※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

役職と勝利条件>Alchemist(錬金術師)


  このページでは役職別の基礎的な知識、勝利条件などを紹介していきます。

■Alchemist(錬金術師)

【画面r-1】 錬金術師の『ターゲット未確定』画面(昼の画像)

■各陣営の勝利条件

  【村人側の勝利】人狼と吸血鬼の全滅、さらに降霊術者がいない場合はゾンビより多いこと。
  【人狼勝利条件】吸血鬼死亡、村人側(+「狂信者」)と同数以上。
  (降霊術者が生存の場合、村人側(+「狂信者」+「ゾンビ」)と同数以上)
  【狂信者勝利条件】人狼の勝利。
  【ゾンビ勝利条件】人狼と吸血鬼の全滅、降霊術者死亡で村人側と同数以上。
   (降霊術者が生存の場合、村人側と同数以上でも負けになります)
  【吸血鬼勝利条件】最後まで生存。
  • 降霊術者はゾンビ(屍)を支配する力を持っていますので、降霊術者の生存中は【村人の数+屍の数】で村人側としてカウントすることが出来ます。
  • ※例1【村2人(内降霊術者生存)+屍1人】VS【狼2】だと、村側3狼2となって狼は勝利条件を満たせず、村はまだ負けません。
  • ※例1【村2人(内降霊術者死亡)+屍1人】VS【狼2】だと、屍は村側にカウントできないので狼に負けてしまいます。
  • ※例3【村2人(内降霊術者死亡)】VS【屍2人】VS【狼0】だと、屍は村側にはカウントできず、屍に負けてしまいます。
  • ※例4【村2人(内降霊術者生存)】VS【屍2人】VS【狼0】だと、屍は村側にはカウントされます。村側4名、狼0の村側勝利です。

■特殊能力・出現条件

  ・2日目以降に対象の死者を指定し、蘇生することができます。
  ・失敗することや、ゾンビを生み出してしまうこともあります。
  ・ゾンビは蘇生できません。
  ゲームを左右する力です。
  ▼プレイヤー10人以上で登場。
  • 現在、錬金術師の蘇生成功率は50%、蘇生されたものが屍になる確立は30%となっています。村によって変更がある場合がありますので、GMさんのメッセージはよく読むようにしましょう。
  • 参加人数による詳しい割り当てはルール>役職配分表参照。

■錬金術師の役職別コマンド(蘇生)

  • 錬金術師がターゲットを確定(蘇生する死者を決める)と、画面が下のように変化します。
  • 下の画像は夜のものですが、昼もターゲットを確定すれば【能力発動】表示は同じです。
【画面r-2】 錬金術師の『ターゲット確定後』の画面(夜画像・2日目以降のもの)
・錬金術師の『行動』コマンド(夜画像)
【画面G】 ターゲット指示前 【画面M】 ターゲット指示後

【画面G】,【画面M】・錬金術師の『行動』コマンド(夜画像)

【画面G】 ターゲット
[行動対象]
【画面G】から【ターゲット】を選び、【画面A】(昼画面)または【画面E】(夜画面)の、
「行動対象」より『蘇生』する村人(死者)一人を選択、実行します。
自分や生者は指定できません。(この状態では決定となりません)
【画面M】 ターゲット
確定
・【ターゲット】を指定すると【画面M】に移り【ターゲット確定】と【ターゲット取消】の、
2つのコマンドが出てきます。
【ターゲット確定】を選び確定すると蘇生する村人が決定されます。
(この後にターゲット変更はできません。)
【ターゲット取消】をすれば前の【画面G】に戻ります。
この後に再度ターゲットを行うことができます。
・上の画面は夜のものですが、錬金術師のターゲット指示は昼夜どちらでも出来ます。
ですが蘇生したい場合、夜明けには【確定】しなければなりません。
※司祭・騎士・人狼がターゲットを確定すれば朝になります。
錬金術師だけはターゲットを確定しなくても朝になってしまうので、
蘇生する時には気をつけましょう。
ターゲット
取消
他のコマンドの使い方は 【画面C】昼の間の『行動内容』コマンド(司祭・錬金術師・騎士以外)】
または 【画面F】夜の間の『行動内容』コマンド(人狼・司祭・錬金術師・騎士以外)】 と同じになります。

■基本的な作戦(初心者向けです。)

  • 錬金術師は蘇生により村人の数を左右する重要な役職です。『司祭』や『降霊術師』とは違い、人外を見極めるような能力は持っていません。ですので多くの場合は、偽者が出現したり自分が吊られそうになるまでは、村人に紛れて潜伏することになります。
  • 錬金術師が蘇生成功した場合、復活者は30%の確立で屍になってしまいます。そのため最近の村では、状況に応じて錬金術師に『蘇生させない』と決める村も多くなっています。『複数の死亡者の中から、誰を蘇生させるか』を議題などで決めることもあります。毎日村の皆の決定をよく見て、蘇生して良いかどうかや、誰を蘇生のターゲットにするかを決めるようにしましょう。
  • 錬金術師の蘇生成功率は50%ですが、運によっては蘇生までにかなり時間がかかることもあります。一つの村で最後まで生き延びた錬金術師が蘇生出来た人数は、1人か2人程度が最も多いのです。
錬金術師が蘇生を成功させるためには、出来るだけ長く生き延びなくてはなりません。
あなたにとって重要なことは、狼に噛まれないこと、処刑されぬように上手く立ち振る舞うことの二つです。
  • あなたは村人から信頼されないとなりません。信頼されないと処刑されるかもしれませんし、もし錬金術師の偽者が出てきて、あなたが対抗してCOしても、その時偽者の方があなたより村人に信頼されていたら、あなたの言うことは信じてもらえないでしょう。
  • あなたが信頼を得るためには、まず議題に毎日きちんと回答すること。自分に向けられた質問には正直に、時間の許す限り全て答えることが大切です。 どちらも村に協力的な人だと思われます。
  • 議題回答や質問に答えるのに、難しい言葉はいりません。もしあなたにとって難しすぎる質問が来たら、難しいから簡単に言い直して欲しいと頼んでみましょう。(※参考・■『議題』と回答のやり方の基本
  • もう一つ大事なことは、蘇生に関して、村の皆で決定したことには必ず従うことです。
  • 例えあなたが村の決定とは違う人を蘇生したいと思っても、勝手に他の人を蘇生してはいけません。あなたは信じて貰えなくなります。その時に偽者が出てきて『実は私が蘇生した錬金術師だ』と言ってきたら、偽者の方が信用されてしまうかもしれません。
  • あなたは出来るだけ狼に噛まれず、蘇生を成功させる為に長く生き延びなくてはなりません。ですが、あまりに村人に信頼されると、処刑はされないでしょうが噛まれてしまうこともあります。『信頼されつつ噛まれない』ためには、能力者だと皆に思わせないようにしましょう。
  • あなたが目に見えて噛まれるのを警戒してしまうと、逆に危険です。始めのうちは、『議題はちゃんと答え、質問にもきちんと返して疑われないが、必要以上のことはべらべら喋らない』のが潜伏の方法としてはやり易いと思います。RPもある程度混ぜると、余裕があるように見られて、役職者でも人外でも無いのかも?と思って貰えることが多いようです。