※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

新技術の紹介

持続可能な発展のスローガンの下、キノウツン藩国では環境との共存を念頭に置きつつ、
様々な技術の研究が行われてきました。
そしてこの度、藩国政府より新技術の誕生の報が届きましたのでご紹介させていただきます。

これら新技術は藩国の次代を担うことが期待されたことから、
摂政であるアシタスナオが直接研究・開発部門を立ち上げてプロジェクトが組まれました。
そして数年間に及ぶ長大な研究の末、
「hinにゅーうささん」「飛梅雷球」という2つの成果を生み出したのです。

hinにゅーうささん

hinにゅーうささんはうささん、Hi-うささんの後継機として開発が着手され、
うささん、あるいはりゅうせいごうより続く「人型」「空中高機動仕様」「もちろん可愛いこと!」というコンセプトを受け継いでいます。
詳しいスペックや製造過程等の情報は、
軍事機密に関わるため軍関係者以外に漏洩することのないよう、厳重に管理がされています。
ただし外見については、国内外からの期待もありますので
機体のロールアウトに合わせ、写真が公開される予定です。
うささんに比べると、スマートな印象を受けるかもしれません。
ハイスピードを活かした、華麗な活躍が期待されます。

hinにゅーうささんの登場に合わせ、藩国各地のメイド喫茶ではキャンペーンとして
メイドさんがうささん・Hiうささん・hinにゅーうささんの3人(とここでは表記します)のコスプレを
期間限定で行うイベントが催される予定で、
環状線開通による観光客の増加との相乗効果が期待されています。

飛梅雷球(新素材の開発)

飛梅雷球は、キノウツン藩国で採取される燃料を特殊な手法で精錬することにより、
大規模な蓄電性を持たせることに成功した新素材の名称です。
地熱発電により発生した電力は、この飛梅雷球に蓄えられることで
これまでよりも効率の良い燃料消費を行うことが可能となりました。
こちらも詳細は秘密となっていますが、
概要等は公開されていますので、興味のある方は藩国までお問い合わせください。

また、
  • 地熱発電という大気や水質をあまり汚染せず、常に安定した電力の供給を行える発電方式を採用したこと。
  • 電力の蓄積の際にもあまり消尽が起こらず、エネルギーの転換効率が良いこと。
  • 燃料をそのまま燃焼させてエネルギーを得ておらず、電力という形でこれまでと同等以上のエネルギー発生が見込めること。
  • 使用後も再び蓄電が可能なこと。
等から、クリーンかつコストパフォーマンスの優れた新燃料、
しかもこれまでの燃料生産地の業務と連携できるため燃料関連事業者の失業の心配もない、
まさに持続可能な発展を体現した新素材の登場に、藩国の各業界は喜びに湧いています。

(編集:運営委員・比野青狸)
(認可:摂政・アシタスナオ)