ショタとお兄さんでエロパロ 保管庫@ ウィキ

:無題(『金の斧』)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

616 :名無しさん@ピンキー:2009/06/29(月) 09:53:40 ID:HEnxaK9w

 「ねぇ、お兄ちゃん『金の斧』ってどんなお話?」

 「ああ…それはな……

  ・・・・・・・・・

 昔、ある兄弟が居たんだが、ある日、弟が湖で溺れてしまいました。
 どうしようもなく兄が茫然としていると…
 湖面が淡く輝いたと思うと、目の前に美しい少年が現れたんだ。
 驚いて言葉を失っていると、その少年は静かな口調で話しかけてきた…

 「恐がる必要はありません。私は湖の精です。とても困っている様ですがどうしたのですか?」
 「…実は、私の弟が溺れてしまったのです!どうか助けてください!」
 「それは大変だ!判りました、力になって上げられるかもしれません」
 事情を知らない湖の精は、水の中に飛び込みました。

 しばらくして…湖の精は二人の美少年を連れて出てきました。
 そして一方の少年を指さすと、
 「あなたの弟は、この『玉置 誠』クン ○学5年生。
  健康的な小麦色の肌。学校の成績はいま一つだけどスポーツ万能、特にサッカーが得意。
  素直で真っ直ぐで裏表がない性格、常に元気いっぱい。
  追:お兄ちゃんの事が大好き。 ……ですか?」

 さらに湖の精はもう一人の方を指さし
 「それとも、この『神谷 透』クン 同じく○学5年生。
  透き通る様な白い肌。ちょっと視力が悪く、メガネを愛用。学校の成績は常にトップ。
  人から離れて、一人本を読んでいる事が多いけど、実はさびしがり屋。
  追:もちろん、お兄ちゃんの事が大好き。 ……ですか?」

 訊ねられた兄は、小一時間ほど悩みましたが、
 「いいえ…残念ながら私の弟はその二人ではありません…」
 と、正直に答えました。
 するとそれを聞いた泉の精はいたく感動し、
 「あなたは正直者ですね。その褒美に二人とも差し上げます。」
 そう言って二人を兄に渡すと、泉の中に姿を消しました。

 よく考えれば、本物の弟は戻って来ていないのですが…
 兄は、目の前の二人の美少年を見、コンマ3秒で納得したのでした。

 突然できた二人の弟に、周囲の人間は、何故か疑問を感じません。
 初めのうちは違和感を感じていた兄でしたが、
 『お兄ちゃん大好きアピール』をしてくる弟達に、調子に乗った兄は、
 毎日のように、二人の身体を交互に…時には同時に味わっていくのでした。

  ・・・・・・・・・

 …と、まあこんな話だ。」

 「……たぶん、色々間違えてるよ……。」