※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

役職と勝利条件>Werewolf(人狼)


  このページでは役職別の基礎的な知識、勝利条件などを紹介していきます。

■人狼(Werewolf)

【画面t-1】 人狼の昼画面

勝利条件

  【村人側の勝利】人狼と吸血鬼の全滅、さらに降霊術者がいない場合はゾンビより多いこと。
  【人狼勝利条件】吸血鬼死亡、村人側(+「狂信者」)と同数以上。
  (降霊術者が生存の場合、村人側(+「狂信者」+「ゾンビ」)と同数以上)
  【狂信者勝利条件】人狼の勝利。
  【ゾンビ勝利条件】人狼と吸血鬼の全滅、降霊術者死亡で村人側と同数以上。
   (降霊術者が生存の場合、村人側と同数以上でも負けになります)
  【吸血鬼勝利条件】最後まで生存。
  • 降霊術者はゾンビ(屍)を支配する力を持っていますので、降霊術者の生存中は【村人の数+屍の数】で村人側としてカウントすることが出来ます。
  • ※例1【村2人(内降霊術者生存)+屍1人】VS【狼2】だと、村側3狼2となって狼は勝利条件を満たせず、村はまだ負けません。
  • ※例1【村2人(内降霊術者死亡)+屍1人】VS【狼2】だと、屍は村側にカウントできないので狼に負けてしまいます。
  • ※例3【村2人(内降霊術者死亡)】VS【屍2人】VS【狼0】だと、屍は村側にはカウントできず、屍に負けてしまいます。
  • ※例4【村2人(内降霊術者生存)】VS【屍2人】VS【狼0】だと、屍は村側にはカウントされます。村側4名、狼0の村側勝利です。

特殊能力・出現条件

  ・夜の間に他の人狼と相談して、対象の村人ひとりを殺害できます。
  ・屍と吸血鬼は、殺害できません。
  ・自分以外の人狼と狂信者がだれであるか知ることができます。
  ・他の人狼と狂信者の独り言を見ることが出来ます。
    アナタはその強力な力で村人を食い殺すのです。
   ▼必ず1名ゲームに登場します。
   ▼プレイヤー8人以上で2名登場。
   ▼プレイヤー16人以上で3名登場。
          ・参加人数による詳しい割り当てはルール>役職配分表参照。

■人狼の役職別コマンド【噛む(殺害)】


【画面t-2】 人狼の夜画面(ターゲット指示後の状態)
・人狼の夜の間の『行動』コマンド
【画面H】 ターゲット指示前 【画面I】 ターゲット指示後

【画面H】,【画面I】◆夜の間の『行動内容』コマンド 『人狼』の場合}

【画面H】 遠吠え
[発言内容]
夜の間に狼同士での会話が可能です。夜は人狼の『遠吠え』発言で時間が過ぎていきます。
【画面H】の【遠吠え】を選んで【画面E】 『発言内容』に入力、確定で遠吠えできます。
遠吠えは人狼と狂信者以外には内容はわかりません。
ターゲット
[行動対象]
【画面H】から【ターゲット】を選び、【画面E】の「行動対象」より『噛む(殺害)』村人を選択、
実行します。(この状態では決定となりません)
【画面I】 ターゲット
確定
【ターゲット】を指定すると【画面I】に移り【ターゲット確定】と【ターゲット取消】の、
2つのコマンドが出てきます。
【ターゲット確定】を選び確定すると噛み先が決定されます。
(この後にターゲット変更はできません。)
【ターゲット取消】をすれば前の【画面H】に戻ります。
この後に再度ターゲットを行うことができます。
人狼のターゲット指示は夜しか出来ず、夜明けには【確定】しなければなりません。
ターゲット
取消
他のコマンドの使い方は【【画面F】夜の間の『行動内容』コマンド】と同じになります。
  • 司祭・騎士・人狼は夜明けにずっとターゲットを確定していないと、 ウイルス発症 することがあるので、早めに指定しましょう。
    (詳しくはMVの基本知識②-ターゲットを確定しない場合のウイルス発生
  • 特に、『人狼・狂信者』以外の役職は、基本的に夜すべきことは殆ど無いので、人狼が夜を明かすのを待っています。
    他プレイヤーの事を思いやり早目に夜明けを迎えるように心掛けましょう。


基本的な作戦

誤解の多いところですが、 人狼は信用第一です。 狼は、何もしなくてもいつかは占いなどで追い詰められる可能性も高いのです。
狼有利に見える発言は避け、『村人ならここでどう動くか』を常に頭の隅において、狼を探す姿勢を見せ村に貢献するように心掛けましょう。
(しかし、作戦として有利なものだと自信があるなら、仲間と相談しながら好きなように動いて構わないでしょう。)
人狼は『村人だと見せかける』必要があります。どのような姿勢が村人らしいか、というのはもしあなたが『村人』経験者ならば、その時の言動を思い出すのが一番早いでしょう。基本的に『余裕がある態度』『楽しそう』『真面目だけど狼探しには積極的』『言動にぶれが無い』人は、村側に見られ易いようです。

騙り』と『潜伏

人狼は『騙り』に出る場合と『潜伏』に出る場合があります。基本的には人狼側の仲間のうち、『人狼』『狂信者』から、それぞれの経験・得意な分野・やってみたい作戦などから相談の上、一人は『司祭騙り』に出す場合が多くなります。
『司祭騙り』は人狼・狂信者、どちらが騙る場合も有利不利な点があります。
※但し、村側は『司祭は初日自分の両隣のどちらかを占い(リンク先参照)、2日目占い結果と共に第一声CO』という作戦を取ることが多くなります。
この場合、『初日から仲間狼が占われていた』『初日から呪殺 があり、死体が二つになった』場合などは、占われた狼や死体の隣りにいる仲間が司祭COせざるを得ない場合もあります。(これはあくまで『基本的な作戦』です)

人狼が騙った場合…
  • 【有利】相手司祭とどちらが真か分からない内は、取り敢えず村側からは吊り難い存在になります。更に『占い範囲はから』選ばれることが多いので、狼が占われる危険が減ります。
  • 【不利】但し、司祭を噛めずに真証明されてしまった場合、その後すぐに吊られる可能性が非常に高くなります。
狂信者が騙った場合…
  • 【有利】基本的に狂信者側は『死んでも狼を庇えれば勝利に持ち込む』ことが出来ます。
    偽司祭だとばれて吊られてしまっても『狼陣営』としては生き残りを図れますし、降霊判定も『村人』です。騙り狂信者を噛む事により真司祭の信用を落とす事も可能です。
  • 【不利】基本的には他の狼は皆潜伏になる場合が多いので、占い対象に上がる確率が上がります。

狼陣営が勝利するには

狼陣営が勝利する条件は、 一人だけでもいいから最後まで狼が生き残っていることです。
  • 疑われても最後まで諦めないこと。必要なら仲間を切り捨てるのをためらわないことが大切です。
  • 『狼はエンターテイナー』だという偉大な言葉があります。狼が人を騙すのを恐れず、狼でいることを楽しんで騙して人を楽しませればあなたは勝利に大きく近づくでしょう。