※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

孤島症候群 ◆a.Db6/XzHU



 さて――どうするかな。

 目の前の肉塊から目を逸らし、ゆっくりと辺りを見回しながらこれからの行動指針を思考する。
 もう、人を殺す事には躊躇いを持たない。持つ必要なんて、無い。
 ハルヒや、妹、SOS団のメンバー、それに朝倉。皆で元の――あの馬鹿騒ぎをして楽しんだあの日だまりの日常へと帰還する。
 俺は、そのたった一つの事だけを考えて行動すれば良い。

 まず必要なのは、情報統合思念体を満足させる事。
 ハルヒと親しくなった奴を殺し、その時のハルヒの感情のうねりを、大規模な情報爆発とやらを見せ付ける。
 どうなるかはわからん……が、一度朝倉に襲われた時、朝倉は言っていた。

 あいつは――ハルヒは“人類、ひいては情報統合思念体にとっての、自立進化の鍵となる”

 つまり、あいつら情報統合思念体にとって、多大な観測結果を献上する事が出来る。
 そうすれば、あいつらは目的を終える。
 よって俺達は解放される筈だ!!

 なんて、こんなのは希望的観測100%の考えに過ぎないってのはそこらの小学生でもわかるこった。
 少し考えるだけで否定条件がすらすらと浮かんできやがる。
 情報統合思念体の望みとやらがこれだけとは限らないんじゃないのか? ハルヒの世界を思うままに改変する能力はどうなる? わざわざこんな大掛かりな仕掛けを用意した理由は? 長門の横にいたあのおっさんは誰なんだ? 
 とまあ、こんなことをうだうだ愚痴ってても無駄に疲れるだけだってのもわかってる。

 とりあえずもう一つは、俺達以外の参加者の殲滅。
 あの銀髪の少年が……カヲル君とか呼ばれてた少年がオレンジ色の液体にされたあの空間。
 あの空間には俺の常識の――SOS団に巻き込まれるうちに許容範囲がいたく広まった俺の常識を遥かに超えた化け物達が居た。

 人とかけ離れた鼠色で巨躯の化け物

 手足が無く、一本足と巨大な顔の化け物

 頭には頭巾、口元をマスクで隠す、その姿はまるで忍者のような蛙の化け物

 ……付き合いきれん。
 ざっと頭に浮かんできただけでもこんな化け物達が居る空間で、ただの小学生の女の子が、使えもしない能力を持つ超能力者が、臆病な未来人が、常識と呼ばれるものを持っているが欠片も使おうとしない女子高生が、生き残れるわけないだろう!
 故に必要なのは、殲滅だ。

 普段ならこんな台詞口に出すのも恥ずかしい……だが、これ程ぴったりくる言葉は不幸にして俺の頭には浮かんでこなかったんだ。


 行動の指針は決まった。
 だが具体的にはどうする?
 デイバッグから地図を取り出して確認してみるが、まずどこに向かうか、それが中々決まらない。

 ルートは二つ。

 南に向かって進み、遊園地もしくは温泉を目指すルート。
 もう一つは東、倉庫群や図書館、中・高等学校に警察署、ホテル、公民館、海の家、デパート。
 と続くルート。

 どうするかな。
 南のルートには遊園地があり、人は集まりそうだ。
 温泉も同じ、この二つには善悪問わず人が集まりそうな気もする、がこの閉鎖的な空間。
 しかも殺し合いを強要されている状況で、わざわざこんな目立つところに集まろうとするか?
 のこのこ集まってくるとすれば、それは状況把握もできないお馬鹿さんか、自分の力によっぽど自信がある奴だ。

 どちらとも――特に後者は確実に殺しておきたい存在だ。
 力を持つという事はそれだけあっさりと人が殺せるって事だ……今の俺のように。
 善悪は置いといても、力の強い奴はなるべく早くに殺しておきたい。
 ……ハハっ、我ながらぶっ壊れた台詞だな。
 笑えない。

 逆に東のルート。
 南に負けずこちらも人が集まりそうなルートだ。
 力の無いただの一般人は警察署に助けを求めに行くだろうし、何か使えそうな道具を求めに行く奴
は倉庫郡や学校、公民館やデパートに向かうかもしれん。
 ハルヒのような緊迫感の無い奴は……おそらく海の家に向かうだろうな。
 こちらも南と一緒だ。
 力ない者を助けるヒーロー、力を持った馬鹿、狡く生き延びようとする者。
 どんな奴が集まっても不思議じゃない。
 と、言うかこんな事を考え始めたらきりがない。

 どちらの道を選んでもそれぞれメリットはある。
 もとより、参加者を殲滅すると決めた以上どちらのルートにも向かわなくてはならない。

 さて――どうするかな。

【B-2 学校/一日目・未明】
【名前】キョン@涼宮ハルヒの憂鬱
【状態】健康、0号ガイバー状態、返り血に塗れている
【持ち物】金属バット@現実、ディパック(支給品一式×2、不明支給品1~2)
【思考】
1:すまんが皆殺させてもらう。
2:南と東、どっちへ向かうかな
3:ハルヒと親しくなった奴は殺す。
4:皆で元の世界に帰りたい。


時系列順で読む

投下順で読む


0号ガイバーの憂鬱 キョン 強殖装甲リリカルシスター




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー