ショタとお兄さんでエロパロ 保管庫@ ウィキ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「:無題(二次:二重影)」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

:無題(二次:二重影)」の最新版変更点

追加された行はこの色になります。

削除された行はこの色になります。

 47 :1-2:04/04/28 01:34 ID:dCuQscb3
 「あくぅっ、ぅくっ、ふっ……」 
  北条は必死に柱にすがりつく。 
  爪がキリキリと漆黒に塗られた板目に食い込むが、北条自身は全く自覚してはいなかった。 
 「ぅふっ、ふっ……ふ、ふあぁっ、あぁあっ!」 
  背後から、男が己の尻を犯し貫いている。 
  身に纏っていた衣服は乱れ、帯がなければすでに床に滑り落ちていた事だろう。 
  女物の、可愛らしい柄と明るい色の着物。 
 「……いいか、北条……気持ちいいのかっ?!」 
  また男が自分を揺さぶりかける。ちゅくっ、と結合した尻穴から音が立った。 
 「はっ……はいぃっ、っぁ、ああっ……気持ち……気持ちいいで……すっ、 
  んっ、んんんっっ!!!」 
  すでに一度、腸内にこの男の白濁した精液を注ぎ込まれているのだ。 
  またそこをかき回され揺り動かされる事で、奥深くに粘りついていたそれが 
  たらりと中を滑り落ちて、男の挿入に程良い湿り気を与えている。 
 「わたしの……わたしのお尻がぁっ、ぁああっ、熱いぃっっ・……」 
  衆道の契りはついぞこれまで経験した事はなかった。 
  己のこの容姿である。今までも幾度、そうした申し出やあからさまな視線を受ける事はあった。 
  立身の為ならと喜んで体を差し出す者、出世の為ならと本心を押し殺して受け入れる者も多い世界。 
  しかしその中で、だからこそと思うところもあったのだ。 
  わたしはわたしである、と。 
 「あぁああっ、っああっ、っは……んんんっ、駄目っ……!」 
  パン、と平手が軽く尻たぶを張った。数回、また続く。 
 
 
 48 :2-2:04/04/28 01:35 ID:dCuQscb3
  痛みはない。 
  だが叩かれる事で、ふらつく体を支えていた脚が揺れてしまう。 
 「あ、あっ、ああっ、駄目っ、あ、あう、あうぅっ!」 
  つま先が布団を滑る。股が自然と、更に男を深く受け入れる様に開いて行く。 
  くく、と男の意地悪い笑みが聞こえた。 
 「駄目……ゃ、いやです、いやです双厳さまっ…… 
  お、お願いです・………………意地悪しないで……」 
  哀願の声がいやらしい。甘くなってしまった声に、自分の頬が更に熱く染まってゆくのが分かった。 
 (ああっ……わたし、わたしは男の子なのに・……) 
  自分を弄び嬲る、この男がとてつもなく愛しい。 
  己に潜められていた、こうした特異な嗜好――女人の衣をまとう事で、 
  自分がまるでそのまま女となってしまった感覚……いやそれだけではない。 
  そうして欲情し、あまつさえ同じ男に抱かれ嬲られ貫かれる快楽を感じてしまう、そう願う欲求。 
  頑なに否定してきたものが、たかが衣服を変えただけで己を易々と支配してしまうのだ。 
 「ああっ、あああっ、そ、双厳さまっ、ぃ、ぃいいっ!」 
  円を描く様に腰を使われ、ぴっちりと収まった怒張が狭い腸内を焦らし嬲る。 
  北条は甘い悲鳴をあげた。 
  ――この男はそんな自分を見破ったのだ。そうして受け入れてくれたのだ。 
  北条を知りながら、このわたしをも愛してくれている。 
 「双厳さまぁっ・…………す、好きぃっっ!!!」 
  感極まった北条の、そびえたつ男の証から、びゅくびゅくと精液が跳ね飛んだ。 
 
               (完)