ショタとお兄さんでエロパロ 保管庫@ ウィキ

少年戦士ジリオン最大の危機:第4話 368-372


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

368 :名無しさん@ピンキー 2010/05/29(土) 00:44:39 ID: +f6M8jB8
    続きです。今回も凌辱・調教、ショタ×ショタです。
    「少年戦士ジリオン最大の危機:第4話」


    秘密基地の中で俺は副官と端末を操作している。
    「星川博士と娘の恵はまだ見つからないのか?」
    「毎日探しているのですが…兵士達も足りませんし」
    そう人海戦術を使えないのは痛い。正直ジリオンを、発見・捕縛出来たのは幸運だったかもしれない。
    「そうか…。おそらくどこに潜伏しているな」
    「という事はジリオンが捕えられた事態に、気付いているのでしょうか?」
    「多分な。奴は普段から自分が消えた際は、身を隠すように言っておいたんだろう」
    抜け目のない奴だ。しかし裏を返せば、よほど博士達を人質に取られたくないという事だ。
    「参謀殿にも協力してもらいましょうか?」
    ベネド顔が頭の中に浮かぶ。
    「いや…必要あるまい。役に立つとも思えん」
    「そうですか。ならどうしましょう、さらに捜索を続けますか?」
    「無駄かもしれないが頼む」
    そう副官に告げると、俺は監視カメラのある部屋に向かう。
    「こんにちは閣下」
    部屋にいた先客に挨拶される。ベネドだ。
    「貴様……何をしている?」
    「こないだから昨日にかけての、ジリオンの映像を見ているんですよ」
    俺の方を向かずに答える。ベネドが見ているモニターの中には、拘束された少年がいた。
    「さすがにほぼ一日イキっぱなしは、辛かったみたいですねぇ」
    それはそうだ。俺も同じ状況にされたら、耐えきれる自信はない。
    「後半は玉の中空になって、殆ど出ないのにイッたら震えてますから」
    そう言ってベネドは心底楽しそうに笑う。少し俺もゾッとする笑みだ。
    「それで…効果はあったのか参謀殿」
    「まだ堕ちてはいないでしょうがね。狙い通り精神的なダメージはありますよ」
    「そうなのか?」
    「表情に結構疲弊感が窺えますからね。少なくとも正常な判断力は減退しているでしょう」
    なるほどその上で調教していく、といわけか。
    「そういえば閣下…ジリオンの義父と娘を探しているみたいですけど」
    「なぜ知っている?」
    「すいませんね。地獄耳でして」
    そう言って、耳を引っ張っておどけてみせる。本音などではないことは、馬鹿でも分かるだろう。
    「そうだ。家族を人質に取れば効果もあるだろう」
    「ボクは反対ですけどねぇ」
    何だと?こいつは何を言い出すんだ?
    「なぜだ?」
    「だって人質を取って従わせても、面白くないじゃないですか」

369 :名無しさん@ピンキー 2010/05/29(土) 00:45:58 ID: +f6M8jB8
    「面白くないだと?」
    「ええ、そうです。閣下も奴が心から、ただの性奴隷に堕ちた姿を見たいでしょう?」
    「むぅ……」
    そうだと言うべきだろう。俺もこの訳の分からない感情が沸くまで、同じ様な事を考えていた筈だ。
    「……そうだな。それで今後奴を堕とす作戦があるのか?」
    「勿論ですよ閣下。面白い事も分かりましたし」
    そう言いながら、ベネドはモニターの中のジリオンを指でなぞった。

    5感を封じられて、際限なく頂点に導かれる。そんな状況で、自分の痴態を想像すると正直気が狂うかと思った。
    あのベネドとか言う奴……僕を奴隷にするつもりだ。ザロフ将軍より、明らかにそういう事に慣れてい。
    あいつにお尻を犯されて射精してしまった。その事を思い出すと、身震いするほど恥ずかしい。
    「ンンムゥ…」
    体を凄い脱力感が包んでいる。僕はあんな状況でも感じてしまう人間なのか?……駄目だ、考えがまとまらない。
    「どうした変態少年。ザーメン出しすぎて降参か?」
    ゴッツゴの罵りも耳に入らない。とにかく、まだ休みたい…。
    「お前に休憩なんかあるかよ…ホラッ」
    「こんにちは純也君。楽しい調教の時間だよ~」
    僕の願いに反して、ノートPCを持ったベネドが一人で牢に入ってくる。
    「今日は良い物を見せてあげよう」
    そう言って手に持ったパソコンを開く。
    「ほらこの動画を見てごらん」
    「ウウッ!?」
    パソコンの中では拘束されて、顔にモザイクがかかった男の子がお尻を犯されている。
    体つき、髪の毛の色、見慣れた室内。間違いないこれは僕だ。
    「グウウッッ!」
    「これyou○ubeとかのサイトに投稿してるからね。純也君人気者になれるよ」
    しかも台詞がついている、どう聞いても僕の声だ。聞くに堪えない、卑猥な言葉を発している。
    『ああ気持ち良いよぉ…』
    『もっと、もっと激しく突いてぇっ!』
    『ああああっっ!お尻で、お尻でイッちゃうよおお!!』
    どういう事なんだ?口を塞がれてるんだから、こんな事言えるわけない。
    「盛り上げる為に、純也君の声作っちゃった。帝国脅威のメカニズム!って感じかな」
    こいつ……なんて事を。
    「これ見て君の友達とか、星川博士や恵ちゃんはどう思うかな?家に届けてあげようか」
    「ムグウァッッ!!」
    「おお怖い怖い。何て言ってるの?」
    「『そんな事したら許さないぞ!』なんて生意気なこと言ってます」
    そうだ。博士と恵ちゃんに何かしたら絶対に許さない!
    「ふ~ん、どう許さないのかな?そんな全裸で拘束されて、猿轡までされてるのに。また頭突きでもしてみる?」
    余裕ある調子で、僕の髪を弄るベネド。くそっ…今の自分の無力さに心から腹が立つ。

370 :名無しさん@ピンキー 2010/05/29(土) 00:48:23 ID: +f6M8jB8
    「せっかくプライバシーを保護してあげたのになぁ」
    「それに実際のお前とそんなに差はないだろ」
    「そうそう、その内動画みたいな台詞も、平気で言えるようになるさ」
    違う!体は良いようにされても、心までは屈しない!
    「心は屈しない…か。強情なガキだな」
    「さすがヒーローだね。それじゃ、そのヒーロー調教動画の撮影と行きましょうか」

    「さて…これまで結構純也君を犯したけど、まだフェラチオはやってないよね」
    当然といえば当然だ。純也をただの少年にするために、口にゴッツゴが張り付いているのだから。
    「あっフェラって知ってる?おチンポをこうやって、口に含むプレイの事さ」
    「ウウムゥ…」
    フェラチオの口を作ってみせるベネド。純也は、何故こんな話をするのか分からない。
    「どう、理解できた?できたなら、早速やってもらおうか。ゴッツゴお願い」
    「ウァッ!?」
    ベネドがそう指示するとゴッツゴに裂目ができ、同時に純也の口の中が丸見えになる。
    つまり口が開きっぱなしの状態だ。純也は口を閉じようとするが、口も舌も動かない。
    「驚いたかい純也君。ゴッツゴが寄生して、しばらく経つとこういう事もできるのさ」
    服を脱ぎながら言うベネド。
    「さあ、奉仕してもらおうか」
    ベネドの剛直が、自分の意思とは関係なく、開かれた口内を犯す。
    「グウェ…アグッ…」
    口内を出し入れされるペニス。ついて口中まで汚され、純也の心は屈辱感でいっぱいだ。
    「へただよ純也君。それじゃあ立派な奴隷にはなれないな~」
    (奴隷になんかなるもんか!)
    しかし舌が勝手に動きだし、ベネドのものに奉仕する。まるで、純也自身が望んでそうしているように。
    「うぅん…ふぁあっ……ぜ、前言撤回だね。十分上手いよ」
    正確には舌を動かしているのは、ゴッツゴなのだがベネドは純也の心をえぐるため、ワザとそう言う。
    (これじゃあ本当に奴隷みたいじゃないか…)
    「ああっ…もう出るよ。ボクのミルクを、残さず召し上がれ」
    「アフゥ、ンンッ!」
    ベネドのものから、白い液体が飛び出し口の中に溢れる。
    「アウァ…」
    そして素早くペニスが口の中から引き抜かれ、ゴッツゴが元に戻ってゆく。
    そうなっては純也は精液を吐き出せず、飲み込むしかない。
    「ググゥ…アエッ」
    「美味しいでしょ?」
    それでもなんとか口の中に留めていたが、ゴッツゴの触手が精子を喉の奥に押し込む。
    (き、気持ち悪い…。美味しくなんかない!)
    嫌悪と恥辱を跳ね返し、ベネドを睨みつける純也。
    「またそんな怖い顔しちゃって、上の口だけじゃ物足りないんでしょ。変態ヒーロー君は」

371 :名無しさん@ピンキー 2010/05/29(土) 00:49:34 ID: +f6M8jB8
    そんな純也をまったく気にせず、ベネドは純也にのしかかる。
    「生のチンポの味を思い出させてあげるよ」
    「ムグウゥゥ!」
    「もっと喜べよエロガキ」
    一度射精したとはいえ、まだ硬度を保つペニスが尻穴に突き立てられる。
    「ウゥアアッ!」
    「あれだけ機械を入れておいたおかげだね。こないだより、大分入れやすいよ」
    躊躇せずベネドは体内を押し進んでいく。
    「アアアッ…」
    「これ、美味しそーだなー。食べちゃお」
    「ウグゥア!グウゥゥッ!!」ベネドの歯が乳首を噛み締め、純也の口から苦痛の喘ぎがこぼれる。
    (こ、この感じは!?ううぁぁ、そんな……体が勝手に…っ!)
    しかし長時間の色責めを受けた純也は、快楽に対して敏感な状態になっていた。
    そのためか、体に走る痛みすらベネドの噛む力が、弱まると心地良い物になる。
    「体は正直だね。おっぱいもおチンチンも、ビンビンじゃないか。その気持ちに素直になりなよ」
    ピンと勃ったペニスと乳首。確かにそれだけを見れば快楽の虜のようだ。
    やがて純也も達し、そそり立ったものが白く染まる。
    「もうせーえき貯まったの?やっぱり奴隷向きな体だね君は」
    (あふううっ!。ま、守るんだ…僕は地球を地球の人達を…だから……だから、こんな事に負けないっ!!)
    「ほぉー『地球人の為に負けない』だと」
    「すばらしい考えだね。流石ヒーローだ…君はキャバン星人なのにね」
    「ウウッ!?」
    純也の顔が驚愕に染まる。
    「キャバン星って帝国に亡ぼされた星でしょ?君はその生き残りで、あの戦闘スーツもキャバン星の技術ってわけだ」
    (どうして…それを?)
    「不思議そうな顔してるけど、ソースは言えないよ」
    純也の肛内から、ペニスを引き抜くベネド。
    「亡ぼされた故郷と、第二の故郷の為に戦う少年…出来すぎくらい良い話さ。でも現実は違うんだよ」
    そう言って先程のパソコンを指差す。
    「純也君見てみなよ。その動画のコメント欄」
    ベネドが動画のコメントを純也に見せる。
    『この子サイコー。超淫乱じゃん』
    『ショタっ子が乱れまくるの萌え~』
    『この年で変態に育ってまあ』
    等々の書き込みがかなりある。純也を心配ような内容のものはない。
    「地球人は君の事なんか、どうでも良いのさ。それどころか、君が地球人じゃないと分かったら、君を排斥するよ?」
    (…だ、黙れ!)
    「少なくとも、今の君の姿を見て、チンポをしごいてるような連中だよ。そんなのの為にまだ頑張るの?」
    純也の高潔な思いがほんの少し揺らぐ。
    「もう諦めちまえよ。俺はお前の事を思って言ってんだぜ」
    「ボクだってそうさ。楽になっていいんだよ」

372 :名無しさん@ピンキー 2010/05/29(土) 00:51:10 ID: +f6M8jB8
    純也の耳に心地の良い言葉が届く。それはまるで悪魔の囁きだ。
    (うっ…そんな、そんな言葉なんか…)
    「その顔はまだ折れないの?君って本当に頑固だね」
    呆れと賛辞が混ざったような調子で言うベネド。
    「それとももしかして、純也君ってドM?苛めて欲しいんじゃないの?」
    そう言って純也の頭を鷲掴みにする。
    「それなら掃除でもしてもらおうか。大体自分で汚した床なんだから自分で掃除してよ」
    ベネドは純也の頭を、床に散らばる精子の側に押し付ける。
    「アウゥッ!?」
    再びゴッツゴが割れ、純也の意思とは関係なく舌が動く。
    「綺麗に舐めるんだよ純也君」
    ピチャピチャと、動物が水を飲むような音が牢に響く。あまりの屈辱に純也の目には涙が浮かぶ。
    (くそっ…くそっ!泣かない……泣かないぞ!)
    力を振り絞り涙を堪え、なんとか純也は精液を舐め終えた。
    口の中では再び筆舌につくし難い味が広がっている。
    「ご苦労さま。今日も良い画がとれたよ」
    純也を飼い犬を褒めるように撫で、調教は終わった。

    「なぜあの動画の少年がジリオンという事と、ジリオンが異星人だという事を地球人に知らせない?」
    牢から帰ってきたベネドにザロフが声をかける。
    「閣下、物事には順序があります。今は漸く兆候が見えてきた所ですから」
    「つまり最後の一押しに使うというわけか」
    「流石閣下。その通りですよ。最後の最後に、自分が守ってきた物から裏切られる……奴の最期としては最高です」
    ベネドはそう言って大きく笑い、ザロフの前から去って行った。