Crystel Engine @ウィキ

@wikiの基本構文


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

すぐに文法とか忘れるので、リファレンス作ってみました。

wikiの文法

ブログなどと同様に、通常は入力した文章がそのまま出力されます。
行頭や文中に特定の文字列を記述することで、装飾をしたりプラグインを使用したりできます。

改行

エンターキーで改行すれば、そこで改行されます。
行の途中で &br() と書けば、そこで強制的に改行されます。

段落

空白行があれば、そこで段落が分かれます。

段落1段落1段落1段落1段落1段落1段落1段落1段落1段落1段落1段落1
段落1段落1段落1段落1段落1段落強調1段落1段落1段落1段落1段落1
段落1段落1段落1段落1段落1段落1段落1段落1段落1段落1段落1段落1

段落2段落2段落2段落2段落2段落2段落2段落2段落2段落2段落2段落2
段落2段落2段落2段落2段落2段落2段落2段落2段落2段落2段落2段落2
段落2段落2段落2段落2段落2段落2段落2段落2段落2段落2段落2段落2

見出し

行頭に * または * を付けると、見出しになります。
数が増えるほど小さい見出しになります。
見出しは #contents() プラグインを使用したときにリストアップされるので使用を推奨します。

大見出し

中見出し

小見出し


引用文

行頭に > を付けると引用文になります。
入れ子にできます。
階層1
階層2
階層3
階層4


整形済みテキスト

行頭に半角スペースを付けると、整形済みテキストとして扱われます。
プラグイン等の記述も、全て文字列として出力されます。
たとえばwikiの文法の記入例を書く時に使用します。

※参考 引用文と整形済みテキストの違い
こちらは引用文です。
プラグインや文字装飾が有効です。
こちらは整形済みテキストです。&br()プラグインや''文字装飾''が無効です。

リスト

番号なしリスト

-項目
・項目
行頭に - または ・ を付けると番号なしリストです。
3階層まで入れ子にできます。
  • 項目1
    • 項目1-1
      • 項目1-1-1
      • 項目1-1-2
        リスト内で改行したいときは、
        を使います。
      • 項目1-1-3
    • 項目1-2
    • 項目1-3
  • 項目2
  • 項目3

番号ありリスト

+項目
行頭に + を付けると番号ありリストです。
3階層まで入れ子にできます。
  1. 項目1
    1. 項目1-1
      1. 項目1-1-1
      2. 目1-1-2
      3. 項目1-1-3
    2. 項目1-2
    3. 項目1-3
  2. 項目2
  3. 項目3


用語と解説(定義語と定義文)

:用語|解説
行頭に : を付け | で区切ると用語と解説を記述できます。

用語1
いろいろ書いた解説文1
空白行がなければ、解説文内で改行してもOK
用語2
いろいろ書いた解説文2
「|」の直後で改行しても大丈夫
用語3
いろいろ書いた解説文3


水平線

----
行頭で - を4つ以上書くと、水平線になります。




文字装飾

強調

''強調''
&b(){強調}
&bold(){強調}
強調
強調
強調

イタリック

'''イタリック'''
&italic(){斜体}
イタリック
斜体

取消線

%%取り消し線%%
&del(){取り消し線}
&strike(){取り消し線}
取り消し線
取り消し線
取り消し線

アンダーライン

&underline(){アンダーライン}
&u(){アンダーライン}
アンダーライン アンダーライン

下付き文字、上付き文字

&sub(){下付き文字}
&sup(){上付き文字}
通常テキスト 下付き文字
通常テキスト 上付き文字

フォントサイズ(相対値)

&sizex(サイズ){大きさを変える文字列}
7が最大、4が標準、1が最小です。
他のインライン要素を加えることもできます。

大きな文字列をイタリックに
小さい文字列に打ち消し線

文字色・背景色

&color(文字色){色を変える文字列}
&color(文字色,背景色){文字色・背景色を変える文字列}
&color(,背景色){背景色を変える文字列}
&bgcolor(背景色){背景色を変える文字列}
色は色名や、16進法のコードで指定できます。
他のインライン要素を加えることもできます。

赤くて大きい文字列
青い文字列をイタリックに
背景はオレンジで、茶色い文字列
背景を黄色にする

中央寄せ、右寄せ

#center(){中央寄せ}
#center(){{{
 複数行を中央寄せ
}}}
後者の方法だと、他のwiki構文やプラグインを記述することもできます。

#right(){右寄せ}
#right(){{{
 複数行を右寄せ
}}}
後者の方法だと、他のwiki構文やプラグインを記述することもできます。


リンク

通常(URL、メールアドレス等)

外部のURLやメールアドレスは、そのまま記述すれば自動的にリンクが貼られます。
サーバが異なるURLには矢印のアイコンがつきます。

サイト内でのリンク

[[トップページ]]
サイト内のリンクは、上記のようにページ名を記述すればリンクが張られます。
ページがなくても自動的にリンクが貼られますので、新しくページを作る方法が分からない場合は既存のページにこの方法で新しいページへのリンクを作り、リンクを辿って編集してください。

任意の文字列にリンクを貼る

[[リンクを張る文字列>http://www39.atwiki.jp/crystel/]]
[[リンクを張る文字列>トップページ]]
ここをクリックでトップページに移動
このように記述すれば、任意の文字列にリンクを張ることができます。


表組み

| インライン要素 | インライン要素 |
行頭から | でインライン要素を区切ることで表組みになります。

インライン要素のはじめに以下の記述をすることで、各セルごとに表示を変えることができます。
BGCOLOR(色指定):
COLOR(色指定):
SIZE(サイズ指定):
LEFT:
CENTER:
RIGHT:
TOP:
MIDDLE:
BOTTOM:
> ※右のセルと結合
~ ※上のセルと結合
細かいパラメータはhttp://www1.atwiki.jp/guide/pages/915.htmlを参考にしてください。

|>|SIZE(30):aaa|COLOR(red):bbb|
|BGCOLOR(blue):ccc|ddd|~|
aaa bbb
ccc ddd


画像表示

#image(画像のURLまたはアップロード画像ファイル名)
#ref(画像のURLまたはアップロード画像ファイル名)
#ref(アップロード画像ファイル名,画像がアップロードされているページ名)
 ※他のページにアップされている画像を読み込む場合
&blankimg(画像のURLまたはアップロード画像ファイル名)
 ※サムネイル表示する場合
細かいパラメータはhttp://www1.atwiki.jp/guide/pages/935.htmlを参考にしてください。


コメントアウト

//コメントアウト
#co(){コメントアウト}
#co(){{
 複数行をコメントアウト
}}
ソースの中にコメントを残したい場合に使用します。
コメントアウトされた部分は、ブラウザ上には表示されませんがソース内には記述されます。

管理に便利なプラグイン等

目次作成

#contents()
オプションなしで記述した場合、そのページ内の見出しを抽出して自動的に目次を作成します。
このページの一番上を参考。

未作成ページ一覧

#yetlist()
リンクは作ってあるけれど存在していないページの、一覧が表示されます。
未作成ページ一覧をご覧ください。

アップロードファイルをもつページ一覧


編集履歴(バックアップ)のあるページ一覧


表示・非表示

PCでのみ表示

&pc(){パソコンでのみ表示}
#pc(){{{
 パソコンのみ表示(複数行対応)
}}}
あなたはこのwikiに、パソコンからアクセスされていますね?
この部分は、パソコンでアクセスしたときだけ表示されます。

携帯でのみ表示

&mobile(){携帯でのみ表示}
#mobile(){{{
 モバイルのみ表示(複数行対応)
}}}

履歴

取得中です。