※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Nord Stream Pipeline -Disaster- ◆5xPP7aGpCE



『惣流・アスカ・ラングレー』

クォーター、14歳で大学を卒業した天才少女、EVA弐号機パイロット―――その本質は寂しがりの少女。
彼女はなのはとヴィヴィオの再開に強く嫌悪した。

「何化け物同士の再会なんて見なくちゃならないのよ! 二人共死んでればいいのにっ!」

―――ソレハ嫉妬?
バッカじゃないの? 何でアタシが妬むのよ! 今だってママが見ていてくれるのよ!

否定、しかしドス黒い気持ちは一向に止まらず込み上げてくる。
なのはもイヤ! ヴィヴィオもイヤ! 化け物はイヤ! いこれ以上ここに居るのはイヤ! 全部イヤッ!! 

求めたものは一つも無かった、それどころか化け物同士の争いで命まで危うい。
全てが上手くいかない激情にかられながらもアスカは破壊の続く街を出ようとした。

また爆発が起こる。
最初は遠かったのに今度は近い、衝撃に吹き飛ばされて大通りを転がる。
背中に激痛を感じてアスカは呻いた。

この時彼女は気付かなかった。
開いたディバックの口から荷物が一つ飛び出してしまった事を。

円形をしていたそれは慣性でコロコロと持ち主を置き去りにして進んでゆく。
無人の大通りを転がるもの、それはかってヴィヴィオの保護を引き受けた対価として得たガイバーユニット。
少女はその価値を知らない、この場に価値を知る者は―――居る。



       ※       ※       ※



アプトムは再開劇をなど関心を惹かれなかった。
ネブラの知人との事だが自分には関わりの無い相手、彼女らがどうなろうが興味は無い。

破壊される街でアプトムが待つのは深町の到着。
深町は仲間の仇、そして自らが求める力の持ち主。

ユニットガイバー、強大な力を与えてくれる降臨者の遺産。
それは損傷実験体としての運命から男を解放してくれるかもしれぬ。

従って通りを逃げるアスカなど眼中に無かった。
しかし状況は一変した、ディバッグから転がった物体は間違いなく男の探し物。
アプトムに驚愕の表情が浮かぶ。

危険を度外視して飛び出した、あれにはそれだけの価値が有る。
姿を表わした一人の男、舞台は次のステージへと移る。



       ※       ※       ※



ズーマもまたそれを見ていた。
最初は母子が再会した隙を狙うつもりだった、しかし強者の介入で新たな機会を窺う事にした。
彼はユニットの価値を知らぬ、しかし魔変化の男が駆けるのを見て気付く。

”あれにはそれ程の価値がある”

魔変化の男に呪文を放つ、殺せずとも足止めが出来ればよい。
氷結弾(フリーズ・ブリッド)を放ってズーマが横入りする。



       ※       ※       ※



第一撃は最も高速で放てるバイオブラスター。
第二撃は速度が劣る生体ミサイル。

二段構えの攻撃でも安心は出来ぬ、避けられた事を前提に範囲を広げた第三撃をゼクトールは実行した。
上空より俯瞰する中爆煙が次第に晴れる、メインストリートを駆ける複数の人物が彼の眼に写る。

アスカ、ズーマ、或いは他の人物も彼の眼には入ったかもしれないが意識したのは唯一人。
全てを犠牲にして追い続けた仇の姿、どんなに遠くとも気付かぬ筈が無い。

「アプトムーーーーッッ!!」

ゼクトールは、吼えた。


―――全てはこの時の為に。



       ※       ※       ※



第一幕の主役がなのはとヴィヴィオとしたら第二幕は誰になるのだろう。
今は解らぬ、答えは舞台の流れのままに。

アプトムは突然の攻撃を寸前で避けた。
だが着弾の余波を完全には逃れられなかった。

呪文は文字通りネブラごとアプトムの半身を氷結させる。
硬直した身体は動かす事もままならず勢いのまま転倒させられる。

その隙にズーマが転がるユニットを持ち去った。
アプトムはそれを追うべく立ち上がる。

だがそれは果たせぬ、眼前に舗装を叩き割って着陸した一人の復讐者がアプトムを阻む。
拳が唸る。
超速度の打撃がアプトムの腹部へと打ち込まれた。



「どうしたアプトム? この程度で俺達の無念が償えるとでも思っているのか?」

ゼクトールはあまりにも手ごたえの無いアプトムに更に怒りを滲ませる。
全力の奴を打ち破ってこそ復讐もより大きな価値を持つ。
なのにどうだ、ただの一撃で瓦礫の中へ吹き飛ぶとは。

その瓦礫をミサイルで爆破する。
吹き飛んだ瓦礫に紛れて一匹の獣化兵が頭上から襲い掛かる。
振りかぶった鉄骨を復讐者の頭上へと叩きつける。

「何だそれは?」

鉄骨はその重量を全てゼクトールに与えていた。
その結果はこの通り、無傷の復讐者の足元に飴細工の如く曲がった鉄骨が落下する。

復讐者の腕が伸びる、獣化兵の顔面を片手で掴んで持ち上げる。
獣化兵が触手を伸ばして抵抗する、しかし復讐者は電撃でその触手を打ち払う。

「……お前は本当にアプトムか? まあいい、ここで死ね」

人違いなど有り得ない、決着を付けようとその腕に力を込める。
全てはその後で考えれば良い。


あと数秒で男の復讐は終わりを告げる、その筈であった。
だがさらに舞台は動く、呪詛の言葉を吐きながら去ってゆく少女には誰も注目する事無く。



       ※       ※       ※



―――何だ? 一体何が起こった?


俺は後少しで仲間の無念を晴らせる筈、なのに何故腕先が存在しないのだ?
見下ろせば瓦礫を無様に転がり落ちるアプトムの姿、奴の仕業か? 

―――違う。

俺は突然の衝撃に横へと吹き飛ばされた。
身体を焼く灼熱の炎、何者かが寸前で俺を邪魔したと理解する。

離れて一人立つ男が居た。
クロノスに所属していれば知らぬ者はいない。
だが、奴は俺も仲間も直接に会った事は無い。

―――黄色の、”ガイバー”

聞いた事は有るが既に消失した筈のガイバーⅡか?
ようやくアプトムを殺せる筈だったのだ、邪魔をする奴は排除するのみ!

「空断壁(エア・ヴァルム)」

十近いミサイルが奴に触れる事無く爆発した、そして現れる無傷のガイバー。獣神将並にバリヤーまで使いこなすとは!
立っていたガイバーⅡが動く―――速い!
合わせたビームが素通りした、残像か! しかも俺の装甲が真一文字に断ち切られただと!?

「奴は俺の獲物だ、横取りは許さん」

―――何だと!?

言葉と共に続け様に傷を負わせられた、そして奴が距離を取る。
俺の腕を切ったのはあの高周波ソードという事か、しかも相当な手練れ!
だが、俺もそれだけは譲れん!

ミサイルの斉射と同時に俺は飛翔してガイバーから離脱する、何も奴と潰しあう理由は無い。
ビルの谷間を飛行して一気に距離を稼ぐ、空を飛ぶ事にかけては俺の方が上の筈!
引き離したかと振り向くと奴は腕を胸に掛けていた―――来る!

メガ・スマッシャー、ガイバー最大の攻撃手段。
寸前で避けた俺が見たのは海の彼方までこそげ取られる地上の姿、全てを圧倒する粒子のランス。
狙いは正確だった、再調整を受ける前の俺であれば直撃されていたかもしれん。

―――海が割れた、だと!?

しかも俺の知る二人のガイバーのスマッシャーより威力は上!
装甲と羽が焼損し高度が保てん、掠めただけでこれ程のダメージを受けるとは。
止むをえん、一度ビルの残骸に退避する。

―――追撃は無しか、言葉通りアプトムを先に殺すという事か?

瓦礫の上に降り立った俺にふつふつと怒りが湧いていた。
後少しで仇が討てる筈だった、それを横から現れて許さん、だと!?

確かに奴は強い、しかしこのままでは済まさん!



―――アプトムを殺すのは、俺だ




【B-5 市街地/一日目・夕方】



【ネオ・ゼクトール@強殖装甲ガイバー】
【状態】疲労(中)、ダメージ(中)、ミサイル消費(中)、羽にダメージ(飛行に影響有り)、右腕の先を欠損(再生中)
【持ち物】ディパック(支給品一式)、黄金のマスク型ブロジェクター@キン肉マン、
不明支給品0~1、ストラーダ(修復中)@魔法少女リリカルなのはStrikerS
【思考】
0、アプトムを探し出して殺す。
1、ズーマ(名前は知らない)に対処する。
2、1と火種をあまり増やさないために、小僧(冬月)を殺す。
3、正義超人、高町なのはと出会ったら悪魔将軍が湖のリングで待っているとの伝言を伝える。ただし無理はしない。
4、機会があれば服を手に入れる(可能なら検討する程度)。
5、ヴィヴィオに会っても手出ししない?
6、アプトムを倒した後は悪魔将軍ともう一度会ってみる?


【備考】
※キン肉スグル、ウォーズマン、高町なのはの特徴を聞きました。(強者と認識)
※ストラーダの修復がいつ終わるかは次以降の書き手さんに任せます。
※死体を確認してないものの最低一人(冬月)は殺したと認識しています。
※羽のダメージが飛行能力にどの程度影響するのかは次回以降の書き手にお任せします。




異形の甲虫は仕留め損なったか、まあいい。
この身体の隅々にまで漲る力、最高クラスの支給品を俺は手に入れたとみていいだろう。
魔族であれ今なら容易く捻じ伏せてみせる。

……魔変化の男は騒ぎの隙に逃げ去ったが、だがすぐに追いついてみせる。

ただでは殺さん、あらゆる苦しみを味わわせてから殺す、死んだ後も殺す。
どうやらかなり慌てていたらしいな、血痕が点々と続いている。

この狩りは案外直ぐに終わるやもしれんな。
なら次は褒美でリナ=インバースの居所を聞く事としよう。

その次はなのはだ、いずれは主催者も含めて全員を殺す。


―――暗殺者(アサシン)は決して狙った獲物を逃がさぬのだからな




【B-6 市街地北部/一日目・夕方】

【ラドック=ランザード(ズーマ)@スレイヤーズREVOLUTION】
【状態】疲労(中)、魔力消費(中)、ガイバーⅡ状態
【持ち物】ベアークロー(右)(刃先がひとつ欠けている)@キン肉マンシリーズ、ジェロニモのナイフ×1@キン肉マンシリーズ、IMIミニウージー(9mm口径短機関銃)(13/32)@現実、ガイバーⅡ@強殖装甲ガイバー
【思考】
0、参加者を全て殺す。
1、ゼクトールより先に魔変化の男(アプトム)を追跡して殺す。
2、リナ=インバース、高町なのはを必ず殺す。
3、ネブラ型のアイテムを探す。
4、ゲームの関係者を全て殺す。
5、依頼料を取り戻す。
【備考】
※魔法や身体能力の制限に気づきました。自分だけでなく異能者全員にかかっているのではと思っています。





ハムと夏子にとって喫茶店に留まるという選択肢は最善だったのかは後少し経たってみないと結論を出せないだろう。
再開劇は遠すぎてよく状況を掴めなかった、せいぜい人影が飛び出したと思ったら爆発で見えなくなったと認識した程度だ。
その後の爆撃も距離が離れていて店の奥に隠れている限り問題は無かった。

そして雷雲が地上に落ちたかのような閃光と爆発。
ゼクトールは遠くに去ったというのにそれが二人から外に出る気持ちを失わせた。

その結果―――


「お前達……俺とこいつを匿え……報酬は……この金貨、だ」
『彼は……どうやら"闇の者"(ダークレイス)らしいな……だが今は手を結ぶのも止むを得ないだろう……な』


他者よりは金にこだわりのある二人の手元に、ザクザクの大判小判もとい一万枚もの金貨が輝いていた。

半死半生のこの男、一体どう対処すべきか―――砂漠の住民と詐欺師はズッシリと金貨の重みを感じながら互いに顔を見合わせた。



【B-7 喫茶店/一日目・夕方】


【アプトム@強殖装甲ガイバー】
【状態】全身に重傷(ダメージ大)、疲労(大)、サングラス+ネコミミネブラスーツ装着
【持ち物】碇司令のサングラス@新世紀エヴァンゲリオン、光の剣(レプリカ)@スレイヤーズREVOLUTION
     ヴィヴィオのデイパック、ウインチェスターM1897(1/5)@砂ぼうず、デイパック×2(支給品一式入り、食糧と水が増量)
     金貨1万枚@スレイヤーズREVOLUTION、ネブラ=サザンクロス@ケロロ軍曹、 ナイフ×12、包丁×3、大型テレビ液晶の破片が多数入ったビニール袋、
     ピアノの弦、スーツ(下着同梱)×3、高校で集めた消火器、砲丸投げの砲丸
【思考】
0.なんとしても生き残る。
1.とにかくゼクトールから逃げ延びる。
2.遭遇した人間は慎重に生殺を判断する。
3.冬月コウゾウ他 機械や生体化学に詳しい者に接触、首輪を外す為に利用する。
4.情報を集め、24時に警察署に戻ってきて小砂と情報を交換する。
5.強敵には遭遇したくない。
6.深町晶を殺してガイバーになる。
7.水野灌太を見つけても手だしはしない。たぶん。


【備考】
※光の剣(レプリカ)は刀身が折れています。
※首輪が有機的に参加者と融合しているのではないか? と推測しています。
※ネブラは相手が"闇の者"(ダークレイス)ならば力を貸してくれます。
※ゼクトールが自分を殺そうとしていると理解しました。
※ガイバーⅡに気付いているのかどうかは不明です。



【川口夏子@砂ぼうず】
【状態】健康
【持ち物】デイパック、基本セット(水、食料を2食分消費) 、ビニール紐@現実(少し消費)、
     コルトSAA(5/6)@現実、.45ACL弾(18/18)、夏子とみくるのメモ、チャットに関する夏子のメモ
【思考】
0.何をしてでも生き残る。終盤までは徒党を組みたい。
1.この男をどうするか考える。
2.シンジとみくるに対して申し訳ない気持ち。みくるのことが心配。
3.18時に公民館で万太郎と合流したい。
4.ハムを少し警戒。
5.シンジの知り合い(特にアスカ)に会ったらシンジのことを頼みたい。
6.力が欲しい。
7.水野灌太と会ったら――――
8.シンジに会ったら、ケジメをつける




【備考】
※主催者が監視をしている事に気がつきました。
※みくるの持っている情報を教えられましたが、全て理解できてはいません。
※万太郎に渡したメモには「18時にB-06の公民館」と合流場所が書かれています。
※ゼロス、オメガマン、ギュオー、0号ガイバー、ナーガを危険人物と認識しました。
※悪魔将軍・古泉を警戒しています。
※深町晶を味方になりうる人物と認識しました。



【ハム@モンスターファーム~円盤石の秘密~】
【状態】健康
【持ち物】基本セット(ペットボトル1本、食料半分消費)、
     ジェットエッジ@魔法少女リリカルなのはStrikerS、チャットに関するハムのメモ
【思考】
0.頼りになる仲間をスカウトしたい。
1.この男をどうするか考える。
2.夏子に同行する。
3.18時に公民館で万太郎と合流したい。
4.シンジの知り合い(特にアスカ)を探し彼の説得と保護を依頼する。
5.殺し合いについては……。


【備考】
※ゲンキたちと会う前の時代から来たようです。
※アシュラマンをキン肉万太郎と同じ時代から来ていたと勘違いしています。
※ゼロス、オメガマン、ギュオー、0号ガイバー、ナーガを危険人物と認識しました。
※悪魔将軍・古泉を警戒しています。
※深町晶を味方になりうる人物と認識しました。
※スタンスは次のかたにお任せします。仲間集めはあくまで生存率アップのためです。





「なんかあの煙さっきより酷くなってない?」

リナとドロロは誰にも出会うことなく無事遊園地に足を踏み入れていた。
しかし遥か山向こうでは相変わらず煙が上がっている、気にするなという方が無理だろう。

「……気のせいではござらんな、やはり予定を変えてでも行くべきでござったか?」

ドロロもこの異常事態を静観したままでいる気にはなれないらしい。
リナはそんなパートナーの迷いをバッサリと切り捨てる。

「過ぎた事はクヨクヨしない主義なの! さ、早くパソコンのある部屋に急ぐわよ!」

ズンズンと先を行くその背中を仕方なくドロロも追いかける。

「このあたしにこれだけの手間取らせた以上、ロクな情報じゃなかったら絶対タダじゃおかないからねーっ!!」

誰に向かって言っているのか拳が空に向かって振り上げられた。




【D-02 遊園地/一日目・夕方】


【リナ=インバース@スレイヤーズREVOLUTION】
【状態】精神的疲労(小)
【持ち物】ハサミ@涼宮ハルヒの憂鬱、パイプ椅子@キン肉マン、浴衣五十着、タオル百枚、
     レリック@魔法少女リリカルなのはStrikerS、 遊園地でがめた雑貨や食糧、ペンや紙など各種文房具、
     デイパック、 基本セット一式、『華麗な 書物の 感謝祭』の本10冊
【思考】
0.殺し合いには乗らない。絶対に生き残る。
1.遊園地のパソコンを調べ、晶達との連絡も取る。
2.当分はドロロと一緒に行動する。
3.ゼロスを警戒。でも状況次第では協力してやってもいい。
4.草壁サツキの事を調べる。


※レリックの魔力を取り込み、精神回復ができるようになりました。
 魔力を取り込むことで、どのような影響が出るかは不明です
※ガイバーの能力を知りました。
※0号ガイバー、オメガマン(名前は知らない)、アプトム、ネオ・ゼクトールを危険人物と認識しました。
※ゲンキ、ハムを味方になりうる人物と認識しました。
※深町晶、スエゾー、小トトロをほぼ味方であると認識しました。
※深町晶たちとの間に4個の合言葉を作り、記憶しています。
※参加者が10の異世界から集められたと推測しています。
※深町晶がアシュラマンの首輪を持っている事を知りました。
※10冊の本の内容を大まかにチェックしました。



【ドロロ兵長@ケロロ軍曹】
【状態】疲労(小)、左眼球損傷、腹部にわずかな痛み、全身包帯
【持ち物】匕首@現実世界、魚(大量)、デイパック、基本セット一式、遊園地で集めた雑貨や食糧、
【思考】
0.殺し合いを止める。
1.遊園地のパソコンを調べ、晶達との連絡も取る。
2.リナとともに行動し、一般人を保護する。
3.ケロロ小隊と合流する。
4.草壁サツキの事を調べる。
5.「KSK」という言葉の意味が気になる。


※なのは世界の単語が車に関することだと思っていましたが、違うような気がしてきました。
※ガイバーの能力を知りました。
※0号ガイバー、オメガマン(名前は知らない)、アプトム、ネオ・ゼクトールを危険人物と認識しました。
※ゲンキ、ハムを味方になりうる人物と認識しました。
※深町晶、スエゾー、小トトロをほぼ味方であると認識しました。
※深町晶たちとの間に4個の合言葉を作り、記憶しています。
※参加者が10の異世界から集められたと推測しています。
※深町晶がアシュラマンの首輪を持っている事を知りました。








 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 |  ,煙がちっとも消えないよ!  |
 |_____________|
    .∧ | ∧     
   ,i  |_,! i、    
   i .。 |_ 。, `i    
   i -ー、―-、 |    
   i ,/"^ヘ^i i   
   i i'       | |   
   i ヽ_,._,/ ,'   
    ゙ー---―'



市街地はどうやら大変な事になっているみたいだよ。
……いや、僕がそんな事気にしても仕方ないか。
ノーヴェ達がどうするのかはまだわからないけど。

それにしてもノーヴェがスバルと因縁があったなんて驚いたよ。
事情は全然知らないけどどうやら穏やかじゃないって事はわかる。

「どうした中トロ?」

ううん、なんでもないよ。
気持ちが身体に出ちゃったのかな? ノーヴェ鋭くなっちゃったから気付かれたみたい。

「大丈夫だって。ここは遠いから心配すんな!」

違うよ、僕はノーヴェとスバルに争って欲しくないんだ。
二人共とってもいい子なんだからきっと仲良くできる筈だよ。

ノーヴェは優しく僕の事を撫で続けてくれる。
この気持ちが通じてくれれば嬉しいんだけど肝心な所はホント鈍いんだから。



               ※



さっきから撫でてんのに中トロの強張りがほぐれない、こんなに小さいしやっは怖いのかな?

「予定には何の変更も無い、来客が無い限り放送後南に向けて出発するぞ」

そんなあたし達を含め全員に将軍の声が掛かる。
来客―――碇シンジ、ウォーズマンは果たして来るんだろうか?
それはわからないけど将軍の言う”来客”にはたぶん別の意味も有る。

「それは市街地から逃げてくる人物や助けを求めてくる人物が来るかもしれないという事ですか?」

古泉の言った事は正しいと思う。
将軍が遠くの煙じゃなく岸ばかり見てんのはそういう事だ。

あたしも見てみる。
大分薄暗くなっちまってよく見えない、けど今の所気配は無い。

何となく風が強くなった気がして―――あたしはそっと髪を押さえた。





【E-09 湖のリング/一日目・夕方】



【悪魔将軍@キン肉マン】
【状態】健康
【持ち物】 ユニット・リムーバー@強殖装甲ガイバー、ワルサーWA2000(6/6)、ワルサーWA2000用箱型弾倉×3、
     ディパック(支給品一式、食料ゼロ)、朝比奈みくるの死体(一部)入りデイパック
【思考】
0.他の「マップに記載されていない施設・特設リング・仕掛け」を探しに、主に島の南側を中心に回ってみる。
1.古泉とノーヴェを立派な悪魔超人にする。
2.強い奴は利用(市街地等に誘導)、弱い奴は殺害、正義超人は自分の手で殺す(キン肉マンは特に念入りに殺す)、但し主催者に迫る者は殺すとは限らない。
3.殺し合いに主催者達も混ぜ、更に発展させる。
4.強者であるなのはに興味
5.シンジがウォーズマンを連れてくるのを待つ



【ノーヴェ@魔法少女リリカルなのはStrikerS】
【状態】 疲労(大)、ダメージ(大)
【持ち物】 ディパック(支給品一式)、小説『k君とs君のkみそテクニック』、不明支給品0~2
【思考】
0.強くなって脱出方法を探し、主催者を蹴っ飛ばしに行く。
1.ヴィヴィオは見つけたら捕まえる。
2.親友を裏切り、妹を殺そうとするキョンを蹴り飛ばしたい
3.タイプゼロセカンドと会ったら蹴っ飛ばす。
4.強くなったらゼクトール、悪魔将軍も蹴っ飛ばす?
5.ジェットエッジ欲しい


※参戦時期は原作の第18話~第21話の間と思われます。




【古泉一樹@涼宮ハルヒの憂鬱】
【状態】疲労(大)、ダメージ(大)、右腕欠損(再生中)、悪魔の精神、キョンに対する激しい怒り
【装備】 ガイバーユニットⅢ
【持ち物】ロビンマスクの仮面(歪んでいる)@キン肉マン、ロビンマスクの鎧@キン肉マン、デジタルカメラ@涼宮ハルヒの憂鬱(壊れている?)、ケーブル10本セット@現実、
     ハルヒのギター@涼宮ハルヒの憂鬱、デイパック、基本セット一式、考察を書き記したメモ用紙
     基本セット(食料を三人分消費) 、スタームルガー レッドホーク(4/6)@砂ぼうず、.44マグナム弾30発、
     コンバットナイフ@涼宮ハルヒの憂鬱、七色煙玉セット@砂ぼうず(赤・黄・青消費、残り四個)
     高性能指向性マイク@現実、みくるの首輪、ノートパソコン@現実?
【思考】
0.復讐のために、生きる。
1.悪魔将軍と長門を殺す。手段は選ばない。目的を妨げるなら、他の人物を殺すことも厭わない。
2.時が来るまで悪魔将軍に叛意を悟られなくない。
3.キン肉万太郎は……
4.使える仲間を増やす。特にキン肉スグル、朝倉涼子を優先。
5.地図中央部分に主催につながる「何か」があるのではないかと推測。機を見て探索したい。
6.キョンの妹を捜す。
7.午後6時に、採掘所でキョンと合流。そして―――
8.デジタルカメラの中身をよく確かめたい。


※『超能力』は使用するごとに、精神的に疲労を感じます。
※メモ用紙には地図から読み取れる「中央に近づけたくない意志」についてのみ記されています。
 禁止エリアについてとそこから発展した長門の意思に関する考察は書かれていません。
※古泉のノートパソコンのkskアクセスのキーワードは、ケロロ世界のものです。



【ジ・オメガマン@キン肉マンシリーズ】
【状態】ダメージ(大)、疲労(大)、アシュラマンの顔を指に蒐集
【持ち物】デイパック(支給品一式入り)×3、不明支給品1~3、5.56mm NATO弾x60、マシンガンの予備弾倉×3、夏子のメモ
【思考】
1:皆殺し。
2:今は悪魔将軍に従う。だが、いつか機を見つけて殺す。
3:完璧超人としての誇りを取り戻す。
4:スエゾーは必ず殺す。
5:スバルナカジマンにも雪辱する。


※バトルロワイアルを、自分にきた依頼と勘違いしています。 皆殺しをした後は報酬をもらうつもりでいます。
※Ωメタモルフォーゼは首輪の制限により参加者には効きません。





舞台は更に主役を移す。
朝倉、キョンの妹、ヴィヴィオは破壊の吹き荒れる市街から一刻も早く離脱しようと駆けていた。

『Ms.朝倉、前方の路地は通行不能です、進路を右に変更してください』

山火事は既に市街地に延焼を果たし、三人から視界と逃げ道を奪いつつあった。
探知機は参加者の居場所が解っても逃げ道までは解らない、二つデバイス無しでは果たしてどうなっていたことか。

「煙が酷くなってきたわね……、二人共吸い込まない様に気をつけてね」

火の回りは予想以上に早かった、恐らくミサイルに焼夷弾が混じっていたのだと朝倉は推論する。
それでもヴィヴィオもキョンの妹も泣き言一つ言わずしっかり後ろを付いてくる。
二人を導きながら探知機に気を配る事も忘れない。

後ろには激しく動く三つの光点、黒い怪人が戦闘中らしいが全員関わるつもりは無い。
孤立した光点も一つ、こちらは近いが動きが鈍い。

何れにせよこのまま進めば接触は無い、そう判断して視線を戻す。
探知機とデバイスの二つを駆使して迷路と化した市街を三人は走る。

『後はここを抜ければ安全な道が続くと思われます』

短い直線、その路地は片側の全ての家が燃えていた。
これが僅かに残された脱出可能なルートの最後の難関、この先は風向きの関係で未だ炎の手が及んでいない。

「反対に寄って一気に抜けるわよ、いつ建物が崩れるか解らないわ」

朝倉が手本を示すように一気に駆けた、次は妹とヴィヴィオが一緒に走る。
中程まで走ったその時、突然燃えた電線が焼け落ちた。

「危ない!」

朝倉は思わず叫ぶ、しかし妹が盾を出してそれを防いだ。
ほっと全員が溜息を吐く、どうやら無事脱出できそうだった。

『Ms.ヴィヴィオ、後方から何者かが接近してきます!』

バルディッシュが突然の警告、ヴィヴィオと妹が振り向くとそこには追い詰められた表情のアスカが居た。
彼女も二人には気付いていなかったのだろう、目が合うと一瞬驚きの表情を浮かべた。

「フン……化け物の癖に、生き残ろうなんて生意気、よ……」

気丈に振舞っているが話し言葉がおぼつかない、アスカは相当参っているようだった。
探知機から目を離した間に双方一つの道を目指した結果だった、朝倉はすぐさまクロスミラージュを向ける。
しかし撃てなかった、何故ならヴィヴィオが庇う様に射線の邪魔をしていたから。

アスカもその動きに気付く、キッと憎悪を込めた瞳が向けられる。
―――何よそれ!! さすがあのなのはの娘ね、この期に及んでまだいい格好したい訳!?

しかしアスカに銃は無い、うかつに動けず黙って睨み付ける事しか出来ない。

「アスカお姉ちゃん、一緒に逃げよう?」

そんな彼女に自然とヴィヴィオは手を差し出していた。
だが妹はヴィヴィオのその優しさを拒否するかのように強引に身体を朝倉の方へ向かわせる。

「ヴィヴィオちゃん、それはダメだよ……。そして、残念だけどここでお別れだよ?」

その言葉を理解する時間は無かった、次の瞬間に凄まじい光線が街を一直線に切り裂いたのだから。

それはまるで核爆発だった。
ビルが、民家が、街路樹が一瞬で黒い影絵と化した。

遅れて衝撃波が伝播する、見通しの良い場所に居た朝倉はそれをまともに浴びて吹き飛ばされた。
探知機が腕から失われる、くるくると回転しながら炎の中へと吸い込まれる。

妹とヴィヴィオは建物の影に位置していたため直接的な影響は僅かであった。
しかしそれはあくまで二人の人間に限った結果、一斉に焼けた家が崩れ落ちる。

炎に包まれた瓦礫が雪崩の様に押し寄せた、ヴィヴィオは突然背中を突き飛ばされて投げ出される。
気が付けばそこは冷たい歩道、朝倉も身体を起こして駆け寄ってきた。

「妹さん……?」

振り向いた先に妹の姿は無かった、パチパチと焼ける民家の成れの果てが完全に路地を塞いでいた。
最後の言葉を思い出す、その意味をぼんやり考えていると突然朝倉がヴィヴィオを抱えたまま走り出した。

「え!? 涼子お姉ちゃん! まだ妹さんがあそこに!」

ヴィヴィオは暴れた、しかし朝倉はそれを許さなかった。

「……妹ちゃんの顔見てなかったの? きっと何て言ったとしても残ったわよ。そんな身勝手な行動の面倒までは見れないわ」

見れば朝倉の表情も固かった、彼女が見たのは笑って身を翻す妹の背中。
さよなら、そんな声が確かに聞こえた。

ヴィヴィオは呆然とした、今までの妹の言葉と行動を思い出す。
学校で聞いたその決意を。


―――妹さん、ここで死ぬつもりなんだ




       ※       ※       ※




「何でそこまでしてアタシに構うのよ!? あんたバカァ!?」

逃げ道は完全に塞がれた。
アスカはそんな中で落ちてくる燃焼物から盾で自分を庇い、あまつさえ引き返してきた幼女に思わず口癖を言っていた。

「ばかでいいよ! ばかだからこんな事したんだよ!」

妹はそう言って身体を起こした。
遅れてアスカも立ち上がり二人は離れて正対する。

「化け物だから命は惜しくないってワケ!? このアタシが感謝すると思ったら大間違いよ!」

人差し指を妹向けて宣告する、文字通り馬鹿にするような表情で笑いながら。

『テメェッ! この期に及んでまだそんな事言うのかよっ!』

そんなアスカにナビも怒鳴る、それを聞いてアスカはますます口元を歪める。
やっぱりコイツは化け物の仲間だと、そんな事を確認しているかの様な顔だった。

「ナビさん達は黙ってて! これは私とアスカの問題だよ!」

妹が一括する、その迫力にナビも沈黙せざるを得なかった。

「私やナビさん達が化け物? 優しさがわからない人の方がよっぽど化け物だよ!」

言葉と共に響く銃声、右手に走った激痛にアスカは呻いた。

「これは罰だよ! 人の優しさがわからない人なんて死んじゃえばいいんだ!」

あのガキの銃か、とアスカは痛みを堪えながら妹を睨んだ。
数時間前まで年相応に怯えてたのに今は座った表情で拳銃を構えている。

憎しみを浮かべたその瞳は真っ直ぐアスカ自身を見詰めていた。
周囲は次第に熱くなっている、助かる望みなんて殆ど無い事がわかってる筈なのになんでコイツここまで、と思ってアスカは気付いた。
今の妹の世界はアスカに対する感情で占められている事に。

―――コイツはアタシを見てくれている

理由はどうであれ妹はアスカの事を糧にここまでやってこれたのだ。
同じく何かを支えに生きてきたアスカにはそれが解った。

「そっか……アンタはアタシを必要としてくれてるんだ。いいわ、相手してあげようじゃない!」

化け物かどうかなんてもはやどうでもいい。
ここに立っているのはセカンドチルドレンでも何でもない唯の惣流・アスカ・ラングレー。

―――アタシの全てをぶつけてやる

まだ動く左手でナイフを握り締める。
妹もじっと拳銃の狙いを定めて動かない。

聞こえるのは遠くの破壊音とパチパチと炎が弾ける音のみ。
炎が次第に包囲の輪を縮めてゆく、ポトポトと二人から汗が地面に落ちる。


―――やがて、二人は動いた






【B-6 市街地北部/一日目・夕方】



【惣流・アスカ・ラングレー@新世紀エヴァンゲリオン】
【状態】疲労(中)、右腕に銃創、右手人差し指喪失(治療済み)、背中に火傷(治療済み)、髪が肩ほど、拳に打撲跡、
    背中にダメージ(大)、消火器の粉であちこち汚れてる、『化け物』への強い憎悪と倒すことへの使命感(増大中)、頭はすっきりしている
【持ち物】アーミーナイフ@現実、予備カートリッジ×12@リリカルなのはStrikerS、ディパック、基本セット、モッチーの首輪、モッチーの円盤石
     砂ぼうずの特殊ショットシェル用ポーチ(煙幕弾(2/3)、閃光弾(3/3)、グレネード弾(1/3)、ガス弾(1/3))@砂ぼうず、ホテル外壁のメモ用紙
【思考】
0、「化け物たち」を殺すために「人間」の戦力を集める。
1、キョンの妹を倒す
2、化け物たちを殺したご褒美で今度こそ加持の情報を得る。
3、高町なのはに憎悪、ヴィヴィオにはさらに強烈な憎悪
4、エヴァンゲリオンのパイロットとして、「化け物」を殺して人々を救う。
5、「人間」以外は問答無用で撃つ。ガイバー?(深町晶)は必ず殺す。
6、バカシンジも肉壁ぐらいになりそうなので、協力を仰ぐ。
【備考】
※マッハキャリバーから、タママと加持の顛末についてある程度聞きました。
※アプトム(名前、顔共に未確認)を殺したと思っています。
※「化け物」と「人間」の認識の境界がきわめて曖昧です。
※高町なのは、小砂?、ゲンキ、キョンの妹、朝倉(メイド服を着た女)を化け物と認識しました。





【キョンの妹@涼宮ハルヒの憂鬱】
【状態】疲労(中)、顔に傷跡(鼻より上の位置を横一線に斬られている、治療済み)、地球人専用専守防衛型強化服(起動中)、強い決意
【持ち物】『人類補完計画』計画書、地球人専用専守防衛型強化服(起動中)@ケロロ軍曹、ディパック(基本セット一式×2)
     ボウイナイフ、S&WM10(リボルバー)(2/6)、佐倉ゲンキの死体入りディパック
【思考】
0、アスカを殺して自分も死ぬ


【備考】
※キョンはハルヒの死を知って混乱していたのではないか、と思っています。
※kskネット内の「掲示板」のシンジの書き込みのみまともに見ました。
ゼロス以外のドロロの一回目の書き込み、および二回目の書き込みについては断片的にしか見えていません。
※アスカと小砂(顔は未確認)が殺しあいに乗っていると認識。







ヴィヴィオは妹を助けたかった。
しかし朝倉は一向にそれを許してはくれなかった。

「どうして妹さんを助けてくれないの! ゲンキ君と約束したのに!」

佐倉ゲンキの二人への遺言、それは妹をゲンキに代わって助ける事。
一時間にも満たない時間会っただけの少年ではあるが、ヴィヴィオは何としてもその願いを裏切りたくなかった。

「……生きてる人との約束が優先よ。あの強大な力に対抗なんて出来ない、今はママを安心させる事だけを考えなさい」

冬月となのはにした約束、『必ずヴィヴィオを守ってみせる』事。
アスカだけだったら違ったかもしれない、しかし黒い怪人を始め危険な強者が多く居る。
万が一放送でヴィヴィオの名前が呼ばれるような事になれば後々に響く、そう朝倉は結論付けたのだ。

ヴィヴィオは後ろを見た、路地の入り口が次第に遠ざかってゆく。
文字通りの見殺しだ、そんな事納得できる筈がない。

「お姉ちゃん、でもっ!!」



―――朝倉はもう応えようとしなかった。






【B-6 市街地北部/一日目・夕方】


【朝倉涼子@涼宮ハルヒの憂鬱】
【状態】疲労(大) 、ダメージ(中)
【持ち物】鬼娘専用変身銃@ケロロ軍曹、クロスミラージュ@リリカルなのはStrikerS、小砂の首輪
     メイド服@涼宮ハルヒ、ディパック(支給品一式)×2、新・夢成長促進銃@ケロロ軍曹、リチウムイオンバッテリー(11/12)
【思考】
0、ヴィヴィオを必ず守り抜く
1、0の為に危険を出来るだけ避けて安全な場所に退避する。
2、キョンを殺す
3、長門有希を止める
4、古泉、みくる、サツキを捜すため北の施設(中学校・図書館・小学校の順)を回る。
5、基本的に殺し合いに乗らない。
6、ゼロスとスグルの行方が気がかり。
7、まともな服が欲しい。
8、できればゲーム脱出時、ハルヒの死体を回収したい。
9、ヴィヴィオの変化が気になる。


【備考】
※長門有希が暴走していると考えています。
※クロスミラージュを改変しました。元に戻せるかどうかは後の書き手さんにお任せします。
※制限に気づきました。
肉体への情報改変は、傷を塞ぐ程度が限界のようです。
自分もそれに含まれると予測しています。
※アスカが殺しあいに乗っていると認識。
※どこへ向かったかは次の書き手さんにお任せします。


【リチウムイオンバッテリー1ダース@現実】

小型高性能のバッテリー。首輪探知機で使用できる事が確認済み。
他に使用できる機器があるのかは現時点では不明。




【ヴィヴィオ@リリカルなのはStrikerS】
【状態】疲労(大)、魔力消費(中)、深い悲しみ
【持ち物】バルディッシュ・アサルト(6/6)@リリカルなのはStrikerS、SOS団の腕章@涼宮ハルヒの憂鬱
【思考】
0、キョンの妹を助けたい
1.なのはママが心配、会って安心させたい。
2、キョンを助けたい。
3、ハルヒの代わりに、SOS団をなんとかしたい。
4、スバル、ノーヴェをさがす。
5、スグルとゼロスの行方が気になる。
6、ゼロスが何となく怖い。
7、アスカお姉ちゃんが殺しあいに乗ったなんて……


【備考】
※ヴィヴィオの力の詳細は、次回以降の書き手にお任せします。
※長門とタツヲは悪い人に操られていると思ってます。
※キョンはガイバーになったことで操られたと思っています。
※149話「そして私にできるコト」にて見た夢に影響を与えられている?
※アスカが殺しあいに乗っていると認識。
※首輪探知は失われました。


※C-6を中心として大規模な火災が発生しました。
※B-6の公民館及び付近に放置されていた品は焼失しました。
※B-6の幾何学模様が描かれていた民家は焼失しました。
※B-6は中央部まで焼失しました、北部には被害が及んでない区画があります。
※C-5東部、C-6全域、C-7西部でも延焼中です、更に被害が拡大するのか鎮火に向かうのかは次回以降の書き手にお任せします。
※火災による煙は上記より広い範囲に広がっている可能性があります。
※ゼルガディスの死体と首輪、カナブンの死体は焼失したと思われます。
※B-4の小砂の死体頭部が切断されました、シーツで完全に覆われています。傍には人形が添えられています。


時系列順で読む


投下順で読む


Nord Stream Pipeline -blow out- キョンの妹 レフェリー不在のファイヤー・デスマッチ
惣流・アスカ・ラングレー
ネオ・ゼクトール 痛快娯楽復讐劇(前編)
アプトム
川口夏子
ハム
朝倉涼子 アサシンの終焉
ヴィヴィオ
ラドック=ランザード(ズーマ)
Nord Stream Pipeline -on stream- リナ=インバース
ドロロ兵長
悪魔将軍 憎らしさと切なさと心細さと
ノーヴェ
古泉一樹
ジ・オメガマン
中トトロ




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー