赤い戦士と銀髪隻眼少女の邂逅 ◆14m5Do64HQ


辺り一面が林で生い茂った森林地帯。
エリアF-5、森林地帯で一人の少女がその眼を開く。
但し、開かれた眼は二つではなく一つだけ。
嘗て彼女の右眼があった場所には黒い眼帯が付けられている。
薄い銀色が施された長い毛髪。
首元から足と指の先まで、青色のタイツのような戦闘服でそのしなやか身体を包み込んだ少女。
そして、厳密に言うと彼女は人間ではない。
彼女は生身の身体に機械を埋め込み、人工的に造られた存在である“戦闘機人”。
“NO.5”、チンクと名づけられた少女が一点を見つめ続けながら立ち尽くしていた。

「許せん、許せるハズがない……!」

己の歯をこれでもかと言わんばかりに軋ませ、チンクが歩き出す。
時空管理局の教育プログラムに入った自分が、何故戦闘服を纏っているかなどの疑問はどうでもいい。
今のチンクにはそんな事よりも絶対的な目的がある。
一つは自分の妹である“NO.9”、ノーヴェと合流、そして保護。
二つ目はあるターゲットに完全なる破壊を下してやる事。
そう。チンクの怒りの矛先が向う対象は――

「シグマといったな……貴様は私を怒らせた。
すぐに破壊してやる! 部品一つでも残してやるわけにはいかん!」

言うまでもなく先程自分達に殺し合いを、壊し合いをしろといったシグマ。
どうやら人間よりも、どちらかというと自分達に似た存在であるターゲット。
勿論シグマが言った、優勝者への褒美などチンクは全く信用していない。
またシグマの素性、目的なども今のチンクにはまるで興味がない。
何故ならチンクはもうシグマを破壊するために、必要な理由を十分過ぎる程に持ってしまったから。
いつも冷静な姿勢を貫き、落ち着いた性格であるチンクが思わず言葉を荒げてしまう程に。

「すまないセイン……姉は……姉は何も出来はしなかった。
だが見ていろ、必ず姉が仇を討ってみせる!」

先程無残にもシグマによって破壊された“NO.6”、セイン。
掛け替えのない姉妹である、セインが感じたであろう痛みをチンクは痛烈に感じていた。
チンクにとってセインは同じ姉妹の仲でも特に仲がよく、感じた痛みはより一層強い。
その痛みと、そして悲しみをシグマへの憎しみを変えて、チンクは黙々と歩き続ける。
小さな身体に大きな決意を忍ばせながら。


ノーヴェと合流するため、暫く歩き続けていたチンク。
やがて彼女の前方に眩いヘッドライトを光らせながら向ってくる物体が一つ。
車体の全部に虫の頭のようなデザインのマーク。
仮面ライダー1号、本郷猛が愛用していたサイクロン号がチンクの数メートル先で停車した。

「お前、ノーヴェという赤毛の少女を知らないか?
私と同じような格好をしているかもしれないのだが」
「知らんな」

歩いていた時に弄くっていたPDAによってこの会場の広さを知ったチンク。
そのため一刻も早くノーヴェの行方を知りたいチンクの問いに、サイクロン号に跨った男が無愛想に答えた。
だが、その男の返答にチンクは特に落ち込んだ様子はなく、ジッとサイクロン号を見つめ続ける。
そんなチンクの行動に対して、男は彼女に向けて視線を向け続けていた。
お互いただ、一言も喋らず無言のままに。

「そうか……ならば私はお前に問おう」

そんな静寂の空間でチンクが口を開く。
その言葉に男はほんの僅かに眉を動かせ、チンクの行動を観察する。
まぁ、男にはチンクが何を言おうとしているのかおぼろげながら予想は付いていたが。

「お前が乗っている、その移動手段を私に譲れ。素直に応じてくれるのであれば一切の危害は加えない。
断るのであれば…………」

この広い会場を移動するのに、紛れもなく重宝すると思われるサイクロン号。
勿論、チンクにとってもサイクロン号は魅力的なものであり、彼女はそれを狙っていた。
一刻も早く何処に居るかはわからないノーヴェの元へ向いたいチンク。
そのためにはサイクロン号は有益なものであり、チンクは目の前の男に理不尽な要求を行う。

「力づくでも奪わせてもらう。私にはそれだけの目的があるからな……!」

要求を言い終わったや否や、チンクは予めPDAによって転送を行い隠し持っていたナイフを握り締める。
何故か没収されていたスティンガーとは違い、とあるナイフ芸人が愛用した六本のナイフ。
それらのナイフを両腕で構える事で目の前の男を威嚇するチンク。
最早その表情には、自分の行動に対しての一片の後悔も見える事はない。
只、鋭い眼光でチンクは真っ直ぐ目の前の男を睨み続ける。

「俺もなめられたものだな……くだらん」
「なっ!?」

だが、そんなチンクの言動や行動には全く動じず、男はサイクロン号から降り立つ。
その時、チンクは自分の背筋になにか小さな震えが起きたような感覚に陥る。
何故なら今自分の目の前に居る男の眼光があまりにも鋭かったから。
いいたとえるなら大空を舞う隼のように、気高い意思を秘めた眼差し。
チンクは無意識的に目の前の男に対して僅かに恐怖を抱いていた。

「貴様の目的とやらは復讐か? そんなつまらん目的では俺を倒すコトはできん」

男にはチンクの目的が何か見当は付いていた。
始めの地で、セインを破壊したシグマに対して怒りの感情を滲ませていたチンク。
そんなチンクの存在を男は覚えていたからだ。
そして男の言葉にチンクは表情を歪ませる。

「なんだと……? セインがあのシグマというヤツに破壊され、私がセインの仇を取る。
その私の行動が……お前はつまらないというのか!?」

男の言葉に対して、湧き上がった驚きや怒りが混ざった不愉快な感情。
自分がこの殺し合いでやらなければならない行動を真っ向から否定した男。
そんな目の前に立つ不快な男との距離を、一歩一歩確実にチンクは詰める。
まさに一触即発ともいえるこの状況。
両者の視線が互いに衝突し合い、見えない火花が飛び散る。

「その通りだ。復讐に固執する限りシグマというあの男にも、俺にも勝つコトはできない」
「ならば覆してやる……そう、私がお前を倒すコトで!」

再度放たれた男の言葉を受け、チンクが走り出す。
両腕には依然銀色の光を帯び、しっかりと握られたナイフ。
そのナイフを全力の力で男の身体を切り裂き、突き刺すためにチンクは疾走する。
自分の行動を嘲笑うかのように、言葉を言い放った男を後悔させるためにも。

「いいだろう。俺がお前に闘い方を教えてやる。そして――」

迫り来るチンクを、男は観察しながら言葉を発する。
チンクにはナイフという武器があるが、男には支給されたPDAのみ。
だが、男には何も恐れるものなどない。
彼には昔、手に入れた掛け替えのないものがあるからだ。
正義のために生き、闘い、そして今もBADANとの闘いを続けている男。
その男の名は――――

「この風見志郎が教えてやる、復讐の力がいかにちっぽけなものだというコトをな」

風見志郎。
そう。男の名は風見志郎といった。
人体を機械の身体に改造した一人の改造人間がその場に立っていた。

「ハッ!」

両腕を力一杯振り、両腕に握ったナイフをチンクは志郎の方へ投げる。
チンクの腕から放たれたナイフの数は合計四つ。
四本のナイフが志郎の元へ向うが、彼は僅かに左右に身体を逸らす事で回避する。
だが、そんな志郎の行動もチンクの計算の内であった。
常人とは違う存在である戦闘機人が誇る、優れた身体能力を引き出し、チンクが志郎との距離を一気に詰めきる。
その両腕には血に飢えたナイフが二本。
力を込め、チンクは右腕に逆手で握られたナイフを右斜め上から志郎に向って振り下ろす。

「ちっ!」
「なかなかの速さだが踏み込みが甘いな……なっていない」

完全にターゲットを捉えたハズの一閃。
だが、チンクのその一閃は志郎が後方に足を引いた事で難なく避わされる結果となった。
会心の一閃どころか、自分のナイフが志郎にかすりもしなかった事にチンクは驚く。
しかしチンクは咄嗟に左斜め下に崩れた体勢を整え、今度は左腕に力を込める。

「ハァァァァッ!」

たった今、後方へ傾いた志郎の腹部にチンクは狙いを定める。
ゼスト・グランガイツ、スバル・ナカジマなどといった強敵との実戦で培われたチンクの戦闘センス。
その戦闘センスに戦闘機人として調整された反射能力が合わさり、チンクの左腕が突き出される。
勿論、その腕に握られたものは二本目のナイフ。
チンクの左腕と共に一切の揺れも生じさせず、ナイフが志郎の身体に向って突き進む。
一瞬の間も置かない連続の斬撃を行えた事にチンクは確かな手ごたえを感じた。
今度こそ捉えた、チンクはそう確信したが――

「なんだと!?」
「次の動作への入り方も悪くはない。だが……」

志郎はチンクの動作よりも速く地を蹴り、跳躍し彼女の頭上を飛び越えていた。
空中で綺麗に一回転を行い、志郎はチンクの後方へ両脚から降り立つ。
跳躍した志郎の方へチンクは急いで振り向き、両腕のナイフを構える。
ISのような技能を使用したのかとチンクが思ってしまうほど、志郎の身のこなしに彼女は警戒を強めた。

「やはりお前の攻撃からには恐怖を感じるコトはない。
復讐の力など……所詮この程度だ」

そう言い終った途端、志郎は数歩の助走を経てチンクへ飛び掛る。
いくら正義のために闘う志郎であれども、全く反撃をしないわけもない。
チンクとの距離はそれほど離れていたわけはなかったため、一瞬で彼女の目の前に辿り着く志郎。
志郎の左腕が振るわれた事でチンクに繰り出された一撃の拳。
その拳をチンクは、先程志郎がやってみせたように後ろへ飛びのく事で回避する。

「こちらが本命だ、トオ!」

だが、空を切った左拳はあくまでもフェイント。
本命である右脚を振り上げ、チンクの頭部へ向けて志郎はハイキックを繰り出す。
予想以上に速い志郎の連撃に反応し切れなかったチンク。
そんな彼女は両腕をクロスさせ、防御の姿勢をとる。
今まさに繰り出そうとしている一撃目で、防御の姿勢を解き、更に追撃の一撃で沈黙させようと志郎は思考を走らせる。

「ムッ!これは!?」
「私を甘く見るな!」

しかしここにきて初めて志郎は驚きの声を上げ、驚愕の表情を浮かべる。
何故なら突如チンクの周りに黄色の色を帯び、円錐型をした障壁のようなものが展開。
その障壁が志郎の右脚を阻んでいたからだ。
障壁の正体はナンバーズ全員が発動を行える防御障壁。
たとえ改造された志郎の右脚といえども打ち破るのは容易ではない。

「復讐だろうがなんだろうが……私は妹のノーヴェを守り、セインの仇を討つ!」

今度は自分の反撃と言わんばかりに、チンクは再びナイフで志郎へ斬りかかる。
防御障壁の特性に思わず驚いていた志郎は、遅れながらも回避。
更にもう一閃のナイフさえもチンクから距離を取る事で志郎は難を逃れる。

「あの子が感じた痛みは決して忘れない……」

そんな時、志郎は何か後方で小さな音が響いているのを感じ取り、後ろへ視線を向ける。
志郎が感じた正体、それは先程チンクが投げた四本のナイフが再び空を切り、彼の元へ向う事で生じる音であった。
チンクにはナイフのような物体を完全に自由にとはいかないまでにも、操作する能力がある。
予想もしない再度のナイフの襲撃に、志郎は回避するべく横方向へ飛びのく。
目的地となる標的を失ったナイフが音をたてて地に突き刺さる。
だが、流石に反応が遅れたため志郎の左腰に一本のナイフが過り、赤い鮮血が地へ滴った。

「それが……それだけは……!」

咄嗟に更に隠し持っていたナイフを四本取り出し、チンクの両腕に握られたナイフは再び六本となる。
大地を蹴り飛ばし、後方へ一回転を行いながら跳躍するチンク。
その全てのナイフをチンクは一瞬、頭上にかざしたかと思うと即座に投擲を行った。
上方向から空を切りながら、志郎の方へ肉を、血を求めて殺到する六本のナイフ。
だが、志郎の反射能力、動体視力も到底平凡なものなどではない。
左腰の負傷など何も気にする様子もなく志郎は回避し、六本のナイフが地に突き刺さるが――

「私がセインにやってあげられるコトだ、あの子の姉としてな!」

六本のナイフが、いや先程の四本のナイフまでもが突如として音を立てて爆発する。
一つのナイフの爆発が起きれば、間髪を入れず他のナイフが爆破する多重爆破。
体勢を崩していた志郎の身体を爆煙が包むのは一瞬の事であった。


「くっ……使いすぎたか」

段々と冷静さを取り戻してきたチンクは不機嫌そうに愚痴る。
使い慣れたスティンガーの数が十分に持ち合わせていない現状では手持ちの数を減らすべきではない。
そんな判断を下したチンクであったが、志郎の予想以上の力に焦りを覚え、即急に勝負を付ける事に決めていた。
そう。彼女のISという固有技能の一つであり、触れた金属を爆発物に変え、自由に爆発出来る能力“ランブルデトネイター”。
あまり自分の手の内は晒したくはなかったが、晒してしまったものは仕方ない。
冷静に今後の行動を考えながら、サイクロン号の元へチンクは歩き始めた。

「それがお前の力か? なかなか興味深いが……まだだ、まだ足りない」
「なに! どこだ! どこに居る!?」

しかしチンクの耳に突然倒したハズの志郎の声が響き、チンクは爆発を起こした場所へ目をやる。
だが、志郎の身体はそこには存在していない。
まさかあの爆発で生きていたのだろうか?
そう焦る気持ちを抑えながらチンクは周囲に油断なく、視線を回し続ける。

「ここだ」

その時、再び響いた志郎の声を聞き、チンクは声のする後方へ頭を向ける。
チンクの頭が向いた方向は左でもなく右でもなく上方。
一本の大木の太い枝に志郎が腕を組み、悠然と立っていた。

「それを今実感させてやろう……この風見志郎がな」

そう呟くや否や志郎は構えを取る。

――開いていた脚を少し閉じ、両腕を肩と水平の高さで、左へ伸ばす。
――両脚を開き、同時に左へ伸ばしていた両腕をそのままの高さで右へ向け、腰を少し右に回す。
――伸ばした両腕を頭上で回し、今度は左斜め上方向へ伸ばし、右脚を少し左側に傾ける。
――握り拳を作りながら右腕を腰の高さまで引き落とす。
――落とした右腕を勢い良く、左斜め前方に突き出し、同時に伸ばしていた左腕を握り拳をつくりながら腰の高さまで持っていく。

「変身――――――――――V3!!」

志郎がそう叫んだ瞬間、チンクは思わず眼を見張った。
彼の腰に何か風車のようなものを二つ持ち、“V3”と刻まれた白いベルトが出現した事がチンクの脳裏にこびりつく。
そしてベルトの風車が、ダブルタイフーンに内蔵された力と技の二つの風車が回転する。
風車の回転の勢いが最高値まで到達した瞬間、赤い閃光が周囲に広がっていく。

「トオオ!」

何が起こったかを確認するため、チンクは再び志郎の声が響いた方向へ視線を向ける。
ダブルタイフーンがなんらかの質量兵器かと思っていたチンク。
そんなチンクの表情が驚愕の色を浮かべる。

「き、貴様は!?」

何故ならたった今まで、只の人間とは変わらない体格、外見をした志郎。
その志郎が起動六課の面々が使うバリアジャケットによる、外見の変更とは較べものにならない程の変貌。
そんな現実では有り得ない変貌を志郎が、一瞬で完了した事はチンクに衝撃を与えるのには十分だった。
緑色の外殻に覆われ、白と赤で彩られた胸と胸部まで覆った強化装甲。
トンボを模した赤い仮面に伸びた二本の触角、二つの緑色の複眼、白色のクラッシャー。
そして左右後方へ伸びた白一色のマフラーをたなびかせながる異形の者。
その男がチンクに向って飛び掛る姿がチンクの視界に入っていた。

「仮面ライダーV3……それが今の俺の名だ」

風見志郎、いや悪の組織デストロンの野望を叩き潰した男。
技の1号、力の2号からその正義の魂を受け継いだ第三の男が口を開く。
“仮面ライダーV3”、その誇り高き名を持つ男が変身を完了し、チンクに肉迫する。

「お前はあいつに似ているな……そして昔の俺にもな……」
「くッ!」

右脚を向け、恐るべき速度で迫り来るV3。
ナイフによる迎撃は不可能と判断した、チンクは再び両腕を交差させる。
その瞬間、黄色を帯びた障壁が再び発現。
先ほど志郎の右ハイキックを防ぎきった障壁がチンクの周囲に広がる。
V3の伸びきった右脚と十分に展開しきった障壁が激突した。

「だからというわけじゃない、だがお前をこのまま野放しにするのも気が引ける。
ただそれだけだ……」
「意味のわからないコトを……私は、私は負けるわけにはいかないんだ!」

先程の生身の時とは段違いに重いV3の右脚によるキック。
だがチンクも負けてはいない。
彼女にも負けられない理由があるからだ。
ノーヴェを守り、セインの無念を晴らすためにシグマを破壊する。
決意を燃やし、先程よりも障壁を強め、チンクはV3の侵攻をくい止める。
火花を散らしながらV3の右脚とチンクの障壁が均衡状態を保つ。

「それがお前のプライドか、ならば――」

仮面に隠された表情に一片の変化も見せず、V3が呟く。
V3がそう呟いた瞬間、彼は障壁を蹴飛ばし反転を行い、後方へ背面跳びを行った。
攻撃を諦めたのか? 一瞬チンクはそう思い、障壁を解き、ナイフを構えようとする。
だが自分のその行動は無意味な事だとチンクは悟り、すぐさまもう一度障壁を発現。
何故ならV3の攻撃は未だ止んでいない事にチンクは気付く事が出来たからだ。

「V3――――――――――」

空中で全身に回転をかけ、V3の身体が一回転を行い宙に舞う。
そして空中で弧を描いたV3の身体が真っ直ぐ、再びチンクの元へ迫る。
右脚を突き出し、同じように真っ直ぐチンクに向けたまま。
トンをも超える衝撃を蹴り放つV3の屈強な右脚とチンクの視線が一直線に合う。

「反転キィィィィィィック!!」

たった今V3が叫んだ、V3 26の秘密の一つ。
V3反転キックがチンクの障壁に文字通り突き刺さる。
只でさえ重い威力が、一度反転を行う事で更に重くなるV3反転キック。

「こ、この力は……」

今までV3の攻撃を抑え続けていたチンクの黄色の障壁。
その障壁に亀裂が一つ、また一つ増えていく事にチンクは驚きを隠せない。
このままではやられる。
そう判断を下し、チンクは更に障壁に硬度を加えようと試みる。
だが、そんな時彼女の表情にここ一番の驚きが映った。

「これが俺のプライドだ」

何故ならV3反転キックが障壁を完全に打ち破り、チンクの交差された両腕に蹴り込まれる。
いくら障壁で威力が落ちたといえども、正真正銘の強化改造を受けた改造人間の飛び蹴り。
只では済まない衝撃が予想される蹴りを受け、チンクの小柄な身体が後方へ吹っ飛ぶ。
咄嗟に受け身を取る事で、チンクは急いで体勢を戻す。

「くそ……こんなところで……」

しかし驚いた事にチンクの身体には目立った損傷は見受けられていない。
だがチンクの表情はハッキリと青ざめている事がわかる。
何故ならシェルコートがない現状では、防御技能ハードシェルが使えず、使い慣れたスティンガーもない。
そして何より自分とはまるで次元が違う戦闘力を誇る志郎の強さにチンクは本能的に感じていた。
自分では到底かなわないという事を。
だが、意外にもチンクには目立った外傷はない。
障壁の助けもあっただろうが、一番の理由は他にあった。
そう。チンクがV3反転キックを受けても、ほぼ無傷であった理由。

「もういい。これ以上俺はお前とやりあうつもりはない。それよりも――」

それはV3が手加減を行っていたから。
流石に障壁を破る時にはそれなりの力を込めていたが。
何故志郎がチンクにトドメをささないのか?
その理由は至極簡単だ。

「俺と共に行動すれば、サイクロン号に乗せてやる。
俺にはこの殺し合いに乗るつもりなどないし、お前を倒すつもりもないからな」

V3には優勝の褒美などには全く関心はない。
彼がこの場で行う事、それは一人の見ず知らずの機械を持った少女を殺したシグマの打倒。
そのために彼がやらなくてはいけない事。
それは信頼すべき仲間である本郷猛、神敬介、城茂との合流。
ほんの少しの不安要素は残るが合流すべき存在と思われる村雨良との合流。
未だ見ぬ、志を同じくする同志を発見し、協力もしくは保護を行う事。
そしてもう一つ。

「俺がノーヴェという妹に会わせてやる……なにがあってもな」

それは妹を失った一人の少女の支えになってやる事。
変身を解いた志郎の言葉を聞いた時、チンクの胸に何かこみ上げてくるものがあった。
不快感はない。只、何故か安心さをチンクは感じた。
目の前の志郎の言葉がとても力強いものだったから。

◇  ◆  ◇

「ならば暫くは互いの知り合いを探し、殺し合いに乗ったヤツは倒す。その方針で問題ないな、チンク?」
「ああ、殺し合いに乗ったヤツがノーヴェやあの二人に危害を加えるかもしれんからな。私はそれで構わない」
「わかった。ならしっかりと掴まっておけ」
「了解した。頼むぞ、カザミ」

サイクロン号を運転する志郎の言葉にチンクが答える。
彼ら二人には優勝して、褒美を貰うという考えは毛頭ないため互いに協力する事に決めた。
また二人は情報交換を行い、互いの知り合いと身の上についての確認も既に終わっている。
その際、互いの世界の常識があまりにも違いすぎている事に違和感を覚えたが、今はその事を保留しておく事にした。
今現在の彼らがやるべき事は互いの世界の違いについて考察するよりも、仲間と合流する事だからだ。
そしてチンクの能力には金属が必要であり、金属を補充するため北東へ向う事にした。
そう。スクラップ工場や修理工場、そして何も目的地がなければゴミ処分場を周るといったルートである。

(このカザミという男……悪いヤツではなさそうだが未だ完全には信用できんな。
念には念を越したコトはない。一応用心しておこう)

先程闘った志郎についてチンクは思考を走らせる。
完全には信用できないが、戦闘機人である自分さえも上回る志郎の力。
更に志郎には同じような仲間が未だ居るらしく、彼らも決して殺し合いに乗る事はないという。
どうやら彼らのコードネームは“仮面ライダー”というらしい。
自分のメモリーにはないコードネームだが、何故か安心できるその名前。
その中の一人がノーヴェを保護してくれていたらとチンクは無意識的に祈った。

(しかしカザミは私と昔の自分が似ているといった……だが彼は復讐に拘るなともいった。
わからないコトだらけだ……彼のあの強さはどこから来るのかも。
けど今は……)

あの時言った言葉の真意をいつか聞いてみようとチンクは心に留める。
身体をバネのように使い、あまりに重い蹴りを放つ自分の同行者である志郎。
彼の力の源がどこから来るのかは気になる。
だが、今のチンクにはやるべき事がある。

(シグマ……貴様だけは絶対に破壊してみせる。たとえ私の身体が砕けようとも絶対にな!)

只ひとえに揺ぎ無い意思を突き通す事を。


(やはり通信は無理か、だがあいつらなら問題ないだろうな。気になるのはZXだが……いや、ヤツならもう大丈夫か)

PDAの名簿に記された仲間達の事を考え、志郎はこれまでの事を振り返る。
志郎は四国の大空に浮かぶ大首領の門に火柱キックを仕掛けようとしていたハズであった。
それが何故か意識が回復し、目を覚ました時にはあの初めの場に居た。
最早ボロボロといえる、自分の身体とダブルタイフーンが完全に修復されていた事には流石の志郎も面食らった。
そしてPDAの操作を一通り覚え、支給されたサイクロン号を走らせていたというわけだ。

(俺の身体を修復してくれたコトには礼を言おう。だがそれで貴様の足元がすくわれるかもしれんがな)

恐らくは全力で敵と闘えという事を暗に意味した事なのだろう。
そうでなければわざわざ死に掛けの身体を修復させる必要もない。
しかし戦闘の時、志郎は自分の身体の動きがいつもより重い事を感じた。
何か自分の身体にいつもより負荷がかかるように改造を施されたのだろか?
だが、それなら損傷を直す必要もないハズだと志郎は考えた。
不可解なシグマの行動に志郎は眉を顰める。

(それにあのシグマという男の目的はいまひとつ解せん……何故これほどまでに面倒な手を取る?)

更にこの転送技術を用いたPDAといい、あまりにも手の込んだ事を行うシグマにも疑問がある。
ただの殺し合いをさせるつもりならこんな小細工などせずに、隔離地帯に放りこめばいいだけの話だ。
いずれにしても、いつかはシグマの真の目的も解く必要があるという事を志郎は記憶に留めた。
そのためにはどうやらシグマとなんらかの関係があるXと呼ばれた男、そして彼と話していた赤い男と接触する必要がある。
そう考えに耽っていた時、志郎はふと別の事を考え始めた。

(このチンクという少女……フッ、昔のコトを思い出すとはな。だが今は……)


妹を無残にも失い、昔の志郎にとってとても馴染み深い眼をしたチンク。
そんなチンクの姿が記憶を取り戻したばかりのZX、そして家族を殺された昔の自分とダブった事を志郎は自嘲気味に考える。
あの時の志郎は只、デストロンへの復讐のために仮面ライダー1号、2号に力を求めた。
だが、それだけでは足りない事を知り、今の志郎は仮面ライダーV3と闘い続ける事が出来ている。
以前の自分のように妹の復讐に身を焦がしている節があるチンク。
チンクにもいつか復讐よりも大切なものを知る事が出来る時がくるかもしれない。
そんな淡い期待のような感情を僅かに持ち、志郎は決意を固める。

(これ以上守るコトができるものを失わせるわけにはいかん。
そのためにも……シグマ、貴様には覚悟を決めてもらう必要がある!)

サイクロン号が走る。
血の通らない機械を、身体に埋め込んだ青年と少女。
サイクロン号が二人の決意を乗せて疾走し続ける。


【F-5北東部 通路上 /一日目 深夜】
【チンク@魔法少女リリカルなのはStrikerS】
[状態]:中程度の疲労、両腕に軽い痛み、固い決意
[装備]:ヴィルマの投げナイフ@からくりサーカス(20/30)
[道具]: 支給品一式、不明支給品0~2(未確認)
[思考・状況]
基本: ノーヴェを守り、シグマを破壊する
1:志郎と共に本郷・敬介・茂・村雨・スバル・ギンガ・ノーヴェを探し、合流する。
またノーヴェを最優先にする。
2:殺し合いに乗った危険人物には容赦しない
3:スティンガー、シェルコートを手に入れる
4:北東へ向い金属を集める(優先順位は低い)
[備考]
※参戦時期は本編終了後です
※優勝者の褒美とやらには興味がなく、信用していません
※志郎と情報交換をしました、また完全には志郎の事を信用していません

【風見志郎@仮面ライダーSPIRITS】
[状態]:左腰に小さな裂傷、全身に軽い火傷、固い決意
[装備]:サイクロン号(1号)@仮面ライダーSPIRITS
[道具]: 支給品一式、不明支給品0~2(未確認)
[思考・状況]
基本:殺し合いを破壊し、シグマを倒す
1:チンクと共に本郷・敬介・茂・村雨・スバル・ギンガ・ノーヴェを探し、合流する
2:殺し合いに乗った危険人物には容赦しない
3:シグマの真の目的を探る。そのためにエックスと呼ばれた男、赤い男(ゼロ)と接触する
4:弱者の保護
5:北東へ向い金属を集める(優先順位は低い)
[備考]
※参戦時期は大首領の門に火柱キックを仕掛ける直前です(原作13巻)。また身体とダブルタイフーンは元通り修復されています
※チンクと情報交換をしました
※なんとなくチンクを村雨、そして昔の自分に重ねている節があります


時系列順で読む


投下順で読む



000:オープニング チンク 035:なくすものがないぼくたち(前編)
GAME START 風見志郎 035:なくすものがないぼくたち(前編)







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー