ロクノベ小説保管庫 第一章5~11話

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

5話「ゲゼルシャフト号修理~3日目~」
~γ「で、Ω、これからどうするんだ?」
 Ω「決まっているだろう。これらを組み立て、奴らの船に組み込んでいくんだ。」
 γ「なるほど、じゃ、早いとこ取り掛かろうぜ!」
 Ω「無論だ!」
 α「忙しくなりそうですねえ。」
 β「む。」
 γ「さあて、張り切っていくかー!!」~

と、ここまでが、前までのあらすじです。では、続きをどうぞ~

γ「よっし!工具はここにある!自由に使って良いってよ!」
と言うと、γは縦20cm、横40㎝、高さ30㎝ほどある工具箱を3つほど地面に置いた。
γ「ん~しっかし、、この星の奴らにしてはなかなかいい工具を持ってるよなあ。」
と、γが言ったとたん、αが慌てて言った。
α「しっ!γ、だめですよ、他の人に聞かれたら、変に思われてしまいます!」
γ「おっと、そうだったな、だいじょーぶ、これからは気を付けるって。」
  それはそうと、、早くしようぜ!これを組み立てて、船に組み込んでいくんだ、早くしねえと日が暮れちまわあ。」
α「あ、そうですね。」
Ω「解っている。」
β「急ぐ。」
と、会話が終わったところで、それぞれ自分のパーツを組み立て始めた。
~PM4:40


6話「兄貴の帰宅」
  γ「ふい~、まったく、ご大層な船を造ってくれやがって、パーツ一つ組み立てるの     に時間がかかってしょうがねえや。」
と、γが愚痴をこぼした時だった。どこからかエンジン音のようなものが聞こえてきたのだ。
  γ「ん、なんだあ?あれ?」
  Ω「どうせどこかの飛行機のエンジン音だろうが。いちいちそんなものに気を散らすな。」
  γ「いや、でもよお・・・・・」
  Ω「なんだ、こんどは。」
Ωが少々怒ったような口調で言った。  
γ「なんだか近づいてきてるような気がすんだけどなあ、あれ。」
  Ω「あれ、だと?」
γが言った事が気になって振り向くと、確かに遠くのほうから少し縦長の飛空船らしきものが近づいて来ているようだ。
  Ω「ふむ、たしかに。」
そしてΩが確認したとほぼ同時にγが大声を張り上げた。

  γ「おおぉぉぉい!!でこっぱちぃぃぃぃぃ!!」

その声があまりに大きかったのか、作業中のβがギョッとした顔で振り向き、(αはニコニコとした顔で、作業を続けていた)
そばにいたΩは耳を痛そうに押さえつけている。
と、その数秒後、

 トロン「誰がでこっぱちですってぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!」

その声の大きさの凄まじい事と言ったら、まるであたりの空気がすべて振動しているかのようだ。
そのトロンの声の大きさにボーゼンとしているγ達(やっぱりαはニコニコとした顔で作業を続けていた)を尻目に、トロンはさらに続けた。
トロン「私の名前はトロンだって何度言えば解るのよ!?まったく・・・・で、何の用?」
と、トロンのその一言に、皆我に返ったのか、作業を続け始めた。
  γ「あ・・・ああ、そうだった。あの飛空船なんだがよお・・・」
と、γしどろもどろになりながらも先ほどの位置を指差すと、もう船の色が判別できるほどに近づいていた。
トロン「飛空船?どれ?」
と、γが指差したほうを見ようとした瞬間・・・
???「おおーーい!トローーン!今帰ったぞぉぉぉ!!・・・ん?・・・ああああああ!!」
という、なにやら訳の解らない声が飛空船から響いてきた。
γ「な、なんだあ?」
γが怪訝な顔をしている横でトロンが言った。
トロン「お、お兄さま、そういえばディグアウトしに出かけてたんだわ。忘れてた。」
そうなのだ。うっかり書くのを忘れていたが、先程の奇声の主、T・ボーンことティーゼル・ボーンは
つい2日前にディグアウトしに出掛けていたのだ。(ボンもね)   
数分後、着陸したドラッヘから降りて来たティーゼルにトロンが事の始終を話すと、ティーゼルは真っ直ぐにΩに走りよった。そして
ティーゼル「てめえ!一体どうゆう了見だ!何の恨みが有って、俺たちの船をこんなにしやがった!!」
と叫んだ。するとΩは表情を変えるでもなく言った。
  Ω「了見などあるか。だから詫びの変わりに、貴様らの船を直してやっているのではないか。用が無いなら、作業に戻らせてもらう。」
といって、作業場にむかった。
ティーゼル「なっ、このやろ・・・ちくしょお、おい!トロン!!」
トロン「は、はい!?」
ティーゼル「このやろうのいってた期限は、あと2日だな!?」
トロン「は、はい。」
ティーゼル「それじゃー俺の気が収まらねえ!!今日中で仕上げねえと、あいつら追い出すからな!」
トロン「えっ、でもそんなの・・・」
ティーゼル「五月蝿え!とにかく今日中だ!!解ったな!!」
と、Ωに向けて言い放った。するとΩはすっと立ち上がり
  Ω「良いだろう。受けてたってやる。」
と、さも自信ありげな目で言った。
~PM5:20


7話「驚嘆」
ティーゼル「へっ、言いやがったなこの野郎。今日中にできなきゃ、ほんとに出てってもらうぜ。」
  Ω「ふん、いいだろう。」
と言い放つと、Ωはα達の方へ歩いていった。
  Ω「おい、おまえたち!」
  α「はい?」β「む?」γ「なんだぁ?」
全員がΩの声で振り返った。そこへΩが先程の出来事を伝える。すると、
  α「えっ・・・」β「な・・・」γ「なにい!?」
全員が驚きの声をあげた。すかさずγが言い返す。
  γ「なんだそりゃあ!?俺たちが5日以内で船を直せば、船に住まわせても良いって言うから、あと1、2日で直せるように仕上げたんだぜ!?
すかさずΩが言い聞かせるように答える。
  Ω「もう決まったことだ。」
  γ「しかしよぉ、今日中ってのはなあ・・・」
γがいかにも『納得できません』という態度で反論した。
と、Ωがあきれたように言った。
  Ω「人の話は最後まで聞け、いいか?」
すると今度は囁くように告げた。まるでティーゼルたちに聞かれまいとしているかのように・・・
  Ω「20%まで許そう。」
  γ「なに?」
   「今、何て言った?」
γが目を見開き、信じられない!という顔で聞き返した。Ωがまた呆れたように囁いた。
  Ω「だから、20%まで許すと言ったんだ。」
  γ「ほんとか?」
  Ω「本当だ。」
Ωのその一言で、γの顔がパアッと明るくなった。
  γ「それを先に言ってくれよ、まったくよー!」
するとγはαとβにその事を告げると、嬉々として作業に戻っていった。
それを聞いたαとβはそれぞれγと同じような反応を返し、作業に戻った。(αは終始ニコニコしっ放しだったが)
ティーゼル「何だあ?あいつら、いきなり元気になりやがった。」
トロン「ふーん、どうしたのかしら。」
トロン達が彼らの作業を観察していると、彼らの体に徐々に変化が現れた。トロンがそれに気付く。
トロン「あれ?お兄様、あの人達、なんだか・・・」
ティーゼル「あ、ああ、俺にも、あいつらが・・・速くなったように見えるぜ・・・」
なんと、彼らの作業の速さがどんどん速くなっていき、今ではもう彼らの動きが早送りされているかのようだ。
ティーゼル「し、信じられねえ。」
~PM5:30


8話「ゲゼルシャフト号修理~4日目~」
ティーゼル「トロン、俺は、目がどうかしちまったみてえだ。」
トロン「わ、私もですわ、お兄様。」
と、トロン達が呆けている間に、どんどん作業は続けられていた。
その2時間後にはパーツの組み立てが終わり、ものの1時間ほどで、そのパーツは船の一部となった。
~PM8:30ゲゼルシャフト号修理・完了
  γ「ふい~、終わった終わった~。」
  α「結構速かったですね。」
  β「む。」
  Ω「ま、こんなものか。」
と、それぞれが自分の作業の感想を口にした、その横では、まるでネッシーでも見つけたような眼差しで、Ω達を見るトロンとティーゼルの姿が在った。
ティーゼル「ば、馬鹿な。こ、こんなこと、あるわけ無え。」
トロン「で、でも、お兄様、現にゲゼルシャフト号は元に戻ってますわ。」
ティーゼルとトロンが驚きの声をあげた。すると、γがトロン達に自らの腕を自慢するように言った。
  γ「どうでい、でこっぱち、これで文句はねえよな?」
その言葉に我に返ったトロンがすかさず言い返した。
トロン「でこっぱちじゃないって何回言えば気が済むのよ!私はトロンよ!!」
  γ「おおっと、わりーわりー、で、結局どうなんだ?」
トロン「え?なに?」
急に話題を変えられたので、トロンは少し上ずった声で答えた。γが大袈裟に肩を竦めて言う。
  γ「おいおい、まさか、忘れたわけじゃねえよな。約束。」
トロン「約束・・・あっ!」
トロンが思い出した約束。『5日以内に船を直せば、船に住まわせる。』(まあ実際は3日以内になったが・・・)
トロン「そ、それは・・・ちょっとまってて!」
  γ「あ、おい!」
γの静止も聞かず、トロンはまだ呆けている兄のもとへ向かい、兄となにやら話し合っている。そして、Ω達に移住を許可したことを伝えた。
そして、ゲゼルシャフト号の中でΩ達は床についた。
彼らの楽しい?生活が始まる・・・・・

9話「作戦会議」
達の移住が決定した夜、早速トロンからお呼び出しがかかった。
内容は、翌朝の会議に出席してくれと言うものだった。(γは文句たらたらだったが)

――――――そして翌日

AM7:00
アナウンス「朝の会議でーす。昨日トロン様に呼ばれた人は、会議室に集合してくださーい!」
―――場面変更・会議室
トロン「さて、今日はまず、大切な話があるわ。」
ガヤガヤと賑やかな会議室が、トロンが放し始めたと同時に徐々にしんと静まり返っていった。それに続けてトロンが言う
トロン「皆、気付いたと思うけど、私達に新しい仲間が加わったわ。さ、自己紹介をお願い。」
と言ってトロンは椅子に座った。
  α「あ、じゃあ、僕から。」
と言って、αが椅子から立ち上がった。
  α「αと言います、よろしくお願いします。」
と言った後、αは椅子に座り、βに自己紹介を促した。
  β「俺、β、言う、よろしく。」
βが椅子に座ったと同時に、γが立ち上がった。
  γ「俺の名はγだ、よろしくな!!」
と言ってγが座った後、Ωが立ち上がる。
  Ω「Ωだ、よろしく頼む。」
それだけ言うと、さっさと椅子に座った。そしてトロンが本題に入る。
トロン「じゃ、自己紹介も終わったところで、本題に入るわね、じゃ、お兄様、どうぞ。」
トロンに促され、ティーゼルは今日の予定を話し出した。
ティーゼル「おーし、じゃあ、早速本題に入るが、今回のお宝は、各地に眠る、4つの封印の
      鍵だ。これを全部集めると、大いなる遺産が手に入るらしい。
      それを手に入れるのが、最終目的だ。そして、一つ目の封印の鍵は、どうやら
     『ポクテ村』って所に有るらしい。
      今回の目的は、そのポクテ村に行き、鍵を奪取することだ!」
誰からも抗議の声が挙がらないので、ティーゼルは次の段階に移った。
ティーゼル「よし、じゃあ次に、鍵を奪取するときのメンバーを決める、え~っと、そこの4人の中から1人と、トロン、コブンを何人か手配してくれ。」      
と、そこにΩが抗議の声をあげた。
  Ω「おい、何故俺たちの中から1人なんだ?」
ティーゼルが負けじと言い返す。
ティーゼル「様子見だよ、いざって時に裏切られでもしたら、たまらねえからな。」
  Ω「ふん、邪推だな・・・」
ティーゼル「う、うるせえ!とにかく、とっとと決めやがれ!」
  Ω「ふん、まあいい。要らぬ心配だったと思うだけだろうがな。」
そう言うと、Ωは他の3人と話し合い、その結果、αが行く事となった。
ティーゼル「よーし、メンバーも決まったし、今度はどのようにして鍵を奪うかだが・・・」
とティーゼルが言おうとしたところで、トロンがバッ!と手を挙げた。
ティーゼル「な、何だ、トロン?」
トロン「お兄様!私のヤクトクラベ改で出撃しますわ!」
ティーゼル「あ、ああ、そうか?まあ、お前がやる気なら良いんだが。」
トロン(封印の鍵のある所なら、必ずあの子も居る筈!この前やられたお礼は、絶対してやるんだから!!)
(ちなみにトロンの言うあの子とは、ロック・ヴォルナットの事である。)
ティーゼル「大丈夫かなあ、トロンの奴。」
そんなティーゼルの心配をよそに、トロンは勇んで開発室へと向かっていった。
ティーゼル「(ま、大丈夫だろ)野郎ども!これにて会議は終了だ、これにて解散!」
と、それぞれ自分の持ち場へ戻り、次の指令を待った。進路を南へ取り、ゲゼルシャフト号が空を滑っていった。


10話「一方その頃」
さて、トロン達はこれで一区切り、今度はロック達の方へ眼を向けてみましょう。
ほーら、聞こえて来ましたよ、ロック達の楽しそうな笑い声が・・・・・・

ロック「つ、墜落しちゃうよぉぉぉぉぉ!!」
ロール「な、何でこうなっちゃうわけー!?」
バレル「お前が出力機に味噌汁なんかぶっ掛けるからじゃろうがーーー!!」
データ「ウッキーーーーー!!」
ロック・ロール・バレル「うわあああああああああああああ!!」
データ「ウッキイイイイイイイイイイイイイイイ!!」
ロック達の悲鳴を最後に、フラッター号は綺麗な螺旋を描き、真っ逆さまに落ちていった。
そして、特大の花火が暴発したような音を周りに響かせながら、その船体を地面に打ちつけた。
ロック「いててて・・・み、皆、大丈夫?」
ロックがもはや瓦礫と化したフラッター号から身を乗り出し、皆の反応をうかがった。
奇跡的に大した怪我も無く、全員瓦礫の下から脱出する事に成功した。
ロック「良かった、皆無事で。あ、でも、これからどうしよう・・・」
バレル「せっかくミュラーに封印の鍵の事を頼まれたのに、これでは他のディグアウターに先を越されてしまうぞい。」
ロール「ごめんなさーい。」
バレル「他に行くあてもないしのー・・・・・」
途方に暮れている三人(と1匹)のもとに、見知らぬ3人組が歩み寄ってきた。
???「あんたら、こんな所で一体なにやってんだあ?」
ロック・ロール・バレル「え?」
データ「ウキ?」


11話「空賊トルネード一家」
???「あんたら、こんな所で一体なにやってんだあ?」
ロック・ロール・バレル「え?」
データ「ウキ?」
???「すっげえでっけえ音がしたと思ったら、原因はそっちの瓦礫の山か?」
???「大方、操縦でもミスって墜落したんだろー?ドジだなー。」
???「それはそうと、お怪我はなさいませンカ?」
ロック「あ、あなた方は?」
???「何だ、おめえら知らねえのか?空族じゃあ結構知られてる方だと思ったんだがなあ。」
バレル「空族?まてよ、そう言えば・・・」
と、バレルはゴソゴソと腰のあたりを探り始めた。と、なにやら新聞のような物を取り出した。
バレル「おお、あったぞい。」
どうやらそれは今朝FAXで送られて来た新聞のようだ。
そしてパラパラとページをめくると、どうやらお目当ての記事を見つけたらしい。
バレル「おお、これじゃ、ホレ、この記事じゃ。」
と言って、バレルはロック達にその記事のページを開きながら新聞を渡した。
ロック「えっと、なになに・・・『またもお手柄、空賊トルネード一家』?」
と、大きな見出しで悪人らしき男を取り押さえている男たちの姿が写真に写っていた。どうやら目の前の男たちで違いないらしい。
???「な、結構、名の知れた空賊なんだぜ俺ら。ま、義賊って奴かな。」
???「そんな事より、あなた方の船は大丈夫ですカ?」
と、ロックは自分達が今置かれている状況を思い出した。
ロック「え?あ、そうだった、どうしよー。」
と、途方に暮れるロックに、目の前の男がある提案を出した。
なんとその男は、ロック達を自分たちの舟に乗せてやってもいいというのだ。
ロック「え?良いんですか?」
地獄に仏とはまさにこの事、ロック達が断る訳も無く、その男達の船にお邪魔させてもらう事となった。
ロック「あの、ところで、お名前は?」
???「ん?ああ、そう言えば、自己紹介がまだだったな。
    俺の名はリュウ、リュウ・トルネードだ。」
といって、緑の髪に、くわえタバコ。緑のアーマーに、右半身に赤いマントを掛け、背中に刀を付けているというちょっと風変わりな格好の青年が答えた。
???「じゃあ、次は私ガ。
    私はタイガー、タイガー・トルネードデス。」
と、黒髪に黒い目と片眼鏡、青いアーマーの上に水色の中国服を着ていると思われる何だか優しそうな雰囲気の青年が言った。
???「んじゃ、最後はオイラだな。
    オイラはレオン、レオン・トルネードだ。」
と、ぼさぼさの赤い髪に赤い目、赤いアーマー、ちょっと小柄な少年が言った。
そして、ロック達も簡単な自己紹介をして、リュウ達の船が泊まっている所へと向かった。