※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

部品構造


  • 大部品: 教え上手 RD:6 評価値:4
    • 部品: わかりやすく教える
    • 部品: 優しく語りかける
    • 部品: 丁寧に教える
    • 部品: 繰り返し教える
    • 部品: 今度は教えてもらう
    • 部品: 教えないこともある



部品定義


部品: わかりやすく教える

教え上手な人の特徴に、「教え方がわかりやすい」というものがある。難しい言葉や概念を、その人その人にわかりやすく置き換えて伝えたり、絵などを用いて説明したり。難しい言葉を知っている人よりも、簡単な言葉で教えてくれる人を生徒は好む。

部品: 優しく語りかける

常に緊張状態で少しの誤りも許されない状況では、かえって理解は進まないものだ。
親しみやすく、でも馴れ合うわけではない距離感で優しく語り掛けるように教えるのも、教え上手の一面だ。

部品: 丁寧に教える

教える相手の理解のスピードに合わせて、ゆーっくり教えることもある。大切なのは理解してもらうことで、早く覚えてもらうことじゃないんだ。

部品: 繰り返し教える

一度教えたことを忘れられてしまった場合も、「そこは教えただろうが!メモとったのか!」などとは言わない。
大事なことなので2回教えたってよいのだ。3回だって良いぞ。

部品: 今度は教えてもらう

教えたことがきちんとわかってもらえたか確認するために、先生役と生徒役を交代して説明してもらう。
説明があやふやな個所は、理解もあやふやだ。自分の言葉で話せるようになるまで、また教えよう。
たまに、教え子の方が説明が上手い場合もある。そんな時は「すごい!もうすっかり先生より教え上手だ!今度、きみの表現を使わせてほしいな」と正直に称賛しよう。

部品: 教えないこともある

禁忌に触れるような内容や、濫用が大きな悪影響を生む物事については、伝える相手に応じて内容を吟味して「教えても問題ないこと」だけを教える。
教えられない理由を正直に話して理解してもらえる相手にはその旨も正直に、理解してもらえないであろう相手には差し障りのない回答でお茶を濁す。何でもかんでもペラペラ喋ってしまうのは、後で大きな災いを生みかねないのだ。



提出書式


 大部品: 教え上手 RD:6 評価値:4
 -部品: わかりやすく教える
 -部品: 優しく語りかける
 -部品: 丁寧に教える
 -部品: 繰り返し教える
 -部品: 今度は教えてもらう
 -部品: 教えないこともある
 
 
 部品: わかりやすく教える
 教え上手な人の特徴に、「教え方がわかりやすい」というものがある。難しい言葉や概念を、その人その人にわかりやすく置き換えて伝えたり、絵などを用いて説明したり。難しい言葉を知っている人よりも、簡単な言葉で教えてくれる人を生徒は好む。
 
 部品: 優しく語りかける
 常に緊張状態で少しの誤りも許されない状況では、かえって理解は進まないものだ。
 親しみやすく、でも馴れ合うわけではない距離感で優しく語り掛けるように教えるのも、教え上手の一面だ。
 
 部品: 丁寧に教える
 教える相手の理解のスピードに合わせて、ゆーっくり教えることもある。大切なのは理解してもらうことで、早く覚えてもらうことじゃないんだ。
 
 部品: 繰り返し教える
 一度教えたことを忘れられてしまった場合も、「そこは教えただろうが!メモとったのか!」などとは言わない。
 大事なことなので2回教えたってよいのだ。3回だって良いぞ。
 
 部品: 今度は教えてもらう
 教えたことがきちんとわかってもらえたか確認するために、先生役と生徒役を交代して説明してもらう。
 説明があやふやな個所は、理解もあやふやだ。自分の言葉で話せるようになるまで、また教えよう。
 たまに、教え子の方が説明が上手い場合もある。そんな時は「すごい!もうすっかり先生より教え上手だ!今度、きみの表現を使わせてほしいな」と正直に称賛しよう。
 
 部品: 教えないこともある
 禁忌に触れるような内容や、濫用が大きな悪影響を生む物事については、伝える相手に応じて内容を吟味して「教えても問題ないこと」だけを教える。
 教えられない理由を正直に話して理解してもらえる相手にはその旨も正直に、理解してもらえないであろう相手には差し障りのない回答でお茶を濁す。何でもかんでもペラペラ喋ってしまうのは、後で大きな災いを生みかねないのだ。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "教え上手",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "わかりやすく教える",
         "description": "教え上手な人の特徴に、「教え方がわかりやすい」というものがある。難しい言葉や概念を、その人その人にわかりやすく置き換えて伝えたり、絵などを用いて説明したり。難しい言葉を知っている人よりも、簡単な言葉で教えてくれる人を生徒は好む。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "優しく語りかける",
         "description": "常に緊張状態で少しの誤りも許されない状況では、かえって理解は進まないものだ。\n親しみやすく、でも馴れ合うわけではない距離感で優しく語り掛けるように教えるのも、教え上手の一面だ。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "丁寧に教える",
         "description": "教える相手の理解のスピードに合わせて、ゆーっくり教えることもある。大切なのは理解してもらうことで、早く覚えてもらうことじゃないんだ。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "繰り返し教える",
         "description": "一度教えたことを忘れられてしまった場合も、「そこは教えただろうが!メモとったのか!」などとは言わない。\n大事なことなので2回教えたってよいのだ。3回だって良いぞ。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "今度は教えてもらう",
         "description": "教えたことがきちんとわかってもらえたか確認するために、先生役と生徒役を交代して説明してもらう。\n説明があやふやな個所は、理解もあやふやだ。自分の言葉で話せるようになるまで、また教えよう。\nたまに、教え子の方が説明が上手い場合もある。そんな時は「すごい!もうすっかり先生より教え上手だ!今度、きみの表現を使わせてほしいな」と正直に称賛しよう。",
         "part_type": "part",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "教えないこともある",
         "description": "禁忌に触れるような内容や、濫用が大きな悪影響を生む物事については、伝える相手に応じて内容を吟味して「教えても問題ないこと」だけを教える。\n教えられない理由を正直に話して理解してもらえる相手にはその旨も正直に、理解してもらえないであろう相手には差し障りのない回答でお茶を濁す。何でもかんでもペラペラ喋ってしまうのは、後で大きな災いを生みかねないのだ。",
         "part_type": "part"
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]