱版のV2Cをインストールしている場合はv2.2.0のインストーラで上書きインストールすると
ログ・設定はそのままでJREをアップデートすることができます。
V2C Top より引用
現在インストールされているJavaのバージョンは ここ で確認できます。
Javaは常に最新版を利用するようにしてください。
2013年1月現在、既知の脆弱性が修正されていないため、ブラウザのJavaプラグインは無効化してください。
メジャーなブラウザでは自動的に無効化するようにはなっているようですが、念のために確認することをお勧めします。
確認、無効化方法がわからない場合はJREをアンインストールし、V2CはJRE同梱のインストーラ版を利用してください。
Javaを必要とするWEBサイトは非常に稀です。
独立したJREでV2Cを使用する(非公開JRE)
  • 効果
現在、WindowsにおけるWeb経由のウイルス感染はJavaの脆弱性を悪用したものが最多という調査結果もあります(出典: CSIS )。
そのような脆弱性に対してV2C側で何か対策を講じたい時に、ローカルで使うJavaアプリごとにJREを独立させると言うものが考えられます。
JREを非公開にすることによって、使用者が意図した場所のみでJavaが有効になります。従って独立したJREでV2Cを使用することはそれなりに意味があると言えるでしょう。
※ウィルスの感染ルートになりうるのはあくまでブラウザのアプレットプラグインであり、V2CのJREを独立させる"だけ"ではなんの意味もありません。
 最も重要なのはブラウザ用のプラグインを無効化することですが、念を入れるなら システムからJREをアンインストール してしまうか、最初からインストールしないという選択があります。
 この場合、V2Cのインストーラ版を利用することにセキュリティ的な価値を見出すことができます。
 また、何らかの理由でインストーラ版とは違うJavaのバージョンを使用したい場合、後述の方法で自家製の同梱版を作ることが可能です。
  • やり方
JREを非公開にする簡単な方法は こちら からインストーラ版をダウンロードし、インストールすることです。
以下は、インストーラー版を利用しない方法について記述します。

  1. こちら から*.tar.gzをダウンロードする。(JRE6は こちら
  2. \V2C\(保存用フォルダ)にjrewフォルダを作る。 \V2C\jrew (既に存在している場合はSKIP)
  3. 展開(解凍)したフォルダをそのまま、jrewフォルダに入れる。
  4. V2C\jrew\current.txtの中身をフォルダ名(「jre1.7.0_11」など)に書き換える。(current.txtが無い場合は新規に作成)
※Linuxの場合フォルダ名はjrewでなくjrelです。

上記の方法により、JREを非公開にすることができました。V2Cが使用しているJavaのバージョンを確認するには「ヘルプ」→「V2Cについて」より確認できます。
  • 備考
V2Cスレにおいて、しばしば独立したJREでV2Cを使用することを「カプセル化」すると表現されます。
Javaの脆弱性などに関する話題はV2Cスレで行うより、以下のスレッドで行った方がより良いと思われます。

初期設定

Windows用インストーラを使用した場合
まずはV2Cの起動です。
インストトール時に作成したショートカット、または"Program Files"フォルダ内の"V2C.exe"から起動することができます。

V2Cの初回起動では次のようなダイアログが現われます。
ここでは「はい」を選んで下さい。V2C保存用フォルダの場所は後で変更することができます。

「はい」を選んで下さい。

zipアーカイブを使用した場合
まずはV2Cの起動です。
32bit版OSであればフォルダの中にある"V2C.exe"を、64bit版OSであれば"V2C_x64.exe"を、実行することにより、V2Cを起動することができます。

V2Cの初回起動では次のようなダイアログが現われます。
ここでは「ランチャーのディレクトリ」を選んで下さい。設定は後で変更することができます。

「はい」を選んで下さい。

Mac編

書きかけの項目です。加筆、訂正募集中。

Linux編

書きかけの項目です。加筆、訂正募集中。
参照:
公式ページの説明
V2C 使用法 Linux
V2C 使用法 UNIX系

GUI操作のみで入れる方法(Ubuntu 12.04 32bit の場合)

Linux用インストーラ をダウンロードする。
※64bitOSの場合は別途JREをインストールする必要があります。

落とした V2C_2.9.1_Setup_Linux.bin などのファイルを
右クリック→プロパティ→アクセス権→プログラムとして実行可能 にチェック
Alt+Tを押してTerminalを起動する。

V2C_2.9.1_Setup_Linux.bin を Terminalウィンドウにドラッグ
'/home/ユーザ名/Downloads/V2C_2.9.1_Setup_Linux.bin' など表示されたらEnterして実行。
Install V2C with private JRE under directory "v2c" ? [y/n] と表示されたら y を押してEnter
Extracting files... と表示されホーム直下(/home/ユーザ名/)にv2cが解凍されます。

Create Desktop V2C Icon ? [y/n]  デスクトップにアイコンを作成して
そこからV2Cを起動したい場合は y 必要無ければ n を押してEnter

/home/ユーザ名/Desktop/V2C.desktop exists.
Overwrite it ? [y/n] 既にデスクトップにアイコンがある場合上書きするかどうか聞かれます。

デスクトップに出来たアイコンを右クリック→プロパティ→アクセス権→プログラムとして実行可能
にチェックを入れるとアイコンが②に変わり、ここから起動出来るようになります。

ユーザインターフェイス解説

+UI解説 を展開
原寸大画像ポップアップ
※画像はデフォルトのV2Cから、板一覧ツールバーの表示、各ツールバーの隠れているツールバーアイコンを表示、各ツールバーにツールバーボタンの追加、書き込み欄ツールバーに メモ選択 を追加、等の設定をしています。

メニューバー

参照: V2C 使用法 メインメニュー
V2Cの操作や設定の要。特に「設定」を使う頻度は非常に高いです。

Mainツールバー

左4つがツールバーアイコン、中3つがツールバーボタン、右がアドレスバーです。アイコンやボタンはデフォルトのV2Cから追加表示しています。このように、自由に変更することができます。Mainツールバーだけではなく、スレ一覧ツールバー、レス表示ツールバーも同様に柔軟なアイコンやボタンの設定ができます。アドレスバーには、スレ一覧に開かれている板や、レス表示欄に開かれているスレッドのURLが表示されています。

板一覧ツールバー

デフォルトでは表示されていません。

板一覧

参照: V2C 使用法 板一覧
参照: V2C 使用法 板一覧・お気に入り
掲示板の板をツリー表示します。「2ch」タブには2chの板が、「外部板」や「まちBBS」タブにはその他の掲示板が、「ユーザ定義板」タブには自分で追加した掲示板が、「RSS」タブにはRSSが、「お気に入り」タブにはお気に入りの板やスレッドを登録しておくことができます。また、「お気に入り」タブとして自分でタブをいくつでも追加することができます。板一覧は非表示にしてマウスオーバーでポップアップさせたり、別ウィンドウで開いたりと、柔軟に表示方法を変えることができます。

スレ一覧ツールバー

参照: V2C 使用法 スレッド一覧 の「ツールバー」
Mainツールバー同様、柔軟な設定ができます。右側のスレ一覧の絞り込み・検索入力欄ではスレ一覧の検索や、2ch全域からのスレッド検索等、任意の検索サイトを追加可能なWebスレッド検索が使えます。

スレ一覧

参照: V2C 使用法 スレッド一覧
板やお気に入りのスレッドを一覧表示します。カラムやソートは変更することができます。

レス表示ツールバー

参照: V2C 使用法 レス表示操作
Mainツールバー同様、柔軟な設定ができます。絞り込み・検索入力欄ではレス表示欄の検索や、Twitterの検索ができます。

レス表示欄

参照: V2C 使用法 レス表示操作
参照: V2C 使用法 スレッド表示
スレッドのレスを表示します。レス表示欄はカラムで分割することができます。例えば、二つに割って2chとTwitterの両方を見たり、三つに割ってTwitterクライアントとして利用することができます。

書き込み欄ツールバー

参照: V2C 使用法 書き込み
書き込みの際に、名前やメール、●やp2の設定をするところです。短文リストや、AAList.txtを用いている場合「名前」をクリックすることによりその内容をポップアップ表示することができます。「メモ選択」で書き込み欄にメモをとっておくとこができます。書き込み欄ツールバーの内容は、書き込み欄の下段に分割して表示することができます。

書き込み欄

V2C 使用法 書き込み
書き込みを行う欄です。右クリックから、短縮URLや、バグ報告用テンプレを使うことができます。本スレで環境依存の質問をする際は、バグ報告用テンプレの使用を推奨します。
書き込みは、書き込みウィンドウから行うこともできます。

ステータスバー

参照:ステータス表示
スレッドのステータス等を表示します。クリックで書き込み欄を表示することができます。

アイコン

+ポップアップメニュー(通称右クリック) を展開
通称右クリックこと、ポップアップメニュー。V2Cの操作の要を成すものです。
右クリックをする場所に応じてポップアップメニューが用意されており、その右クリックを出来る場所が相当な数にのぼります。
少々特殊なUIですが、慣れてくればかなりの機動力を発揮することができます。

板一覧とスレ一覧

板一覧とスレ一覧.JPG

レス表示欄Part1+書き込み欄

書き込み欄の「名前」のメニューは左クリックで出てきます。短文リスト(AAリスト)です。
レス表示欄Part1+書き込み欄.JPG

レス表示欄Part2

真ん中一番左のはチェック欄を表示し、その上で右クリック
レス表示欄Part2.JPG

※掲載されているものが全てではありません。

+ツールバーアイコン を展開

デフォルトのツールバー用アイコン一覧

基本ファイル名 通常 _R _D _S _RS _DS _P
オン・オフラインの切替 ToggleOnline
板一覧の表示のトグル ToggleTreePane
2⇔3ペインモードの切替 SwitchPaneMode
スレ一覧⇔レス表示の切替 SwitchRightPane
アドレスバーのURLを開く AddressBarOpen
板一覧の更新 GetBoardList
お気に入りタブの作成 CreateNewFavorite
タブを閉じる CloseTab
スレ一覧の更新 UpdateList
スレ一覧を元の状態に戻す ResetDisplay
タブ内の履歴を前へ戻る DisplayPaneHistoryBack
タブ内の履歴を次へ進む DisplayPaneHistoryForward
スレッドの更新 UpdateThread
レス表示を元の状態に戻す ResetThreadViewDisplay
グラフ表示⇔通常表示の切替 ToggleGraphMode
サムネイル表示⇔通常表示の切替 ToggleGalleryMode
書き込み欄を表示 OpenWritePanel
ローカルに保存したログを削除する DeleteLog
ログを削除してタブを閉じる CloseDeletingLog
書き込む PostMessage
書き込みプレビューの表示 ToggleWritePreview
ファイル読み込み ImportMessageFromFile


使い方基本編

  1. まずは、左側の板一覧から興味のある「板」を選択して下さい。
    スレ一覧に現在その板に立てられている「スレッド」の一覧が表示されます。
  2. 次にスレ一覧から読みたいスレッドを選択して下さい。
    これで、レス表示欄に読みたいスレッドの内容が表示されます。
  3. えんぴつの絵柄の茶色いアイコンをクリックすると、書き込み欄が表示されます。
    ここからスレッドに書き込みをすることができます。

機能設定基本編

配置

まずは、板一覧、スレ一覧、レス表示欄等のペインを、好みの配置に変更してみましょう。 V2C Top にある画像のように、自由に変更することができます。「メニューバー」の「表示」にペインの配置を変更する機能が集められているので、試してみて下さい。画像のTwitterのレイアウトに関しては、カラム のページを参照して下さい。

動作

思うような操作感が得られないが、まだ設定には不慣れだ、という方は、まずはタブとマウスの設定からはじめてみるとよいと思います。
参照: V2C 使用法 タブの設定
参照: V2C 使用法 マウス設定

基本機能設定

+基本機能 を展開

V2C Top V2Cの特徴 に紹介されている基本機能の使用・設定方法

※下記以外の方法で設定・表示出来るものもあります。

レス表示

グラフ表示によりスレッド全体の動きや重要な部分を視覚的に把握

レスに被参照回数やIDの(出現順/出現総数)を数値として表示

  • 被参照回数の表示
    「メニュー」→「設定」→「レス表示」→「被参照数」
  • IDの(出現順/出現総数)の表示
    「メニュー」→「設定」→「レス表示」→「ID出現数」

被参照回数やID出現数の多いレスを頻度順に表示・抽出

被参照回数によりレス番号を任意の段階でハイライト表示(IDも同様)

  • ハイライトのしきい値、文字色等の設定
    「メニュー」→「設定」→「レス表示」→「被参照数」「ID出現数」

自分が書き込んだレスに自動でラベル付け

自分の書き込みが新着レスから参照された時は音を再生&タブに表示

  • 同上 を見た上で、レスラベル設定の画面の画像を参照

参照レスのインライン展開

レスの本文にマーカーを引く(全マーカーを一覧表示)

  • マーカーを引く
    マーカーを引きたい箇所を反転選択→右クリック→「マーカーを引く」
  • 全マーカーの一覧表示
    「メニュー」→「スレ一覧」→「マーカー一覧」

レスに付箋(メモ)を貼る(全付箋を一覧表示)

  • 付箋を貼る
    「レス番号」右クリック→「付箋を貼る」 
  • 全付箋を一覧表示
    「メニュー」→「スレ一覧」→「付箋一覧」

アニメ番組表をハイライト表示

CSSに似た書式で柔軟な表示のカスタマイズ(レス表示スタイル)

スレッド毎にレス表示スタイルを設定

  • 同上

AAレスを通常のフォントとは別のAA用フォントで表示

名前欄のキーワードによって本文の上にアイコン画像を表示

  1. V2C保存用フォルダ内の"icon"フォルダ(無ければ作成)内の"avatar"フォルダ(無ければ作成)内にあらかじめ表示したい画像ファイルを置く。
  2. 「メニュー」→「非表示・キーワード」→「名前KW」でアイコンを表示したい人の登録、アイコン設定

Beのアイコン(sssp://~)を表示(GIFアニメも)

  • 「メニュー」→「設定」→「リンク・画像・動画」→「一般」→「Beアイコン」

同期再生機能でビデオの再生に合わせて実況ログを表示

定期巡回で最大20スレッドを約3日間1時間毎に更新

  • 「タブのスレ一覧」でのみ有効。
    「メニュー」→「スレ一覧」→「タブのスレ一覧」→「更新ボタン」右クリック→「定期巡回」をチェック
    色々と制限がありますので詳しくはマニュアルを。

モリタポでdat落ちスレッドを取得

画像

レス表示欄にスレッド内のサムネイル画像をまとめて表示

  • 「メニュー」→「スレッド」→「サムネイルモード」を選択すると表示されます。

JPEG画像のExif情報表示

  • 「画像ポップアップ」右クリック→「画像のプロパティ」

スレッド毎にデフォルトの画像保存フォルダを設定

  • 「メニュー」→「設定」→「リンク・画像・動画」→「画像保存フォルダ」

フルスクリーン表示可能な画像表示ウィンドウでスライドショー

  • 「レス表示欄」右クリック→「開く」→「画像表示ウィンドウ」でそのスレッドの既得画像を表示するウィンドウが開きます。また「メニュー」→「ウィンドウ」→「画像表示ウィンドウ」でも表示出来ます。

タブ

タブを左右に表示することでディスプレイ幅を有効に活用

  • 「メニュー」→「設定」→「タブ」→「タブの位置」で「板一覧」「スレ一覧」「レス表示」のタブ表示の位置を設定できます。

タブに表示するタイトルを任意に変更

  • タイトルを変えたいタブを右クリック→「設定」→「タイトルの設定」

タブにスレッドラベル・板・BBS・スレッド状態等の色を表示

スレ一覧

スレッドにラベルを設定

  • ラベルの設定
    「メニュー」→「設定」→「スレ一覧」→「スレッドラベル」
  • スレッドにラベルを付ける
    スレ一覧でラベルを付けたいスレッドを右クリック→「ラベル」

スレタイのキーワードをハイライト表示

  • 「メニュー」→「設定」→「スレタイ非表示・キーワード」

スレッドの勢いの値に応じてハイライト表示

  • 「メニュー」→「設定」→「スレ一覧」→「スレ速度」

Twitter

取得したTweetをキャッシュし、次回表示時に復元

  • 「メニュー」→「設定」→「Twitter」→「一般」→「キャッシュ読み込み」

複数アカウント登録

  • 「メニュー」→「設定」→「Twitter」→「アカウント」

TLを複数のカラムに分けて同時に表示

UserStreamによるリアルタイム更新

ユーザ毎に表示されるアイコン・名前・ユーザ名ハイライト・新着音を設定

  • Twitter「ユーザ名・名前欄」右クリック→「ユーザ設定」
Twitterクライアントとしての他の基本機能についてはTwitter基本機能を参照してください

その他

ログから検索で名前・ID・本文別の検索語や時間範囲の指定

  • 「メニュー」→「編集」→「ログから検索」(検索範囲:全体)
  • 「板一覧」→「カテゴリ」or「板」右クリック→「ログから検索」(検索範囲:カテゴリor板)
  • 「メニュー」→「スレ一覧」→「ログから検索」(検索範囲:スレ一覧)

ローカル板にレスのスクラップやメモ用のスレッドを作成可能

お気に入りタブを複数作成

  • 「メニュー」→「板一覧」からお気に入り表示させる。
    「ルートフォルダ(一番上の"お気に入り")」右クリック→「お気に入りタブの作成」
  • 「板一覧」→「板一覧ツールバー」の「+」ボタンクリック

お気に入りを定期的にチェックし、新着レスがあればメールを送る

  1. 「メニュー」→「設定」→「スレ一覧」→「メール」でメール送信先を設定
  2. 「お気に入り一覧」表示→「更新ボタン」右クリック→「自動更新チェック&メール」をチェック

p2.2ch.net経由の書き込み

スクリプトによる機能追加



+Twitter基本機能 を展開

Twitterの基本機能の使用・設定方法一覧

※下記以外の方法で設定・表示出来るものもあります。

V2C Top に紹介されている基本機能

基本機能の「Twitter」 を参照してください。

V2C 使用法 Twitter に紹介されているその他基本機能

UserStreamを使用したリアルタイムのTweet取得

取得したTweetをキャッシュし、次回表示時に復元

  • 「メニュー」→「設定」→「Twitter」→「一般」→キャッシュ読み込み件数の設定で、次回表示時に復元する件数を指定。

返信先Tweetのインライン表示

Tweetのタブ内振り分け

  1. 「タイムライン」上を右クリック→「振り分けボタンを表示」
  2. 「振り分けボタンを表示」上を右クリック→「新規」
  3. 「ユーザ名・名前欄」右クリック→「振り分けボタンで選択」

Twitter公式検索

  • 「レス表示絞り込み・検索入力欄」右クリック→「Twitter検索」
  • タイムライン上のテキストを選択し、右クリック→「Twitter検索」

複数アカウント登録

  • 「メニュー」→「設定」→「Twitter」→「アカウント」

本文キーワード着色(名前着色はできない)

本文による非表示(本文以外はできない)

インラインサムネイル画像表示

UserTimeLineの表示

  • タイムライン上のユーザ名をクリックする
  • アドレスバーにURLを記入し、開く
  • レス表示上に貼られたURLをクリックする

フォロー・アンフォロー

  • 「ユーザ名・名前欄」右クリック→「このユーザをフォロー」or「このユーザをアンフォロー」

お気に入りの追加・解除

  • 「ユーザ名・名前欄」右クリック→「お気に入りに追加」or「お気に入りを解除」

新着Tweetのポップアップ表示

  • 「メニュー」→「設定」→「Twitter」→「動作」

Twitpicへの画像投稿

  • 書き込み欄ツールバーのカメラマークをクリックして画像ファイルを選択するか、画像ファイルをカメラマークにDrag&Dropする

URL短縮(j.mp)

  • 書き込み欄にURLを記入後、「書き込み欄」上で右クリック→「URLを短縮(j.mp)」
    • アカウントを指定する
      「メニュー」→「設定」→「Twitter」→「アカウント」

短縮URL転送先のチェック

  • 短縮URL上をマウスオーバー



ここまで読み終わったら

V2Cの使い方の概要を知るには、使い方ガイドを参照して下さい。
V2Cwikiの Top に置いてある動画を見るのもよいかもしれません。
つまずきやすい問題は、よくある質問Twitterよくある質問にまとめられているので参考にして下さい。
本格的に設定をすすめたい方は、機能設定ガイドを参考にして下さい。

その他

V2Cのバージョンアップ

JREのバージョンアップ

アーカイブ版(JREなし)でインストールした場合

「Oracle JREのダウンロード」 から最新のJREに更新することができます。

インストーラ版(JRE同梱)でインストールした場合

最新リリース版V2Cのインストーラで上書きインストールするとログ・設定はそのままでJREをアップデートすることができます。
V2Cの次回リリースを待たず、最新のJREに更新することもできます。以下はその方法です。
JREだけの更新:Windows編
  1. V2Cを終了する。
  2. 新しいJRE(現在は6u24)をダウンロード・インストールする。
  3. V2Cインストールフォルダの jrew\jre6 を別の場所に移動する。
  4. C:\Program Files\Java\jre6 を V2Cインストールフォルダの jrew にコピーする。
  5. V2Cを起動して問題が無ければ2)で移動した jre6 を削除する。
  6. JREを他の用途に使用しない場合は1)でインストールしたJREをアンインストールする。
JREだけの更新:Linux編
  1. V2Cを終了する。
  2. 新しいJRE(現在は6u24)をダウンロード・インストールする。
  3. インストールした jre1.6.0_24 を V2Cインストールフォルダの jrel にコピーまたは移動する。
  4. V2Cインストールフォルダの jrel/current.txt の内容を jre1.6.0_24 に変更する。
  5. V2Cを起動して問題が無ければV2Cインストールフォルダの jrel/jre1.6.0_23 を削除する。
  6. JREを他の用途に使用しない場合は1)でインストールしたJREを削除する。

アンインストール