※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#本政策の趣旨につき、i言語による記述を併記させていただきます。

l:本政策 = このページで表示されている政策及び声明文を指す。
#1:対象
f:<本政策>の対象 = {
側面:キノウツン藩国民、及びE141実施による帰還民。
}
#2:実施時期
f:<本政策>の布告時期 = {
側面:E141の結果、帰還民が藩国に入国してすぐ、あるいは入国前の入国説明時に布告する。
側面:帰還民が入国後ムラマサ等の職業を着用し、政策に耳を傾けなくなる前に告知を行うことで、政策の浸透を図る。
}
#3:<本政策>の趣旨 = {
側面:ガイドライン及び治安対策部隊運用法を表明することで、治安の向上を狙うと同時に、帰還民に安心感を与え、ムラマサ着用の危険性についても再度見解の統一を図る。
側面:大量の帰還民に紛れ、セプテントリオンや犯罪組織が潜り込むことを防止すべく、その旨を事前に説明した上で入国時には身分照会等を実施する。
側面:新生活支援政策を表明することにより、帰還した民が住みやすい制度を整備する。
側面:帰還政策にFEGからの支援を受けたことを述べることで、「藩国政府はこれまでになく本気で各種政策に取り組んでいる」という姿勢をアピールする。
側面:FEGからの支援部隊に頼りっきりにならず、藩国政府も主体的に活動を行うことで、効果の増大を狙いつつ、藩国政府としての存在も薄れないよう努める。
}



帰還政策の実施に伴うお知らせ

キノウツン藩国にお住まいの皆様、
及びこの度の帰還政策に伴いキノウツン藩国にお戻りになられた皆様に、お知らせがございます。

まず、キノウツン藩国にお戻りになって下さった皆様へ。
再びキノウツン藩国に戻ってきてくださった皆様を、
私たちキノウツン藩国は心より歓迎いたします。
「おかえりなさいませ」。

キノウツン藩国での新しい生活を再びスタートされる前に、
私たち藩国政府より是非とも一度お聞きしていただきたいことがあり、
こうして帰還政策の実施と同時に告知を行わせていただくことを決定いたしました。
どうか耳を傾けていただければ幸いでございます。


まず、キノウツン藩国での新しい生活について、
皆様は様々な不安を抱えていらっしゃることと思います。
キノウツン藩国政府は、そうした皆様の不安を少しでも和らげ、
皆様が暮らしやすい藩国を目指すべく、種々の方策を実施させていただきます。

中でも治安の向上政策につきましては、
かつてのムラマサによる悲劇を二度と繰り返すことのないよう、
厳重な着用制限及び罰則強化、
危険性の周知をガイドラインを通じて行って参ります。
治安部隊の編成、運用につきましては、藩国軍務運用部より、
確固たる運用方針に基づいた治安維持施策がこの度発表されました。
皆様が安心して暮らせる藩国を目指し精勤して参りますことを、ここに宣言いたします。

治安維持活動中は治安維持部隊による戦闘が予想されますので、
藩国では政庁を一時解放し、皆様の安全をお守りいたします。
沈静化が確認されるまでは出来る限り外出等はお控えいただきますよう、
よろしくお願い申し上げます。
また大量の帰還民に紛れ、
セプテントリオン等の犯罪組織が藩国内部に潜り込むことを防止すべく、
皆様の安全を確かなものにするためのやむを得ない措置として
入国時に身分照合等を実施させていただきますことを、予めご承知おきください。

また、皆様が新生活を開始される際の障害を少しでも減らすべく、
藩億政府では各種支援制度を整えて参りますので、
ご利用の際は藩国機関までお気軽にご連絡いただきますよう、お願い申しあげます。

最後に、皆様の帰還政策の実施につきましては、
大統領府及びFEGの皆様から多大なるご協力をいただいておりますことを、
ここで述べさせていただきたく思います。
FEGの皆様には、こうして内政支援部隊を派遣して下さり、感謝に堪えません。
この場をお借りして、お礼を申し上げます。誠に、ありがとうございます。
キノウツン藩国・帰還民の皆様には、このことだけをとりましても、
「藩国政府は本気である」ということをご理解いただけるのではないでしょうか。

勿論、FEGの方々に内政その他の施策を任せっきりにし、
キノウツン藩国政府は何もしないなどということは、決してございません。
藩国政府は、藩国民の皆様全ての矢面に立ち、問題解決に向けこれからも邁進して参ります。
キノウツン藩国政府は、今後もFEGの皆様のような聯合国、
あるいは共和国全体との連携を図り、
藩国民の皆様が真に幸せを享受できる藩国運営を目指して参りますので、
どうかご協力をいただけますよう、心よりお願い申し上げます。


                                  キノウツン藩国政府一同

(編集:運営委員・ミック=アーサー)
(認可:藩王・キノウ=ツン、摂政・アシタスナオ、摂政・浅田)