※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Acetonide (アセトニド)

詳しい本
Greene's PROTECTIVE GROUPS in ORGANIC SYNTHESIS p.306

 アセタール系の保護基で,2つの水酸基を同時に保護できる橋架け型の保護基。

 アセタール系の保護基の特徴は,酸で簡単に外せると言う点である。
それはつまり酸に弱いと言う事を示しており,ほとんどの酸条件にもたない。
しかしながら,酸以外のほとんど全ての条件に耐えるという頑丈さが持ち味。

 アセトニド基の最大の特徴は,1,3-ジオールを保護した際に,
ジオールの立体化学を決定できる と言う点である。
この手法については,別項にて記載する。

  • 保護基の反応性 (◎:反応する ○:反応性がある ×:反応しない △:特殊な反応をする)
塩基 酸化 還元 求核剤 ヒドリド
0.1 N HCl (pH 1) 0.1 N NaOH (pH 12) CrO3, Py H2, Pd RLi LAH 150 ℃
× × × × × ×


実験プロトコル


保護

Me2C(OMe)2, PPTS (未投稿), acetone, rt, 1 h.


 ごく弱い酸性条件でアセトニド化が進行する。試薬が水と反応してアセトンとメタノールになるため,水が存在したとしても系内からどんどん除かれていく。従って,過度に水の混入を心配する必要はない。

弱い酸性 禁水

  • 試薬
試薬 当量
1,3-ジオール SM 1.0
アセトンジメチルアセタール Me2C(OMe)2 excess
ピリジニウムp-トルエンスルホナート PPTS (未投稿) cat.
dry acetone 0.5 M

  • 実験
 ナスフラスコ
   │
   │← SM
   │←バー, N2置換
   │←dry acetone
   │←Me2C(OMe)2
   │←PPTS (未投稿)
   │rt, 1 h
   │
   │←sat. NaHCO3 aq.
   │
   │Ext. (EtOAc)
   │Wash. (brine)
   │Dring (Na2SO4)
   │Conc.
   │
   │Column
   ↓
 アセトニド


○脱保護
Brenady, K. F. et al. J. Org. Chem. 1979, 44, 1438.

酸性

acetone, PPTS

Tips